2011年第8回キャッチコピーコンテスト「プラネタリウム」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

大変お待たせしました!
「2011年第8回キャッチコピーコンテスト」の発表です!

今回は秋ネタということで
久しぶりにちょっとセンチなお題を選んでみましたが、
うーん、素晴らしい!
近年稀に見るハイレベルなコンテストとなりました。

選ぶ方も楽しくなって発表が遅くなりましたが、
今回はいつにも増してロマンチスト全開で
じっくり厳選させていただきました。

輝け地上の星!
「プラネタリウム」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  二人で一夜を過ごそう。



       -受賞者-うりたろうさん(93pt.)


(コメント)
いやぁ~ん。僕が女性だったら、
この言葉を言われたらオチますね。
「プラネタリウム」って、夕暮れから徐々に夜になって、
明け方の空まで上映してくれますからね。
その間、1時間ほどなんですが、
「一夜」を過ごすことには間違いありません。
「プラネタリウム」を一瞬にして
ロマンチックなデートスポットにしてしまう作品でした。お見事です。



★★ お気に入り第2位 ★★



  飛行機の飛ばない夜空



       -受賞者-ミスター尻ASSさん(13pt.)




  上を向いて座ろう♪



       -受賞者-時速150kmさん(39pt.)




  初デート。心はずっと上の空。



       -受賞者-うりたろうさん(100pt.)



(上コメント)
このキャッチ、思わずハッとさせられましたが、
深いなぁと思いました。
今の時代、飛行機の飛ばない夜空を見ることって、
結構難しくなっています。
「プラネタリウム」には、星以外、余計なものは登場しませんからね。
小さな魅力に気づいた作者に拍手です。

(中コメント)
これも「そっか!」と思わされましたが、
上を向いて座る場所なんてあまりありませんよね。
「上を向いて歩こう」という言葉は何度も聞いたことがありますが、
この言葉はとても新鮮で楽しくなりました。

(下コメント)
二人の頭上に広がる夜空。
「上の空」という言葉がこれほど上手にマッチする場所は、
ここしかないでしょうね。うまいです。



★★ お気に入り第3位 ★★



  世界はオレを中心に回っている。



       -受賞者-ロベルト・ハッシオさん(8pt.)




  本物以上に盛ってない?



       -受賞者-ミスター尻ASSさん(18pt.)




  たまにはゆっくりしな星。



       -受賞者-うりたろうさん(105pt.)



(上コメント)
「そうそう!」と思ってしまいました。
「プラネタリウム」って、頭上で星空がぐるぐる回るわけですが、
定点でそれを見上げていると、まるで
夜空が自分を中心に回っている感じがします。
その瞬間、地球のダイナミズムと
自分のアイデンティティを感じるのが、
実は密かな醍醐味じゃないかなと思います。

(中コメント)
これもよくわかりますね~。
「プラネタリウム」に行くと、
あまりの星の多さにこう感じてしまうんです。
でも、実際はその数に偽りはなくて、
自分が見えていなかったモノに気づいて、
悲しくなったり、感動したり。

(下コメント)
ゆっくりする。これって簡単なようで難しいんですが、
「プラネタリウム」ならそれができるんです。
星が、そういった雰囲気を演出してくれますからね。
疲れたらマッサージに行くよりも、
「プラネタリウム」に行くという発想を持ちたいですね。



★★ お気に入り第4位 ★★



  昔はそんなのいらなかった。



       -受賞者-テントショップボーイさん(81pt.)




  プラネタリウムを知らない人は
  プラネタリウムのいらない所の人かもしれない



       -受賞者-T.Kさん(23pt.)




  見える化する星される星



       -受賞者-ミスター尻ASSさん(21pt.)



(上・中コメント)
そう、本来は
「プラネタリウム」なんていらないのかもしれません。
でも、今の地球で生きる僕たちには
やっぱり必要なんでしょうね。
2つとも、強いメッセージのこもった作品でした。

(下コメント)
面白い視点です。
星の立場に立てば、たしかに複雑な心境ですね。
せっかく隠れていたのに、
「見える化」されるわけですからね。
丸裸にされる惑星のコメントも聞いてみたいです。



★★ お気に入り第5位 ★★



  果てしない密室



       -受賞者-テントショップボーイさん(82pt.)



  年間パス持ってます



       -受賞者-スイカさん(3pt.)



  再会確率100%(@天の川)



       -受賞者-マイカル小久保さん(1pt.)


(上コメント)
密室って、だいたいは壁の位置や広さがわかるもの。
でも、「プラネタリウム」のあの空間は、
本当に果てが見えない密室です。
閉じこめられているのに果てしないという、
矛盾した空間が楽しいですね。

(中コメント)
直感的に伝わりにくいかもしれませんが、
素敵な視点だと思って選びました。
実は、星空はみんなの頭上にちゃんとあって、
僕たちは毎日1年中星空を見られる
「パスポート」を持っているようなものなんですね。
それを使うか眠らせておくかは、自分次第。
「そう言われたらなんだかもったいない気がしてきた」というアナタ、
今晩夜空を見上げましょう。

(下コメント)
織姫&彦星的には、「プラネタリウム」って
ノーベル賞をあげたいぐらい画期的なものなんでしょうね。
だって、確実に天の川で再会できますから。
うーん、ロマンチックです。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  投影機って惑星っぽいよね



       -受賞者-T.Kさん(29pt.)



  プラネタニウムだと思ってた。 何の元素やねん。



       -受賞者-和製家長さん(20pt.)


(上コメント)
たしかに! あの投影機こそ惑星か、
宇宙船のような感じがします。
わざとああいう形にしているのかなぁ、
グッドデザイン賞をあげたいところです。

(下コメント)
僕もお題を発表する時、
「あれ? リウムだっけ? ニウムだっけ?」と
一瞬ど忘れしてしまいましたよ。
正しくは、
「プラネット」(惑星)
  +
「アリウム」(繋がっている物・場所・施設)
で「プラネタリウム」だそうです。



◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
今回の「プラネタリウム」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  「満点の星空」

  「まぁるい映画館」

  「オールスター総出演」

  「これは、夜空を映しただけの、映画です」

  「星がやたらリアルな3D上映は、なんか嫌」

  「普段、僕が忙しく動いていると、星は止まって見える。
   ここで座って見上げると、星は動いて見える。」


1つめは、「プラネタリウム」って完璧な星空だなぁと。
2つめは、「プラネタリウム」って映画館だよね、と思い。
3つめは、星(スター)がいっぱい出てくるので。
4つめは、あれって言わばシンプルな映画だよなぁ、と。
5つめは、凸凹したリアルな星がいっぱいだったら気持ち悪いかも、と。
6つめは、ふと思ったことをつぶやきで。

ということで、今回の「シンクロでうれしいで大賞」は、
2つめの映画館の発送に近かったこの作品にあげちゃいます。


  子供だけに与えられる夢の映画館


       -受賞者-ローリングズコーンズさん(22pt.)



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・寒さも虫もヤンキーも気にせずに楽しめます。

・星屑のステージ

・今見てる空も実はそうなのかもしれない。??

・宝石ドーム

・地球の中の小さな宇宙

・相手が宇宙じゃ? だれもが下から目線。??

・星空の夢物語は、時に心地よい寝物語になる。



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・夜空を見に行こう

・愛もBUMPもいきものがかりも

・自然の星空をお好みでアレンジ?

・アナログな仮想現実

・宇宙×地球コラボ

・夜空ノムコウには何があるんですか?

・宇宙への小旅行???

・ミニチュアドーム球場

・とにかく暗いところに行きたいカップルにお勧め

・想像力がしぼんできたら。

・濃厚な夜空

・天体動物園

・ちょっとした非日常

・鑑賞中の飲食、特にヌードル系はおすすめしません。

・圧倒的にリアルなフェイク

・社内プレゼンのモニターに使ってみたところ、
 会社のトイレットペーパーがシングルからダブルになりました。

・昼空始めました(AMEMIYA風)

・くまだまさしの人間プラネタリウム

             (他36作品)



今回もたくさんのご応募をありがとうございました!
いよいよ秋に突入。今年も残り少なくなってきましたが、
またやります。お楽しみに!




◎某市運営のプラネタリウム、市民からの通報により
 映写する星の数を偽装していたことが発覚。

 「市長が元 阪神タイガース赤星選手の大ファンで、
  赤い星を1つ足していました…。
  まさかバレるとは…。申し訳ございません」
 
 市では、30億3215個を30億3214個に訂正し、
 来週から上映を再開する方針。
 見事発見した市民の名は公表されていない。

         (月刊「sunny-yellow天体観測」10月号より)