2006年第7回キャッチコピーコンテスト「スイカ」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

9月になってもまだ気温35度!? 夏延長でまいります!
「2006年第7回 キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

いやいや、僕の出産、手術などで少し遅くなってしまいましたが、
今年の夏モノお題第2弾、いっちゃいます。
おそらくこの夏もビーチや家庭で大活躍でしょうね。
「スイカ」キャッチ発表!!



★★ お気に入り第1位 ★★


  暑くなったら撲殺。


       -受賞者-Y.Nさん(18pt.)


(コメント)
ブラックですが、言葉が強いですね。
今回、いろんな作品があった中で、
一番インパクトがあった作品でした。

スイカの味や形にはまったく触れず、
“役割”だけに絞って表現したこの作品。
「くっそー暑いなぁ、スイカでもカチ割るか!」という
人間のエゴを前面に出すことで、
「夏が来たらスイカ割り♪」という僕たちの固定概念を、
同じ意味で、少し違う視点から表現してくれていますね。
今までよりも少し「スイカ」を大切にしたくなる作品でした。



★★ お気に入り第2位 ★★


  夏実


       -受賞者-時速150kmさん(14pt.)




  粗相が作法。


       -受賞者-うりたろうさん(38pt.)



(上コメント)
シンプルですが、「スイカ」にはこの上なく似合う名前ですね。
これから「スイカ」と出会ったら、
優しく「夏実!」って呼んであげましょう。
もしかしたら、日本にはこれと同じ名前の女性がいるかもしれませんが、
その人はこれから「スイカさん」というニックネームで。

(下コメント)
お上手、ですね。
志村けんに限らず、「スイカ」を食べる時は
スプーンですくうようなお上品な食べ方なんてルール違反。
ガブガブとしゃぶりついて、口から果汁をこぼしながら喰らう。
それが、「スイカ」流の作法というものです。
女性の皆さんは、特にご注意を。



★★ お気に入り第3位 ★★


  夏、始まりました。野菜室、占領しました。


       -受賞者-ロ-リングズコ-ンズさん(40pt.)




  赤い流動食


       -受賞者-ロベルト・ハッシオさん(15pt.)



(上コメント)
子どもが夏休みに描く絵日記のように、
あえて淡々としたトーンで表現しているからか、
なんだか「スイカ」がとても可愛く見えてきますね。
野菜室を占領されることが一般家庭にとってどれだけ痛手かなんて、
まるで気にする様子もない「スイカ」の様子が、愛らしくてたまりません。

(下コメント)
スポーツをやっている人には「そうそう!」と納得してしまう作品。
夏に部活動で練習をしていると、よく見学に来ていたどこかのお父さんが
水分&栄養補給がわりに「スイカ」を切って食べさせてくれたものです。
赤い汁をすすった瞬間、火照った体が一気にクールダウンされて、
まさに「30秒早食い、2時間キープ」って感じでした。



★★ お気に入り第4位 ★★


  味より存在


       -受賞者-K.Sさん(28pt.)



  スイカ割りの最近のトレンドは横割り


       -受賞者-和製☆長さん(52pt.)



(上コメント)
「スイカ」って、味が好きだから食べている人って
そんなにいないと思うんです。
あのどっしりと構えた存在感が、
「ほら、夏だぞ、食えよ」と語りかけてくるので、
食べてしまうというか。
食感よりも存在感を表現したこの作品、
いい視点だなぁと思いました。

(下コメント)
事実はどうなのかは知りませんが、
「横割り」がトレンドだったら驚きですね。
どう考えても、当たる確率は「縦割り」よりも高そう。
目隠しをして、座頭市のように木刀を“横”に振る姿、
なかなかカッコよさそうです。



★★ お気に入り第5位 ★★


  黒稲妻、夏場所。


       -受賞者-ミスター尻ASSさん(32pt.)



(コメント)
「スイカ」って、なんであんな模様をしてるんでしょうね。
緑だけならそれなりに「瓜」っぽいのに、
黒い稲妻が入っているおかげでチョイ不良にさえ見えます。
あのどーんとした形を、力士、琴稲妻ならぬ
黒稲妻に例えたところがなかなかニクいですね。
今年の夏場所も大活躍でしょうか。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆


  どーでもいー歌聞いてください。
  どーでもいーですよー「すいかって果物?野菜?」
  どーでもいーですよー「人面すいかってあるよね」
  どーでもいーですよー
 「しかも8万円だって誰が買うのかなあ?という余計な心配」
  どーでもいーですよー「すいかの種の処理方法」
  どーでもいーですよー「砂糖?それとも塩?」
  どーでもいーですよー「すいか柄のパンツってあるよね?」


       -受賞者-D.Mさん(26pt.)




  夏の浜辺で、振込め詐欺。
  棒を振り込んでくださいっつっといて!
  あーたーらーなーいー。(サマーズ大竹風)


       -受賞者-時速150kmさん(20pt.)



(上コメント)
あえて、この時代にだいたひかるで勝負してくるとは。
でもたしかに、どーでもいいことばかりですね。
草本を「野菜」、木本を「果物」と呼ぶそうなので、
そういう意味じゃ、畑でできるスイカは「野菜」なんでしょう。
え、じゃあ、イチゴも「野菜」? どーでもいいですね。うまければ。

(下コメント)
この作品、イイ具合に力の抜けた感じが気にいってしまいました。
個人的には、夏のビーチで
杖を持ってジジイの格好をした間 寛平に「スイカ」を割ってほしいです。
「わしゃ、止まると死ぬんじゃぁぁぁー」と言って、
周りにあるいろんなものまでを割ってしまいそうですが。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・電車にまで乗れるようになったのか!

・目隠ししてかかってきな!

・叩き割るんじゃねぇ!ちゃんと切るなり、むくなりしてくれぃ!

・真夏の冷蔵庫キラー

・俺たちはカブトムシじゃない!

・スイカップ、全身見たらマグカップ。

・食べ方で性格分析。

・おなかの中でスイカ花火が上がります。ピー。



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・花火!スイカ!夏ッ!!!

・アリとカブトムシが仲良くチューチュー

・日本の夏を潤します

・超速成長植物

・冷凍すると、意外とまずい

・TUBEより夏っぽい

・庶民のおすそ分け果物ナンバーワン!

・ おばあちゃんが言っていた。  「ションベンとスイカの種は遠くに飛べば飛ぶほどよい」とな。

・八百屋の太鼓。

・へらちょんぺ

・サザエさんは入ってません。

・未だに志村けんを越える逸材を見たことがない。

・夏に唯一にあうモスグリーン

・シャリ汁(じゅう)

・びしゃびしゃりしゃり

・人を無防備にする野菜。

・君たち。少しはスイカップを見習いなさい。

・スイカップのつもりで貪りついてます

・潮をかけたら食べられません、マニアしか。

・半ケツ王子のビーチのお供


                 (他19作品)


今回もご応募をありがとうございました!!
この夏、まだスイカを食べていない人はお早めに!
またやります。お楽しみに!


☆サッカー日本代表、オシム監督の発案で
 ボールの変わりに「スイカ」を使ったミニゲームを実施。
 キーパー川口だけなぜか目隠し。オシム流。 
           (sunny-yellowスポーツ)