2000年第3回キャッチコピーコンテスト「卒業」


本当にお待たせしました!(4月になってもた)
2000年第3回キャッチコンテストの結果発表です。
今回は何かと忙しい3月中に行ったことと、
お題が難しかったせいか、いつもより応募は少なめでした。

とは言え いいもんはイイので、発表します。

あぁ卒業式で泣かないーと~
      冷たい人と言われーそう~(by斉藤由貴)

ではでは、いってみましょう。「卒業」。


★★ お気に入り第1位 ★★



 みきり発車



       -受賞者-T.Kさん(11pt.)


(コメント)
分かる。分かるわ~。ウマイね~。
何かを「卒業」した瞬間、
その先に不安のない人なんてきっといない。
そんな人間の心情を、よくぞこの短い言葉で言い表してくれました。
「どうなるんやろ…。でもとりあえずイッとけ!」みたいなあの気持ち。
結局 何か見えない力に押されて、
みんな“発車”してしまうんですよね。
好きですね。このキャッチ。1位おめでとー!



★★ お気に入り第2位 ★★



 またひとつ、帰る場所ができました。



       -受賞者-テントショップボーイさん(36pt.) 

(コメント)
正当派ナンバーワン。
「卒業」って「何かから出ること」や「何かをやめること」ではなく、
「それまでの自分を残していくこと」かなって最近思います。
このキャッチは、正にその本質を突いている気がしました。
卒業するたびに自分の後ろに道ができる。
もし自分が今という時を残しておきたいのなら、
日々卒業するぐらいの勇気が必要なのかな。



★★ お気に入り第3位 ★★



 人生に引いた線



       -受賞者-ミスター尻ASSさん(19pt.)

(コメント)
「卒業」って言えばたいそうなモノに感じるけど、
そっか…、所詮人生に引いた線みたいなもんなんだ。
別にそれでどうなるとかじゃなく、
勝手に自分で 後々人生を見やすくしているだけなのかな。
「俺はあの線まではこうで、
 あの線からこの線まではこんなカンジだった」てな具合に。  
ビジュアルが沢山浮かんだ作品でした。



★★ お気に入り第4位 ★★



 入学イヴ。



       -受賞者-時速150kmさん(12pt.)  

(コメント)
「卒業式」だってドライな言い方をすれば、
入学の前の儀式。ただそれだけのものかもしれません。
なんでしょう?
今まで卒業式ってゴールみたいなイメージがあったから、
このキャッチは新鮮でした。
 


★★ お気に入り第5位 ★★



 その夜、テレビの前で、こころがポッカリ空きだした。



      -受賞者-K.S兄さん(2pt.)


(コメント)
実はこの作品、
最初は上位の選考からもれていた作品でした。
でもなぜか胸の中に ずっとこの作品のイメージが残っていて
またスポットをあててみたくなったので、5位。
おめでとうございます。
なんだか「卒業」を連想させてくれるじゃないですか、コレ。
いつもの生活に戻った瞬間にジワ~っとくる気持ち。
ちょっとセンチになってしまいました。



■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■

 該当作品なし

(コメント)
あらら。けっこー今回は正当派が多かったので、
特別賞とるようなブッとんだやつはありませんでした。
次に期待!



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・1人じゃできない。
 自分自身しかできない。

・卒業式は 一番初めの同窓会

・30年前のモノクロのアルバムに、
 私が写っているのかと思ったら、母でした。



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・人生精算セレモニー

・あ~。しなきゃよかった。

・だからといってニキビは消えない。

・先生からもらったうすい紙1枚と
 あなたからもらった小さなボタン1つ。
 これが、私がここでくらした証です。

・卒業と云う易し、行うは難し。

・首から下は卒業だな。

・中古車展覧会 at 女子大前

・中退者にもやさしい社会を。

・毎月末日卒業日。

・卒業証書の筒で「ポン!」ってやるのを
 卒業できる日はたぶん来ない。

                  (他13本)


むずかしかった?ゴメンね~。
でも次もやります。
次のお題はもう決まってます、ハイ。
カンのいい人はそろそろ気づいているはず。
次はアレですよ、アレ。