2007年第1回キャッチコピーコンテスト「バレンタインデー」


今年もいよいよ開幕です!
「2007年第1回キャッチコピーコンテスト」!!

さぁ、この企画もいつのまにか9年目。
今年も頭をやわらかくして楽しんでいきたいと思います。

去年までのポイントは当然リセット。
全員0pt.からのスタートですので、張りきってお願いします!

※毎回の加算ポイント:
  1位/+10pt. 2位/+7pt. 3位/+5pt. 4位/+3pt.
  5位/+1pt. 特別賞/+6pt. 参加賞/+1pt.


さて、記念すべき2007年一発目のお題、
男性も女性も、明日の本番に向けてテンションを高めましょう!
ドキドキワクワク「バレンタインデー」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  モテぬタヌキの皮算用


       ー受賞者ーしんごパパさん(11pt.)



(コメント)
今回のお題、男性側の視点から描くか、
女性側から描くかで大きくアプローチが変わると思いますが、
一番題材としておもしろいのは、やっぱり
「もらえると期待しておきながら、もらえない男性」でしょう。
この作品、そんなコミカルさがうまく表現されていると思います。
モテない人に限って、一人でチョコの数を皮算用してしまう。
「バレンタインデー」ならではの光景で笑いました。



★★ お気に入り第2位 ★★



  私が上司にあげたのは、義理チョコでなく、義務チョコだ。


       ー受賞者ーK.S兄さん(7pt.)



  手作り中、気になる父の期待の目


       ー受賞者ーMYCAL小久保さん(7pt.)



(上コメント)
2位はどちらも女性視点の作品ですね。
まずは上のほう。
とあるマーケットリサーチによると、
男性も女性もおよそ6割強の人が
「義理チョコなんてなくすべきだ」と思っているらしいです。
でも、最近では「あげなくてはいけない」プレッシャーにかられて、
好きでもない上司にチョコをあげなきゃいけない女性も増えているとか。
「義理」でもない「義務」チョコ、
将軍様への貢物みたいで嫌ですねぇ。


(下コメント)
大好きな人のために台所で作っていたら、
背後には変に機嫌がいい父親。
笑いました。女性の皆さんって、
こういうプレッシャーもあるんですね。
こういう場合って、やっぱりお父さんにもあげるんでしょうか?
試作品とか、失敗作とかだけ。



★★ お気に入り第3位 ★★



  賞味期限は1ヶ月


       ー受賞者ーY.Nさん(5pt.)



  祖母、母へ感謝を捧げる日。


       ー受賞者ーたみきちさん(5pt.)




(上コメント)
「バレンタインデー」というイベントの
本質を言ってるなぁと思いました。
2月14日にチョコを渡したら、遅くとも
たいていの場合は3月14日までに結果が出る。
まさに、チョコが効果を発揮する賞味期限は
最大で1カ月なわけですね。
そういえば昔、あまり知らない女のコからチョコをもらって、
賞味期限ぎりぎりまで
どう返事を返すべきか悩んだことがありました。


(下コメント)
普段はどれだけ暴言を吐いていても、この日だけは
1年で一番感謝を捧げる。
背に腹は替えられませんもんね。わかります。
ある意味、息子にとって本当の母の日は2月14日なんでしょう。



★★ お気に入り第4位 ★★



  手作り風の市販チョコで、いちころでした。


       ー受賞者ースイカさん(3pt.)



  期待は甘く、現実は苦い。


       ー受賞者ーうりたろうさん(4pt.)



(上コメント)
最近は、ホントに売ってますからね。手作り風なやつ。
それをもらって喜ぶ男って…。
嗚呼、女性って怖い。というか、男ってバカ。
ホワイトデーは、「市販風の手作りチョコ」で応戦しましょうか。


(下コメント)
本当に、なんなんでしょう。期待と現実のあのギャップ。
男子は何も気にしていないフリをしていながら、
みんなたいていドキドキしてるんですよ。
いつもより髪型をきちっとしてみたり、
いつもより寄り道をして帰ってみたり。
まぁ、そんな時に限って成果はなく、
とってもほろ苦い経験だけが記憶に残るのですが。



★★ お気に入り第5位 ★★



  用もないのに、帰らない日


       ー受賞者ーD.Mさん(1pt.)



  にわかパティシエ祭


       ー受賞者ーJZS147さん(1pt.)



  なぜか男がチョコ買いにくくなる。


       ー受賞者ーテントショップボーイさん(1pt.)



(上コメント)
小学、中学、いや、高校もかな。
たしかにみんな帰りたがりませんでした。
部活はとっくに終わってるのに、ツレとはしゃいで
グラウンドで目立つように遊んでみたりして。
男っていくつになっても滑稽ですね。
社会人になってもみんなそうなのかなぁ?
ちなみに男性の皆さん、トリビアの泉(フジTV)が検証した結果によると、
一番チョコをもらいやすいシチュエーションを作るには
「カバンを机の上に出して
 帰っていないことをアピールしつつ、席を離れ、
 カバンのチャックを少し開けておく」といいそうです。


(中コメント)
おとつい散髪に行ったら、美容師のお姉さんも言ってました?
「1年でお菓子を作るなんて、この時だけです」って。
この連休は、にわかパティシエ、増えたでしょうねー。
失敗作を自分で食べすぎて、決戦の直前に
重量オーバーになってしまう女性も多いそうですが。


(下コメント)
そうそう、そうなんです。
別に「バレンタインデー」とは関係なくチョコを食べたいだけなのに、
なんだかいつもより買いにくい。
というか、人の目が気になって絶対に買えないんです。
「ちょっと見て、あの人、自分で買ってるわよ」と言われてそうで。
甘いもの好きな男のコには辛い一日ですね。




◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  カカオ豆輸入禁止 モテ格差是正へ


       ー受賞者ー和製家長さん(6pt.)





  第25回冬の全国定例総選挙 選挙規定

  ・立候補は原則禁止とします。
   ちなみに、ほとんどの人は立候補すると逆効果です。

  ・投票者は複数の投票権をもっています。
   ただし、そのうち参政権としては1票だけが有効です。

  ・投票者の資格は社会的性としての女性のみにあるものとします。

  ・遠隔地に居住することによる不在者投票は、
   本人の情熱と演出により規制するものではありません。

  ・投票された者で特に2票を集票した者は微妙な表情を表に出してはいけません。



       ー受賞者ーロベルト・ハッシオさん(6pt.)




(上コメント)
格差是正の話題がなにかと議論されていますが、
なるほど、こうした是正もあるわけですね。
チョコの原料から断ってしまえば、
「バレンタインデー」なんてなくなって、
男性がみんな平等に扱われるようになる。
ぜひ国会での議論を聞いてみたいものです。
「総理!総理!モテ格差について真剣に考えているんですか?
 ジャニーズと一般男性の間には、1000個のチョコの差があるんですよ!
 このまま行けば、2010年にはジャニーズを目指す
 ニートばかりになってしまいます!」
こんな感じでしょうか?


(下コメント)
「選挙」という視点は新しかったですね。
世の中の男性に、女性が投じる愛の一票。
規定がとてもいいところを突いていて笑えます。
この規定によると、「不在者投票」は規制されないようなので、
この3連休中にすでに投票を済ませた人も多いんでしょうか?



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・ほっぷ すてっぷ あいしてる

・濃い(恋)チョコあげたら、
 ビターテイスト(ほろ苦)でした。

・そ知らぬ顔でどっきどき

・その日暴走する第6感

・チョコでアイを釣る。

・比例する、年齢と義理チョコの数

・ありがとうが薄く広がる日

・手作りチョコ。9割味見し、結局渡せず全部自分の胃の中へ。

・世間総出の援護射撃

・チョコレート屋に踊らされて、愛が芽生える。




●●その他の作品も一部ご紹介●●

・チョコまみれ

・好きなのに、好きだから、今年も渡せませんでした。

・初めての告白、
今年のバレンタインは不二家のチョコレートで!
 ちょっぴりハードル上げてみませんか?

・女子告白記念日

・チョコ屋の大戦略

・チョコレートを食べると痩せる事が発見されました!!(ないない大辞典)

・先物取引

・ギリッ!チョコ一個。

・ビター&スイート

・おかんすらもらえない年もある

・もらって困る こともある

・高校卒業で、急速に失われます

・返事はその場?それとも1ヵ月後?

・お父さんの人気度合いが一目瞭然

・いたってふつうの水曜日でしたが?

・少年には時に残酷な試練である

・キミらの年代の言うホンキやろ?

・男性万人妄想デー!

・本当はうらやましいのに、ついからかう

・ホワイトデーまでに別れます

・心を溶かす甘さです。

・絶対に負けられない、と思ってるやつもたまにいる

・告白するなら一人でしてよ!

・義理堅い娘とは仲良くすべし

・大喜利チョコ

・その昔、小野妹子が聖徳太子をボビーと呼んだのが始まりらしい

               (他、21作品)



今年一発目、たくさんのご応募をいただきありがとうございました!
今回のお題は僕もいろいろ考えましたよ。
結局、1つしか浮かびませんでしたが。

先行、女子。

「バレンタインデー」&「ホワイトデー」って、
国民全員が参加する「男と女のガチンコ勝負」だと思うんです。
だから、このキャッチを書いたポスターを街中に貼ったら、
なんとなく緊張感が高まって盛り上がりそうかなぁと。

男性も女性も、明日の健闘をお祈りします!

  


★2月14日に、そわそわしていた
 そこらへんの若い男子1000人に聞きました。
 「こんなのは欲しくないチョコ」は?


 ◇第3位  義理チョコ 8%

      (理由)「お返し目当てのチョコはプレッシャーがキツい」等


 ◇第2位  チロルチョコ 11%

      (理由)「同情されているようで自分がみじめになる」等


 ◇第1位  「○○君に渡してくれない?」という頼まれチョコ 81%

      (理由)「自分には屈辱以外何も残らない」等


                  (月刊sunny-yellowチョコ調べ)