No.2458 息子よ、モテろ。


息子の幼稚園のクラスには
男女が半々ずつぐらいいて、
当然、5歳とはいえど
カワイイ子もいればそうでない子もいる。

僕が何度か授業参観で見ている中で、
断トツでカワイイのは
「さやちゃん」という子なんだけど、
息子いわく、その子にはあまり興味がないという。

「じゃあ、誰がいいんよ?」と聞くと、
「みなちゃん」とのこと。

嫁に解説を求めると、みなちゃんというのは
「花より男子」でいう“牧野つくし”のような
元気な女の子らしく、めちゃめちゃかわいくはないが、
自然と男の子が寄ってくるタイプなんだとか。

うーん、なるほど。
まぁ、息子にも好みのタイプがあるだろうし、仕方ない。

でも、よくよく聞くと、
さやちゃんのこともまんざらではなさそうだったので、



 「そしたら、さやちゃんでエエんとちゃうん?」



と嫁に聞くと、



  「アカンねん。しゅうと君が
   さやちゃんから手紙もらってるから」



と教えられた。

なんでも、文字が書けるごく一部の園児の間で
ラブレターが流行っているらしく、
文字が書ける男子がモテるそうで。

つまり、うちの息子は完全に乗り遅れたわけだな…。

どーりで、
最近息子が字の練習に励んでいると思った。
「父から受け継いだDNAが遂に発揮されたか!」と
うれしく思っていたけれど、そうではないのか。

息子よ、つまりはモテたいんだね。

仕方ないから、
尾崎豊の「I Love You」でも歌えるように
猛特訓してやろうかと思う。