2006年第2回キャッチコピーコンテスト「階段」


え? もう3月? そろそろ全開!
「2006年第2回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

もう一度この良さを見直すためにも…
と思ってお題にしてみましたが、
「今回は意外と難しかったぞ!」という声をたくさん聞きました。
日常にとけ込みすぎていると、逆に難しいんですかね?
とにかく行ってみましょう! 「階段」。





★★ お気に入り第1位 ★★


  (該当作品なし)



(コメント)
1位ナシは久しぶりですが、ま、こんな時もありますわ。



★★ お気に入り第2位 ★★


  健者の選択。


       -受賞者-うりたろうさん(7pt.)



  子ども 上れるけど下りれない
  大人  下りれるけど上れない


       -受賞者-D.Mさん(14pt.)



(上コメント)
通勤途中に、駅のホームから改札へと上がる所があるんですが、
そこには左にエスカレーター、右に「階段」が。
いつも迷ったあげく、ついつい左に行ってしまうんですが、
スタスタと右を行く人もケッコ-いるんですよねー。
たいていそんな人たちは、肌のつやもよく、
いかにも「俺(私)日頃からテニスやってます」って感じ。
このキャッチのとおり、「階段」とは
体力のある人に有利な道なのかもしれません。
バリアフリーの考えからいけば、
もっと万人に優しいものになってほしいですね。

(下コメント)
パパならではの作品ですが、「階段」というテーマを通じて
深いことを言ってくれてますねー。
上るのには体力が必要で、下りるのには勇気が必要。
昔飼っていたうちの犬が陸橋の階段をのぼって、
下りられなくなった事件を思い出しました。



★★ お気に入り第3位 ★★


  最近では健康器具


       -受賞者-ロ-リングズコ-ンズさん(13pt.)




  シンデレラではなくなっちゃったけど、
  誰かと一緒に手をつないで登る毎日も、
  最近は気に入ってます。


       -受賞者-スイカさん(5pt.)




  我が社の伏魔殿。


       -受賞者-うりたろうさん(12pt.)



(上コメント)
たしかに、これほど手頃(しかも無料!)な健康器具はありませんね。
エレベーターを使わず、あえて「階段」を使おうと
試みているおじさんを見ると、なんだか
せつなくなるのは僕だけでしょうか。

(中コメント)
「階段」でつまずいてガラスの靴を忘れなければ、
シンデレラは幸せになれませんでした。
そう考えれば、シンデレラにとって
「階段」ってすごい思い出深い存在なんでしょうね。
王子様に正体がバレないように
うれしさ半分、ドキドキ半分で
「階段」をかけあがったあの夜は二度となくても、
今はゆっくりと一緒に「階段」を歩ける人がいる。
独身から既婚者になった女性の心の変化を
うまく表現しているなぁと思いました。

(下コメント)
建物の中にある「階段」って、
悪い“気”がたまりやすそうだなーとよく感じます。
(Dr.コパ先生に聞いてみたい)
特に、会社のビルにある階段なんて最悪。
オフィスで言えない言葉が飛び交ってたり、
ある時は作戦会議室になっていたり。
皆さんの勤務先でも、階段が「伏魔殿」になっていませんか?



★★ お気に入り第4位 ★★


  踊り場で 本当に踊ったら 恥ずかしかった


       -受賞者-和製◇長さん(14pt.)




  チラリズム発生場所


       -受賞者-T.Kさん(9pt.)



(上コメント)
笑いました。そうですよねー、名前が悪いんですよね。
「踊り場」って言われたら、
「ダンスホール」をイメージして当然です。
ちなみに、この「踊り場」という名前、
明治時代にドレスで着飾ったセレブたちが
階段を昇り降りする際、ドレスがふわっと揺れる様が
舞台で踊っているように見えたことからついたんだとか。
皆さんも、今日から「階段」の踊り場を通る時には、
必ず服のふんわり度を確かめてください。

(下コメント)
女子の皆さんには大変失礼な話なんですが、
たまに巻き起こる奇跡の風によってチラリズムが発生するということで、
中高ぐらいの僕たち男子生徒にとって、「階段」というのは
ある意味ディズニーランドのような夢のある場所でした。
特に台風の日になると、渡り廊下の「階段」付近に
窓掃除を装ってベストポジションをキープした
男子がたくさん並んでいたのを覚えています。



★★ お気に入り第5位 ★★


  走っては行けませんと教えられていたのに、
  階段ダッシュをやらされた


       -受賞者-D.Mさん(15pt.)



  五線譜


       -受賞者-ロベルト・ハッシオさん(4pt.)



(上コメント)
そうそう。顧問の先生っておかしいですよね。
普段は「廊下や階段を走るなボケ!」とか言ってるのに、
雨でグラウンドが使えなくなると、
「階段ダッシュ10本!」とか言ってみたり。
どっちやねんって感じ。
大人になった今、たまにエスカレーターを走っている人を見ると、
「あの人のマナーが悪いんじゃない。
 学校の先生の言い方が悪かったんだ」と思ってしまいます。

(下コメント)
この作品を見て気づきましたが、
音符が並んでいる五線譜って
たしかに複雑な「階段」のようですね。
ド、レ、ミ、ファ、ソ…なら簡単に昇れそうですが、
ド、ファ、シ、レ、シ…とかは難しそう。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆


  大人の階段下りる 僕はまたニートなのか


       -受賞者-和製◇長さん(20pt.)




  よく人生に例える人がいるけど、どちらかというと
  エスカレータを逆走して上っていく感じだと思う。


       -受賞者-うりたろうさん(18pt.)


(上コメント)
なつかしい。名曲「思い出がいっぱい」(H2O)風ですね。
「♪大人の階段のぼる 君はまだ シンデレラさ」という
きゅーんとしたせつなさを感じさせてくれる原曲をいじり、
まったく違う意味でせつなーくさせてくれるこの作品。
かなりシュールで大好きです。

(下コメント)
たしかに、人生は「階段」ほど甘くないですもんね。
「階段」は自分の意志で立ち止まることもできますが、
現実はいつも何かに流されて、
でも流されないようにふんばって…って感じ。
この作品のとおり、人生を例えるなら
「エスカレーター逆走」のほうが似合っている気がします。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・俺を乗り越えて往け

・下りるときは皆リズミカル

・エベレストにほしい。

・真夜中の階段 自分の足音に びびる俺

・一段飛ばしで、残り三段だと悔しい

・車窓のみかん畑は夏への階段。

・非常でしか使われなくなった

・雨の日は非情階段

・動くのが最新式



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・チビもノッポも同じサイズ

・真剣10代コクり場!

・秘技!3段飛ばし!

・走っちゃダメ!でも「踊り場」って??

・高層マンションの鉄骨階段超スリル

・掃除は楽だった

・二段ベッドのはしご階段を登るのが 夢でした

・戻りたくなったらすぐ戻ったらいい。
 進みたくなったらまた進んだらいい。

・【階段のセールスポイント】 
 上り下りの区別がないので経済的、しかも健康的

・どんなに早く上っても野球は上手くなりません。

・ら旋式だとなぜか早く降りてしまう

・最後信じるのはハイテクより自分の足。

・「三十路女性階段昇降のススメ」
 あごを引き、おしりを締めて、つまさきで。

・セレブな らせん

・女性の皆さんご存知ですか?
 男たちは抗いがたい誘惑に打ち勝つためにも、
 己の足元だけを見るようにしていることを。

・今日の特別国会で 
 「ミニスカート着用時にかばんでお尻を隠すの禁止!」法案が 
 満場一致で可決されました。

・階段があると、ミニスカとかが来た時便利なんとちゃうか?

・夏の夜

・いながわじゅんじ

・階段でイナバウアーしても何の加算にもならんしなあ

・中盤を支配するなんて、エロカッコいいよね!

                 (他19作品)



たくさんのご応募をありがとうございました!
ちなみに、今回は僕も「階段」について、
シンプルにキャッチを考えてみました。

___________________________


 ◆ ステップするだけでアップできます。


 ◆ 前に歩いていたら、空に近づいていた。


 ◆ 平地じゃ生きられないあなたに。


 ◆ 坂のない坂道。


 ◆ 全段休憩ポイント完備(お止まり自由)


___________________________

こんな感じです。
次回は春ネタかなぁ。
またやりますね。お楽しみに!


★ビジネス街で鼻くそをほじりながら歩いていた
 ダメリーマン100人に聞きました。
 「あなたが『階段』を使う時ってどんな時?」

 ◎3位 …「ビルのエレベーターが点検中だった時」(5人)

 ◎2位 …「ミニスカートの女性が前を歩いていた時」(16人)

 ◎1位 …「会社をズル休みしたい時
     (『階段でつまずいてケガした』など)」(79人)