No.1979 遅くまで働く男のせつなさよ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

 暗い夜道を いつものように

 自転車をこいで 家に帰る

 7月6日 妻と出会った記念日に

 コンビニで買った安物のケーキを ぶらさげながら


 疲れて玄関の扉を開けると そこには笹があって

 ちいさな短冊に 願いごとが書いてあった


 折り紙で作られた いくつもの飾り

 息子の笑顔を浮かべつつ 妻に感謝しつつ 

 日中何もしてやれない自分に 悲しくなる


 7月7日 

 今日も遅いよ きっとね

 天の川を眺めながら お話ししてあげたいけど


 家族のため 生活のため

 父は何のために 働いているんだろう

 いっそのこと すべてを捨ててみたい

 テーブルの上の 余った短冊を眺めながら 

 天に願う