2004年第8回キャッチコピーコンテスト「散髪屋さん」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

1週間の休みでリフレッシュ!!
「2004年第8回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

いやいや、先週はお休みをいただきありがとうございました。
おかげで頭の中がすっきりクールミント状態です。
リハビリがてらにいきなり発表しちゃいましょう。

ちゃんと昨日カットに行ってから選びました。
「散髪屋さん」!


★★ お気に入り第1位 ★★


  私のリセットボタン


       -受賞者-K.Sさん(24pt.)


(コメント)
何かを忘れたい時、ちょっと行き詰まった時、生活に節目をつけたい時。
不思議とまず「そうだ、散髪いこう」ということが頭に浮かびます。
多くの人にとってに「散髪屋さん」という存在を例えるなら
まさにこういうことなんでしょうね。
以前に対談で「自分をリセットする」ことの大切さについて
話されていたK.Sさん。久しぶりの1位、おめでとうございます!



★★ お気に入り第2位 ★★


  マイナス嗜好


       -受賞者-時速150kmさん(35pt.)


(コメント)
来る日も来る日も、髪をカットしまくる美容師。
それは、髪の長さを減らすことを楽しんでいるようでもあります。
このキャッチを見た時、「たしかにプラス志向(嗜好)じゃないよなー」
と新しい気づきがありました。新鮮なキャッチです。



★★ お気に入り第3位 ★★


  よ~く考えよう~♪ハサミは凶器だよ~♪


       -受賞者-うりたろうさん(58pt.)



  モデルチェンジ、私。


       -受賞者-K.S兄さん(78pt.)


(上コメント)
このメロディ、実際に「散髪屋さん」で流してほしいですねー。
お客にも美容師さんにも緊張感が走って、
世間話なんてしていられないぐらいの手術っぽい雰囲気になれば笑えます。
病院のインフォームドコンセントのように、
いちいち髪を切るごとに「その部分はなぜ切る必要があるんですか!?説明してください」
とお客から求められたら、美容師さんを目指す若者も減るかも。

(下コメント)
「ガンダム」が頭に浮かんだのは僕だけでしょうか。
モデルチェンジという言葉のおかげで、
新しい髪型を“身に纏っている”という感じが出ていて好きです。
今度お店に行ったら「戦闘モデルでよろしく」と言ってみたい。



★★ お気に入り第4位 ★★


  今日は首領なカンジにしましょう?


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(35pt.)



  痒いところに手が届きません。


       -受賞者-JZS147さん(11pt.)


(上コメント)
「どんな感じにしますか?」店員に必ず聞かれるコメントですが、
首領(ドン)という言葉遊びによって
先に可能性が制限されているあたりが面白いですね。
たいていの人はアル・カポネとか答えるんでしょうか?

(下コメント)
「かゆいところはございませんかぁ?」
これもよく聞かれるコメントです。
でも、本当にかゆいところをどうにかしてくれることなんて
ほとんどないものです。自分でスキカルを片手にやるのが一番!



★★ お気に入り第5位 ★★


  いくら切っても値段は一緒


       -受賞者-D.Mさん(6pt.)



  仕上がりを ノーとは言えぬ 気の弱さ。


       -受賞者-うりたろうさん(59pt.)



(上コメント)
そうそう。散髪屋さんは、ある意味“定額制”なんですね。
パケット料使い放題のように、髪切りたい放題なわけです。
ということで、どうせなら鼻毛とかいろんな毛を
カットしてもらったほうがトクですよ。

(下コメント)
これはよく分かります。
明らかにプロっぽいお姉さんが時間をかけてカットしてくれた後に、
「こんな感じでいかがですか?」と聞かれても、
なかなか「違う!そうではないのだ!」とは言いにくいもの。
それこそ座席に元に戻してくれるリセットボタンがあればいいんですが。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆


  シザーハンズで泣いた 85%


       -受賞者-テントショップボーイさん(37pt.)


(コメント)
これがホントだったら笑えます。
手がハサミになった主人公に、自分を投影してジーンとしちゃったりして。
ちなみに、僕が数年前まで行ってた散髪屋の兄ちゃんは、
「カニを見ると仕事を思い出すんです」とこぼしていました。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・テキトー同士のせめぎ合い

・あなたを、ちょっと未来のあなたにします。

・ロン毛反対党

・美容院・・仲間的経営型、床屋・・家族経営型

・亭主の毛髪が、リストラに!

・アタマを、デザインしよう。

・オールオーダーメイド

・ぼうぼう(棒棒)なら、バーバー(barbar)です。



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・勝手にテクノ入れないで。

・自髪的

・あややにしてくれ?ウチは整形外科じゃないよ!

・心の中もトリミング。

・むやみに褒めません 好みを押しつけません ベラベラしゃべりません

・ジャンボカット専門店

・男たちは思う。あと、何年お世話になれるだろうかと。

・THE家内工業

・痛んだ髪とさっきまでの溜め息をお預かりいたします。

・眠った客で新技試してます。

・髪形よりも、話のネタを考えてしまう。

・髪よりも眉がりりしい大次郎

・時事ネタのデパート

・おっちゃん一体どこ切るの?

・カットですか・・・。後悔しませんね?

・昔の床屋さんは手術もやっていた。へぇ~へぇ~へぇ~。

・○○さんにしてくれ、ではなく○○さん風に、とお申し付け下さい!

・丸刈り、スポーツ刈り、センター分け、七三、リーゼント、
 この5種類のみの扱いとなっております。

・ウトウトしてると、エレクトかもよ!

・YAZAWAのタオルがシュレッダーに巻き込まれたカンジでお願いします。


         (他24作品)


今回もたくさんのご応募をありがとうございました!
今年のキャッチコンテストもあと数回!
ラストスパートでよろしくお願いします!



☆関西の美容師100人に聞きました。
 「一度お客で試してみたい髪型は?」

 3位 ペ・ヨンジュン風 貴公子ヘア-   6人   
 2位 D.ベッカム風 Sexyショートヘア-  12人
 1位 磯野波平風 1本 DE ロン毛ヘア-  82人

           (sunny-yellow理美容協会2004調査より)