No.2067 宇宙の不良少年





  人間はこの宇宙の不良少年である。

          (オッペンハイム/詩人)


今週は寒いけど、
地球の温暖化は進んでいる。

デンマークで開かれているCOP15は
欲望のぶつかりあいで難航しているし、
結局地球人はエゴのかたまりなのだ。

宇宙人がこの惑星を見たら、
いったい何と言うだろう。

不良少年は
とにかくわがままに資源を燃やし続け、
自分の惑星を食い尽くしたら
今度は宇宙へ飛び出そうとしている。

宇宙には宇宙のルールがある。
そして、僕らはまだそれを十分に知らない。

知るために調査をするのはわかる。
相手に迷惑をかけないように、共存するために、
理解しようとする姿勢は大切だ。

ただ、宇宙に家を作るとか、
単に旅行を楽しめるようにするとかは言語道断。
畏れ多いよ。それはあくまで地球人の欲望に過ぎない。

不良少年よ。更正したまえ。
自分の家さえ片付けられないヤツに、
新しい家を建てる権利はない。

もしも僕らがこの惑星に悪いことをしていたなら、
しばらくの間、精一杯悩んで苦しもうじゃないか。

百歩譲って
ゴミのポイ捨ては許せても、
地球のポイ捨ては神が許さない。