1999年第10回キャッチコピーコンテスト「写真」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

お待たせしました!
祝・第10回キャッチコンテストの結果発表です。
今回は応募率が90%を超え、沢山いい作品が集まりました。
正直 選んでて楽しかったです。

誰もが持ってる 今回のお題「写真」。
みんながこのお題をどう料理したのか。
それではいってみましょう。「写真」。


★★お気に入り第1位★★



  君のレシピ。



       -受賞者-9ちゃん さん(11pt.初受賞)

(コメント)
素敵。この言葉が何日も心に残って離れませんでした。
幼い頃からの写真を並べたビジュアル。
そこには 今の自分を「作ってきた」数々の過去があって、
写真を見た自分は 初めて忘れていたその事に気づく。
「僕」じゃなく「君」というワードを用いて
第3者からこの言葉を囁かせた事で、
このキャッチがより素晴らしいものになっています。
この第3者、皆さんは誰だと思いますか?
今回初参加で初受賞の9ちゃんさん、おめでとうございます!



★★お気に入り第2位★★



  安心しないで その時は残らない



       -受賞者-K.Sさん(61pt.)

(コメント)
人が写真を撮りたがるのは
刹那を感じる痛みから楽になりたいからに他ならない。
カメラはその為の治療機具。
写真をとる事で ひとまず人は安心する。
でもそうなんだよね、その時は残らない。
痛みから逃れるために 撮る事に執着しがちな僕ら、
そんな僕らに 
刹那の痛みと闘う勇気をくれるキャッチですね。(言いすぎかな?)
感受性の女王、おめでとうさん。



★★お気に入り第3位★★



  コンビニで買える、タイムカプセル。



       -受賞者-JZS147さん(17pt.)  


(コメント)
写真を「タイムカプセル」と言い切ってきたのは
この作者くらいだろうか。やられたー。
何でもないコンビニに並んでるあの小さなフィルム。
一見気づかないけど 確かにあれは
時を残すタイムカプセルだ。
このキャッチ、SP広告として使えそうですね。
だって 本当に買いたくなったもん。
身近な幸せ 教えてくれてありがとう。



★★お気に入り第4位★★



  必ず そこに誰かの気持ちがあります。



       -受賞者-9ちゃん さん(14pt.)



  時間に触れる右手の人さし指



       -受賞者-K.Sさん(64pt.)

(コメント)
客観的に選んでます。でも今回はなぜか
1位・2位の二人がまた受賞する事になりました。
だって いいモンはいい!

上のは これと似たキャッチで
「レンズのこっち側も写真は伝えてくれる」というのがあったけど、
まさにファインダーをのぞくこちら側を想像させてくれる。
写真には必ず誰かの意志や、気持ち(時には欲望)がある。
あたり前の事だけど 僕らは出来上がったモノばかりを注目しがち。
撮った人の気持ちを感じながら写真を見たら、
みんなみんな 写真をもっと好きになるはず。

下のは 時間を「触覚」で感じさせてくれた所に拍手。
たぶんこのテのキャッチはこれまで無かった。
なんて言うんやろ、新たな神経が増えた気がした。
素敵なキャッチだと思います。



★★お気に入り第5位★★



  思い出は美化され、フルカラー。



        -受賞者-時速150kmさん(2pt.初受賞)



  使用上の注意/写真に話しかけないで下さい。



       -受賞者-純情BOYさん(72pt.)



(コメント)
上のは キレイにまとめすぎた気もするけど
でもいい所を突いている。
セピア色の思い出を 人は勝手に美化するもの。
あせていく思い出を人は写真で彩って、
そして結果、フルカラー。
気にいっちゃいました。

下のは技ありやね。
フィルムの横とかに「なるべく涼しい場所に保管して…」とか
注意書きが書いてあるけど、そこにこの言葉があったら素敵。
(フジカラーさん、聞いてる?)
すんごい色んな情景が浮かびますね。コレ。
話しかけながら 笑ってるのか泣いてるのか、
それはこのキャッチを見る人が決めるんでしょうね、きっと。



■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■



  とかく○○マニアってゆうやつは写真をとりたがる。
  何故だ!!



        -受賞者-Y.Nさん(36pt.)


(コメント)
確かにそうだ。君が正しい。何故だ?
たぶん大切な何かを
自分のポケットサイズにして しまいこみたいんだろうね。
あと、思い出の色褪せ防止策。
人間、大切なものは綺麗なままでいて欲しいんだよ。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

☆ 捨てられた過去、捨てられぬ写真。
  変えようとする未来、変われない自分。

☆ ・・・ふと気付いて アルバムを開いた。
  子離れできない父さんの歴史。なーんだ・・・。

☆ 実物以上 恋人未満

☆ 一瞬の永遠。


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・あまりに美しい一瞬は、シャッターを押すのも忘れる一瞬。

・シャーペンの芯のことではない。

・写真にうつった関係は ところにより変化するでしょう。
 なお、恋はいつ降ってくるかわかりませんので
 心構えをお忘れなく。

・歴史も変える、人生も変える

・初めて妹に相撲で勝った、今日という日の記念に。

・写っているものを見て、
 写っていないものを見ようよ。

・坂本竜馬を見たことある。

・君がすこしはにかむ。
 そんな顔が見れる。素敵なカード。

・イイよイイよ、そう・・・もっと!もっとこう、
 挑発的に、野性的に、かつ衝動的で刹那的に、
 ある時は機械的、ある意味タイムボカン的に・・・

・「あなたぁ、切り取ってぇ」「ばか、つつみこむんだよ」

・カラー、モノクロ、セピア。あなた色に焼き上げましょう。

                     他、37本(多かったー!)

今回のはホントに良かった。第10回にふさわしい。
みんなの感受性に乾杯やね。

最近思うねんけど いいキャッチは「ハート次第」のような気がする。
文字なんて手段に過ぎない。

そういう意味で 
心豊かな読者のみなさんと このコンテストを実施できる事、
日々幸せに思っています。
また上の結果について感想下さい。待ってます。