2000年第12回キャッチコピーコンテスト「サンタ」




 ♪だっしんするぅ~ざすのぉ~
  いなわんおぶおーぷんすれぃ~♪



やって来ました~!
2000年最後の「第12回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!

今回は久しぶりに応募率が高く、
めちゃくちゃ色んな作品が集まりました。
今年最後にふさわしいレベルの高さです。

頑張って選んでたんですが、
選びきれなかったので沢山入賞していますが
気にしないで笑って下さい。
それではいきましょう。
夢か現実か、クリスマスじじい「サンタ」。



★★ お気に入り第1位 ★★



 幸せのペテン師



       -受賞者-T.Kさん(70pt.)




 その男、私を眠らせない。



       -受賞者-A.Sさん(31pt.)


(上コメント)
「夢」と「現実」を
「幸せ」と「ペテン」というワードで表現してきたあたりに、
史上初の3回連続1位をかっさらった実力がうかがえます。
サンタを言い表わすには、かなりグッドな一本ではないでしょうか。
おめでとうございます!

(下コメント)
久しぶりに1位が2作品でましたが、
こいつもかなりグッドだと思います。
現実をあばきつつも、
「真っ赤な」というワードを持ってくることで
サンタの着ている服を連想させ、夢まで表現しているこの作品。
さすが。おめでとうございます!


★★ お気に入り第2位 ★★



 三太



       -受賞者-Y.Nさん(62pt.)




 ワシの存在、真っ赤なウソじゃ。 



       -受賞者-A.Sさん(38pt.)


(上コメント)
実はこいつも1位候補だったくらい、
見た瞬間からグッドだと思ってました。
おそらくキャッチコンテスト史上で一番短いキャッチでしょう。
でも、「サンタ」を漢字で名前のように書くことで
人間味をもたせ、そばにいる現実を感じさせるこの作品は
かなりのレベルの作品だと思っています。

(下コメント)
ホントA.Sさんは、こういうの書かせたら得意ですね。
タクシーキャッチ1位「深夜0時。見知らぬ男とドライブ。」の時も
そうでしたが、ちょっとしたことをドラマに変えるのがとてもウマい。
たぶんこの方は、言葉より先に映像が浮かぶタイプなんでしょうね。
ちょっとタッチを変えるだけで、読む人が
サンタの顔をカッコよく想像してしまうマジカルキャッチです。



★★ お気に入り第3位 ★★



 一晩中起きていられるようになる頃、現れなくなります



       -受賞者-S.Mさん(14pt.)




 無国籍ボランティア



       -受賞者-JZS147さん(33pt.)


(上コメント)
上手だなーと思いました。
子供が成長して、いつかサンタの正体に気づく。
その瞬間からサンタを待つ夢が無くなる。
誰もが経験してきたはずです。
でも、夢が醒めたその頃がいつだったかを
なかなか言葉では表現できないもんなんですよね。
この作品は、その瞬間を「起きている時間の長さ」で表現できている。
う~ん、素晴らしい。

(下コメント)
一瞬にして、サンタがトナカイに乗って
世界中を駆け巡っているシーンが浮かびました。
グローバルスタンダードになることが難しい世の中で
サンタは世界中で愛されている、という事実をうまく表現していると思います。



★★ お気に入り第4位 ★★



 赤いカーネルサンダース。



       -受賞者-A.Sさん(41pt.)



 LOFTで腰を振りすぎ、逮捕



       -受賞者-ミスター尻ASSさん(67pt.)


(上コメント)
単純に分かりやすかったです。
そうか、よく考えれば僕らのサンタの
イメージって、ケンタのカーネルサンダースだって。

(下コメント)
こちらは、知っている人にだけ分かるオモシロさかもしれませんが、
僕は知っていたのでオモシロかったです。
この時期になると、必ずロフトにサンタの人形がおいてあって
やたらと笑顔で腰をスウィングさせてるんですよね。
逮捕、っていうワードが夢を痛快にぶち壊してくれて
楽しいです。



★★ お気に入り第5位 ★★



 見たいけど見ないでおきたい



       -受賞者-K.Sさん(17pt.)


(コメント)
今回数少ない正当派の1本。
いつまでも夢の中にいる子供でいたい。
そんな想いが蘇ってくるシンプルイズベストな作品ですね。


■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■



 東京都石原知事は、サンタにも透明ビニール袋の使用を義務づけた。


 
       -受賞者-時速150kmさん(62pt.)



 「親子之政治学教室」
  子“ママ、どうしてサンタさんの服は赤いの?”

  母“それはね、お金持ちにでもそうじゃない人にも
   分け隔てなく、ものをあげる人だからなのよ”

  子“さすが同志サンタ!”


      -受賞者-Y.Nさん(68pt.)




 共産主義者のトレードマーク


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(73pt.)



 サンタより親各位へ
 ・値段、値札は必ずとる
 ・包装紙はできるだけ東急ハンズ使用で
 ・「煙突がないよ!」には「窓を開けとこう」の提案を
 ・眠らないお子様にはホットココアに睡眠薬を
 ・嫉妬されては何なんで、妻にもキッスを


       -受賞者-A.Sさん(47pt.)


(コメント)
今回は4つも選んでしまいました。全部オモシロかったので。
1つ目は、もはや時速150kmのオハコ(?)。
思わず「すっげーな、石原さん!」という気持ちと
「サンタも税金払ってる都民なんやー」という気持ちが混ざって爆笑。

2つ目、3つ目は、少し感心しました。
よくぞそこまでイマジネーションが膨らむものだと。
サンタが共産主義者だなんて、思ったこともありませんでしたし。

4つ目は、両親の努力、クリスマスの裏側が垣間見れてオモシロいですね。
ホントにこんな回覧とかがサンタから回ってきたら
かなり楽しい。


■■ 次点。おしかったね。 ■■

・父と母の正体でした。

・「おい、もう寝てるか?」
 サンタさんは関西弁でおかんと喋ってた。

・サンタの心子知らず

・くつしたフェチ

・「金くれ」といったら、次の日枕もとにお札がありました。


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・笑うクリスマスにはサンタ来たる。

・なぜか知ってる欲しいもの

・世界でただ一人、送り主の”気持ち”と”もの”を届けられる人

・さいきんハイブリッドトナカイに変えたらしい

・子供の数だけ、サンタは生まれる。

・資金源?それは秘密です

・12月24日、有馬記念に向けてトナカイテイオー本格始動!

・実はデンゼル・ワシントン

・ぬいぐるみ→パソコン
 “最近、プレゼント重たいっちゅうねん” byトナカイ

・僕の人生は惨多さんの贈り物だったんだ!

・ほんまにおったら玩具屋あがったりじゃ。

・世界で一番愛されるデブ

・時とともに進化します 父→彼→夫

・5歳の頃    バービーちゃん
 18歳のお年頃  プラダのバッグ
 25歳のお年   本当の愛
 ねがい 年々 おもい。

・50億人の買い物リスト

・金髪でね目がこんなにでかいの
 アメリカのバービーちゃんでね
 白いふわふわのワンピースにね
 おお~きな帽子かぶってんのぉ
 それで、一緒に犬連れてるのね
 そんなん、欲しいのっ、わたし
 ・・・サッ、サンタ苦労ッス。

・子供のあこがれサンタクロース。
 でも、大きくなったらサンタになりたいという
 子供はいない・・・
 子供の手が届かない唯一のひと。

・12月26日のケーキみたいなカーネルサンダース。

                  (他18本)


いや~、今回はおなかいっぱい。
とにかく楽しかった。
沢山のご応募、ありがとうございました。

とりあえず今年のキャッチコンテストはひとまず終了。
あとは「みんなで選ぶベストキャッチ」の選考にうつるのみです。
今年もあと1ヶ月ちょっと。ブッとばしていきましょう。