No.2466 飲食店を繁盛させるスパイス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

飲食店に行くと、
どの店にも「メニュー表」がある。

あれを見ていると、
僕のような広告屋は疑問を感じてしまうのだ。
「なぜ、どこの店も同じようなメニュー名を並べているんだろう?」と。

たとえば、カレー屋。

ビーフカレー、チキンカレー、
エビフライカレー、カツカレー、チーズカレー、…etc.

どんな料理かが分かるから、たしかに選べる。
でも、分かっているからこそ楽しくない。

それこそ、他の店でも使っているような
メニュー名しか並んでいない時点で、
その店のオリジナリティを感じられなくなるし。


味覚は感覚でもあるけれど、
「想像」で左右される部分も大きい。
そういう意味でも、
「もっとストーリーを感じる名前にしたらいいのに」といつも思う。


 青空の下、キャンプ場で作った風カレー 480円

 オカンが日曜日の夜に作ってくれた風カレー 550円

 インドに行ったあの時の路地裏カレー 600円


とかね。
人の舌は、味だけを求めているわけじゃない。

飲食の世界では、調理法や調味料は
すでに出し尽くされた感じがあるかもしれないけれど、
繁盛する店にするための
最後のスパイスは「言葉」だと思う。