No.2426 sunny-yellowPhone発売 〜ジョブズ氏へのオマージュ〜


==========================================================
【速報】「sunny-yellowPhone」11月発売決定 「iPhone 4S」に対抗
==========================================================

 sunny-yellowホールディングス(本社:大阪府 会員数:30数名)は、
 今朝10時から報道向け記者会見を開き、
 独自のOSを搭載した「sunny-yellow Phone」を今秋発売することを発表した。

 会見の冒頭、同社の代表を務めるH氏は、
 昨日急逝した米アップル社 元CEO スティーブ・ジョブズ氏の死を悼み、

 「私のおはなし人生は、iMacから始まった。
  ジョブズ氏がいなければ、
  現在のsunny-yellowグループも存在しなかっただろう。
  この悲しみは言葉では表現しきれないが、
  我々は同氏の精神を受け継いで、
  前を向いて明日を創造していかなければならない」

 とコメント。続いて、

 「ジョブズを失ったアップル社の今後が心配だ。
  同社が今後も成長するために一番必要なのは、競争相手だ。
  競合を意識して絶えず創造を続けることが
  同社の繁栄につながる正しい道であり、
  何よりもジョブズ氏が望んでいたことだと思う。
  我々はそのために、あえてライバルとして
  『sunny-yellow Phone』を発売し、携帯端末ビジネスに参入する」

 と電撃参入を発表した。


 「sunny-yellow Phone」の詳しい仕様やスペックは
 まだ明らかにされていないが、独自のOSを用いるとのことから、
 「これまでの携帯端末の概念を覆す商品になるのでは」(関係者)
 との見方が有力だ。

 sunny-yellowホールディングスの実情に詳しい
 アナリストの長尾 漢字氏に話を聞いたところ、
 
 「H氏は、二番煎じが嫌いですからね。
  TwitterやFacebookができるとか、
  位置情報がどうとかいう次元のものじゃなく、
  もっと違う機能を搭載してくるはずです」

 と分析した上で、

 「有力なのは、『キャッチコピーグリーティング機能』でしょう。
  過去10数年間にわたりキャッチコピーコンテストを運営している
  sunny-yellowホールディングスには、膨大かつレベルの高い
  キャッチコピーデーターベースがあります。
  そのデータベースを活用し、
  ユーザーが大切な人に想いを伝える際のグリーティングカードに
  自動的に『いい感じ』の言葉が添えられるようなサービスを
  基本機能として搭載するのではないでしょうか」

 との見方を示した。


 困惑の色を隠しきれないのは、
 日本国内の電波監理を司る総務省だ。

 「電波利用の申請から開始までに、通常なら少なくとも3年はかかる。
  来月発売!? まさか、電波を使わずにやるつもりだろうか??」
                      (総務省担当部局職員)

 現在、我が国の携帯電話市場では
 docomo、au、ソフトバンクの3社が凌ぎを削っているが、
 ここにsunny-yellowが参入すれば、さらに競争が激化することは必至。

 既存3社はひとまず静観しながら動向を見守っているが、
 ユーザー側には新たなメリットが生まれてくる可能性が高いため、
 早くもFacebookでは「sunny-yellow Phone」のファンページが開設され、
 「エエね!」ボタンを押すユーザーが急増するなど、
 市場では歓迎ムードが高まりつつある状況だ。


 ジョブズ氏の死を機に、突如訪れた戦国時代。
 「いつも心に太陽を」を理念とするsunny-yellowホールディングスが
 どこまで世界を変えられるのか。

 もしかしたら、その行方を一番注目しているのは
 空の上にいるジョブズ氏かもしれない。