No.2341 「ヒーローショー」にありがちなパターン


G.W.中特別企画?

子ども向け「ヒーローショー」に
ありがちなパターン(関西版)。

————————————–

司会のお姉さんがステージに登場。
(地方アナウンサーになり損なったレベルの普通のお姉さん)
 
 
 
 「みんな、こんにちは〜!」
 
 
 
   「こんにちは〜!」
 
 
 
 「うーん、声が小さいですね。こんにちは〜!」
 
 
 
   「こんにちは〜!!!」
 
 
 
のやりとりを2〜3回繰り返す。

 

お姉さんから簡単な注意事項(ex.席を立たない)について
説明があった後、
悪そうな曲に乗せて悪者(手下×2)が登場。

 

手下がヒーローと軽く戦って、
あっさり負ける。

 

悪者(親玉 流暢な関西弁)が登場。
親玉が手下を叱りながら反省会。
 
 
 
 「くそ〜、アイツらを倒すために、
  我々の仲間を増やさなくては」
 
 
 
 

悪者が会場のちびっ子たちの中から
3名ほど仲間を募る。

手を挙げた3名のちびっ子が
手下に手を引かれてステージに上がる。

 

親玉に名前と年齢を聞かれて、少しいじられる。
「よし! 特訓だ!」という親玉の号令のもと、
ちびっ子3人は「気をつけ!」「やすめ!」、
または、「番号!(1、2、3!)」の練習をさせられる。

※ちびっ子の中に勘のいいキャラがいた場合は、
 「3でバカになれ」と吉本的なボケも要求される。

 

ひととおり特訓が済んだら、親玉から
「ヒーローと悪者、どっちが好きだ?」と聞かれる。

「悪者!」と答えるまで質問は続き、
無事終えたらお土産をもらって、
ちびっ子3人は座席に戻る。

 

再びヒーロー登場。

しかし、親玉が強いので
今度はヒーロー側がやられる。

 

 「くそ〜…、もっと力があれば…。
  みんな、大きな声で僕たちを応援して力をくれ!」

とヒーローが呼びかける。

言われたとおり、
「がんばれー!」と会場のちびっ子たち。

 

しかし、まだ親玉にやられる。

「もっと大きな声で!」とヒーロー。

ちびっ子たち
「がぁんばれぇ〜ぇぇ!!!!!」

 

声援を受けて、ヒーロー復活。
見事親玉を倒す。

 「ありがとう、みんな!
  みんなの勇気をもらったおかげで
  悪者を倒すことができたよ!」

と謝辞。

 

愛やら勇気やらの大切さを唱えながら、
テーマソングとともにヒーローは姿を消す。

 

司会のお姉さんが再登場。
キャラクターグッズの販売場所を説明して終了。

————————————–

このゴールデンウィーク、
どこかでヒーローショーを見かけたら、
シナリオにご注目を。