2003年第2回キャッチコピーコンテスト「温泉」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

たーいへんお待たせしました!
「2003年第2回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

今回の選考を行う前に、
もう一度感覚を取り戻そうとこの連休にいざ温泉へ。
湯の中で「ふぅ~っ」と息をつきながら、
みなさんからの応募作品を頭に浮かべて、
どれがいいかを選んで帰ってきました。

実感値のこもったセレクションです!
それでは行きましょう! 「温泉」!!


★★ お気に入り第1位 ★★


  地球の体温を感じよう。


       -受賞者-時速150kmさん(10pt.)


(コメント)
『温泉』とは読んで字のごとく、
地球の熱によって温められた泉。
露天風呂なんかで、目の前に広がる自然を眺めて湯につかっていると、
「あぁ、僕も地球の一部なんだな」と実感します。
地球という言葉で『温泉』の持つ包容力と温かさを表現したこの作品は、
応募作品の中でも際だっていました。
カナダの湯からご応募いただいた時速150kmさん、
おめでとうございます!


★★ お気に入り第2位 ★★


  対面する腹年齢


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(18pt.)


(コメント)
『温泉』を、ある意味リアルに、かつシュールに描いた作品。
『温泉』は癒される空間であると同時に、
見知らぬ人同士が裸をさらしあうしシビアな現場でもあります。
そう、特に腹は目がいっちゃうな~。
おっちゃんの腹とか、まるで妊娠7カ月ですから。
「いずれあぁなるのかな」なんて思いながら、鼻まで湯につかる。
それもまた、『温泉』の醍醐味かもしれませんね。
肌年齢を気にしたスキンケアだけじゃなく、
腹年齢を気にしたボディケアも必要。


★★ お気に入り第3位 ★★


  火曜日には、よく殺人事件が起こります。


       -受賞者-K.S兄さん(10pt.)



  殺人事件発生率第一位[火曜サスペンス調べ]


       -受賞者-Y.Nさん(5pt.)


(上・下コメント)
火曜サスペンス劇場に絶対ありがちなタイトル、
「○○湯けむり殺人事件」。
いつから始まったんでしょうね、
『温泉』にスリルを加えるこの趣向は。
どこかの温泉地に行って、ひなびた宿の壁に、
上のキャッチのどちらかが貼ってあったらオモシロい。


★★ お気に入り第4位 ★★


  古女房さえ、オツである。


       -受賞者-うりたろうさん(13pt.)



  地獄絵図的天国


       -受賞者-テントショップボーイさん(11pt.)



  鈴木大地とは、入りたくない


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(21pt.)


(上コメント)
味わい深い作品ですね。
長年連れ添った妻。もう、ときめきも何もない関係。
けれど、ある時訪れた『温泉』で、
年老いた妻が少し綺麗に見える瞬間があったりして。
『温泉』の効能は、心のリセットにあるのかも。

(中コメント)
『温泉』を知らない人に『温泉』を伝えるなら、
こう表現するのがベストかな~と思いました。
煮えたぎった湯は、まるでエンマ様の地獄湯のようですが、
入っている人はみんな極楽のような顔をしているこのギャップ。
宇宙人が見たら、人間を変な生き物だと思うでしょうか。

(下コメント)
笑いました。かなり。
やっぱり鈴木大地は、『温泉』でもいきなり潜って
バサロをやり始めるんですかね~。
そりゃ、一緒に入りたくないや。
でもたまにホントにいるんです。
潜って泳ぎながら近づいてくるおじいちゃんが。


★★ お気に入り第5位 ★★


  やっぱりサルも好き


       -受賞者-S.Mさん(3pt.)



  男女不平等。


       -受賞者-K.S兄さん(11pt.)


(上コメント)
忘れていました。『温泉』って人間だけのモンじゃないですね。
ず~っと湯につかってるサルを見ると、
自分の祖先がサルだったことを実感してしまいます。
地球が沸かす『温泉』の中では、
なにもかもがリセットされて、僕の頭の中までサル状態に。
猿からアプローチした作品は数本ありましたが、
「やっぱり猫が好き」風な小気味よさにひかれて、選んじゃいました。

(下コメント)
この連休に行った『温泉』もそうだったんですが、
絶対男湯と女湯は平等じゃない!
露天風呂のロケーションも、女湯のほうがきれいそうだし。
何よりも、男湯の露天風呂だけ思いっきり車道に面してたりとか、
簡単にのぞけるのはおかしい!
K.S兄さんのこのキャッチ、温泉協会に売り込みたいくらいです。


■■ 特別/なんかええやん大賞 ■■


  国連会議もここでやればいいのに。


       -受賞者-テントショップボーイさん(17pt.)



  次の安保理は温泉で開催したらうまくいくと思う。


       -受賞者-うりたろうさん(19pt.)



  戦場よりも、みんなで温泉場へ行こう。


       -受賞者-K.S兄さん(17pt.)


(コメント)
『温泉』からあがったあと、部屋でTVをつけると、
戦争のニュースがたくさんやっていました。
僕もその時、上の3本のキャッチと同じようなことを実感したものです。
『温泉』の与える安らぎや開放感、稚拙なようですが、
これってもしかしたら世界を救えるんじゃないかと。
ブッシュとフセインを日本に招いて、
城崎温泉の湯の中で裸の会談をさせたら、
違う答えもあったんじゃないかと。正解かどうかなんて分かりません。
ただ、何かしようと思う気持ちは絶対なくしちゃいけない。
上の3本のキャッチからは、そんな気持ちを強く感じました。
平和へのメッセージを、ぜひsunny-yellowから。


■■ 次点。おしかったね。 ■■

・地震の国の損失補填。

・ゆるい時間を。

・歳を取ったら、また来よう。

・堂々とペアルック。

・うなじ祭

・ホっとスプリング

・マグマが沸かしたお風呂です。

・しっぽりとゆったりとどこまでもまったりと。

・作られた地上の楽園


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・日本古来の町おこし

・冬温泉の次は、春温泉。

・体をリセット。

・癒し系濁り水

・湯煙に、男はポロリの夢を見る。

・ハビバノンノン♪

・女将 懐石料理 よく喋るタクシーの運ちゃん。

・腰痛気休め道場

・日本に触ろ。

・静かに語らう男と女ふたりの左の薬指には指輪が光る。
 色もデザインも違うが…

・秘境の湯ー沸く。

・トクさんの涙でできている。

・ブッシュには渡さないぞ

・「主人、こちらの温泉は硫黄泉かね?体に良く効きそうな位の硫黄のかおりだね」
 『すんまへん。おととい作った温泉玉子、引き上げるん忘れとるだけですねん』

・ぽっかぽか

・卓球人口世界第二位[一位は中国でした]

・羽根がのばせる。足ものばせる。

・洗い場獲得争いkONSEN模様。

・「おかん、そのスイッチ、オンにしてくれ」
 『ハイハイ。ちょっと待ってや。あれ?なんやろ。』
 「どしてん」『いやぁー。何か、‘オンせん’』

・地球がくれた清涼剤。

・年中無休で沸いてます。

・美人がよくにあう

・色欲と健康の交差点

・ストリップ、ばばあが踊る温泉街。

・浴槽での脱糞は違法です。見つけ次第、警察に通報します。

・掘られて出て来て、ジャジャジャジャン・クロード・バンデーム

             (他28本)


たくさんのご応募、ありがとうございました!!
ここ数年で20ケ所ぐらいの温泉地をめぐり歩いている僕。
魅了されているのは、あの“美白心”効果。
心のコリをとるにはやっぱり『温泉』じゃなきゃダメですね。
またやります!よろしく!