No.2322 カズが放った被災地へのメッセージ


キングカズ、男だねぇ。

昨日、被災地のためのチャリティーマッチとして、
「サッカー日本代表 vs Jリーグ選抜」の試合が行われた。

チャリティーマッチにありがちなお遊びムードはなく、
観ている人のためにも、選手はみんな真剣勝負。

Jリーグ選抜はピークを過ぎた元日本代表が中心だから、
当然力の差は歴然で、
前半の段階で日本代表が2-0とリードしていた。

でも、後半途中からFWとしてカズが投入されて、
迎えた後半37分、カズが見事なゴールを決めた。


夜、スポーツニュースでその場面を見た瞬間、
思わず鳥肌が立ち、感動してしまった。
「カズ、やっぱりすごいな」と。

多くの人の期待を集めた重要なチャリティーマッチで、
誰もが待ち望んでいるゴールを決めて、
何かを噛みしめながら空に向かって手を突き上げるカズ。

期待を上回って、みんなに夢を与えるその姿は、
やっぱりキングがキングたる所以だと思った。


試合前、カズは新聞にこんな言葉を寄せていた。
(以下引用)

————————————————————

 生きているとはどういうことなのだろう、
 サッカーをする意味とは何なのだろう。
 そういったことを見つめ直さずにはいられなかった日々のなか、
 思わず頭をよぎったのは「今のオレ、価値がないよな」ということ。

 試合がなくなり、見に来る観客がいなければ、僕の存在意義もない。
 プロにとってお客さんがいかに大切か、改めて学んでもいる。

 サッカーをやっている場合じゃないよな、と思う。
 震災の悲惨な現実を前にすると、
 サッカーが「なくてもいいもの」にみえる。
 医者に食料……、必要なものから優先順位を付けていけば、
 スポーツは一番に要らなくなりそうだ。

 でも、僕はサッカーが娯楽を超えた存在だと信じる。
 人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大事なものが学べる、
 「あった方がいいもの」のはずだと。

————————————————————


色んな迷いがあった末に、出場を決めた試合。
44歳、体力的には厳しい彼が
世界レベルの日本代表から奪ったゴールを見て、
どれほどの人が勇気をもらっただろうか。

少なくとも、僕は心が熱くなった。

被災者の若者も、
「早く僕たちが復興させてサッカーをやりたい」
と目を輝かせていた。

こんな時なのにスポーツ、ではなく、
こんな時だからこそスポーツ、だと思う。