2004年第1回キャッチコピーコンテスト「こたつ」


明けまして!
「2004年第1回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

今年で6年目を迎えるこの催し、今年もどうぞよろしくお願いします。

キャッチポイントは例年どおり、
1位/+10pt. 2位/+7pt. 3位/+5pt. 4位/+3pt.
5位/+1pt. 特別賞/+6pt. 参加賞(1次しめきりまでの作品)/+1pt.
で計算させていただきます。
毎年リセットしてますので、今年もみんな0からのスタートです。

さてさて、今年1発目のキャッチコンテスト。
寒い冬の味方をみなさんはどんな言葉で表現してくれたんでしょうか。
それではいきます、「こたつ」!!



★★ お気に入り第1位 ★★


  こたつむり


       -受賞者-レッドキャベツさん(10pt.)


(コメント)
うまい! 「こたつ」に寝転がったまま、
出無精になってしまうあの様子は、
正に殻からなかなか出ようとしない「かたつむり」のよう。
「こたつ」のあるのんびりした時間と風景が、
とても鮮明にイメージできたキャッチでした。
言葉遊びでありながら本質を突いている、なかなかのお気に入り作品です。
今年一発目の1位、おめでとうございま~す!



★★ お気に入り第2位 ★★


  父の小布団


       -受賞者-ロ-リングズコ-ンズさん(7pt.)



  輪になる。和になる。


       -受賞者-テントショップボーイさん(8pt.)


(上コメント)
これまた味のあるキャッチですね。
どこの家もそうなんでしょうか。
「こたつ」で居眠りをしているお父さんの姿って、
日本の風景の一つになっている気がします。
“小布団”という言葉をもってくることで、
大きな体をしたお父さんがだらしなく腹を出しながら
寝ているキュートな雰囲気が出ていていいですね。

(下コメント)
団らんという言葉がよく使われますが、
たしかに「こたつ」って輪になって座ることで、
いつのまにか和んでしまいますよね。
顔がふにゃけてしまうあの落ち着く時間を
うまく表現している言葉だと思います。
横一列の「こたつ」じゃ、輪も和も生まれないから、
ああいう形をしてるんですね。



★★ お気に入り第3位 ★★


  布団をのぞけば宇宙だった


       -受賞者-K.Sさん(5pt.)



  君を赤く染める


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(5pt.)



(上コメント)
これ、分かるな~。「こたつ」って、
布団をめくったらまるで異空間ですもんね。
小さな頃は、よくその宇宙のような空間に潜ってドキドキしたもんです。
久しぶりに復活したK.Sさんのキャッチ、これからも楽しみです。

(下コメント)
シブい。こう表現すると、まるで「こたつ」が
ワインのような大人のアイテムに思えてきます。
次元大介に言わせてみたいセリフですね。
「こたつ」を一人称としたキャッチ応募がわりと少なかったせいか、
妙に心にヒットしました。



★★ お気に入り第4位 ★★


  足裏の社交場


       -受賞者-D.Mさん(3pt.)



  赤の洞窟


       -受賞者-テントショップボーイさん(11pt.)


(上コメント)
「こたつ」の布団の中に視点を持ってきたキャッチ。
「こたつ」って、たしかに足の裏ばかりがたくさん集まっていて、
よくよく思えばオモシロイ光景です。
犬を散歩をさせているおばちゃん達が井戸端会議をしている横で、
犬同士が会話をしているように、
「こたつ」の上で話が盛り上がっている一方で、
「こたつ」の下では足裏同士がお互いに挨拶をしているんですね。
普段スポットの当たらない足裏に“社交場”という
華やかな言葉を持ってきたあたりがナイスだと思いました。

(下コメント)
こっ、「こたつ」がまるで遺跡か何かのように。
ちょっとカッコいいじゃないですか。
布団をめくれば、暗く、赤い灯火が見えて、
向こうがよく見えないあの感じ。
インディージョーンズが見つけたら、
アドベンチャーが始まりそうな予感がしますね~。



★★ お気に入り第5位 ★★


  心とミカンをほぐす場所。


       -受賞者-うりたろうさん(1pt.)



  これはおトク!テーブル付き暖房器具です!


       -受賞者-K.S兄さん(1pt.)



(上コメント)
うん。「こたつ」って“ほぐす”んですよね。
あの温もりが心のカドを丸くしてくれて、
表情もついついほっこりとなって、
普段は皮をむくのが面倒くさいような
ミカンにまで手を伸ばしてしまう。
「こたつ」は、ひとときの間、人を変えるものなのです。

(下コメント)
言われてみればたしかにオトクですね~。
暖房器具なのに、テーブルまでついてるなんて。
よくよく考えたら、機能性バツグンじゃないですか!
しかもどこでも持ち運びできるなんて、
意外とアウトドアでも活躍しそうですね。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆


  包包包
  包暖包
  包包包


       -受賞者-レッドキャベツさん(16pt.)




  おなら一つで密室サスペンス。


       -受賞者-テントショップボーイさん(17pt.)



(上コメント)
文字を並べてビジュアルをイメージさせたものは、
昔「教室」キャッチでもありましたが、
シンプルなだけにシンボルマークのような強さを感じます。
ポストを表した郵便の「〒」のように、
「こたつ」の共通マークにしたいですね。

(下コメント)
火曜サスペンス劇場が
「こたつdeおなら殺人事件」だったらオモシロいな~。
ガスが放出された瞬間、上座に座っていた長老が気を失い、
たまたま通りかかった片平なぎさが
おならをした犯人が誰かを推理していくみたいな。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・蜜柑を乗せればお正月、鍋を乗せれば忘年会

・日本伝統の移動住居

・足ゆびサーカス劇場。

・雪の降る日を、春にします。

・うたた寝誘う魅惑の机

・幸せとモノグサを生む温もり。

・部屋着スペシャル

・水面下での陣取り合戦。


●●その他の作品も一部ご紹介●●

・みかんと猫の似合う光景

・にっぽんの冬。

・ナマケモノの巣。

・食事からマージャンまで、時には甘酒製造も

・「へい、いらっしゃい!あったかいよ~」

・冬の灯火

・皆で囲ったその空間が暖かいのです。

・一人でも暖かい。二人でも三人でも暖かい。四人で入ると中臭い。

・常夏空間。

・“暖”シェルター

・早い者が支配人!

・すぐにかーっとなり、そしてぷつっと切れます

・ものぐさ者の冬装束。

・ぼくの下半身は、今ハワイにいます。

・こたつの灯りで十分見えるやろ!

・ルーズソックスは脱ぐのが礼儀だろう!

・わが艦の北西にミニスカ発見!

         (他28作品)


たくさんのご応募をありがとうございました~!

うちのおばあちゃんの家の「こたつ」の熱源は豆タンなので、
昔はよくかまくらの中で「こたつ」に入りました。
「こたつ」って寒い日ほど愛おしくなるので、
一度でいいからキャンプに持っていきたいと思う今日この頃です。

次回もよろしくお願いしま~す!



☆スカートめくりの世界王者、和風スカートを求めて
 「ジャパニーズ コタツ」との対戦を熱望。
         (sunny-yellowスポーツ)