No.2236 写真を撮り続ける理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

「趣味は?」と聞かれたら、
前までは「スポーツをすること」と答えていたけど、
最近はあまりやってない。

今なら、う〜ん、
「写真」と答えるかなぁ。


写真を撮るのは昔から好きだ。
フィルムがいらないデジカメを買って以降は、
けっこー撮りまくっている。

ファインダーから見る景色が好きでね。
目の前の光景が、
一瞬にして映画のワンシーンのようになるというか。
二度と戻らない瞬間を残す(遺す)ことの快感がある。

だからだろうか。

変に思われるかもしれないけれど、
シャッターボタンを押す時、
僕はいつも自分の「死」を想像している。


今、目の前にある美しい風景も、素敵な笑顔も、
時が経てば現実は必ず変わっていく。

そして、いずれは自分もこの世からいなくなり、
写真を見ることもできなくなる。

いつか必ず過去の幻になってしまう瞬間を遺すことは、
もしかしたら無意味なのかもしれない。
そんな風に感じることもある。

100分の1秒の瞬間を100枚撮影しても、
人生の中のたった1秒分しか遺せないしね。


それでも、写真は形として遺る。

僕がこの世から去ろうが、過去の幻になろうが、
いつか誰かが懐かしい目で
この時代を感じることができる。

1枚1枚が、言葉のない遺言だ。

僕は自分が死んだ後も、
生きようとしているのかもしれない。