No.1545 悲しいニュース 〜i-Pod miniさん急逝〜


午後12時、お昼のニュースです。

今日の朝、大阪府在住のHさん宅で
i-Pod miniさん(1歳6カ月)の葬儀がしめやかにとり行われました。

i-Pod miniさんは数年前にメディアから脚光を浴び、スターの座を獲得しましたが、
若手のnanoさんの台頭によりここ最近はテレビCMへの出演も減り、
表舞台から退いていらっしゃいました。

そんな中、先月のGW期間中、
Hさんとドライブ中に突如意識を失い、
応急処置の甲斐もなく、そのまま息を引き取られました。

今朝の葬儀では、まず喪主のHさんから挨拶があり、

「1年と6カ月、本当に短い間だったけど、
 君と一緒に生活できて楽しかった。
 いろんな場所にいったね、いろんな時間を共有したね。
 でも…、でも…、やっぱり早すぎるよ。
 残されたi-Tunesの曲たちはこれからどうしたらいいんだよ。
 もう一度、君の声を聴かせてくれ」

というせつない言葉に、
多数の参列者が涙を流しました。

また、突然の訃報に
葬儀には多数の参列者が会場に押し寄せ、
涙ながらに別れを惜しみました。

参列者のひとりである
ダイエットDVDで現在活躍中のビリーさんは、

「アイツはいい奴だった。
 でも、nanoに比べて体重が重すぎたんだよ。
 もっとスリムだったら、長生きしただろうに…。
 俺のブートキャンプに早く入隊していれば…」

と、ランニング姿で涙ながらにコメントを寄せました。

なお、喪主の意向により、
i-Pod miniさんの遺体は
しばらく自宅の引き出しで安置される模様です。

以上、お昼のニュースでした。