2012年第3回キャッチコピーコンテスト「花」


めっちゃめちゃお待たせしました!
「2012年第3回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!

桜も徐々に葉桜になっていますが、
春は桜だけじゃありません。

ということで行きましょう!
今回は良い作品が多くて最後まで悩みました。

景色を彩る、心を彩る。
「花」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  はかないから花かい?



       −受賞者−T.Kさん(18pt.)


(コメント)
この作品の素晴らしさは、
なんといっても語呂のいい言葉遣いでしょう。
「はかないから」という6つの音だけで、
散るがゆえに美しいという「花」の魅力を表現しています。
2位にある2作品と最後まで優劣を悩んだのですが、
数日経っても頭から離れなかったのがこの作品でした。
記憶に残るキャッチは、やっぱり良いキャッチです。



★★ お気に入り第2位 ★★



  百詞は一花に如かず。



       −受賞者−テントショップボーイさん(18pt.)




  グレーな心もカラーに変わる。



       −受賞者−時速150kmさん(7pt.)



(上コメント)
気持ちを伝える上で言葉はとても有効な手段ですが、
言葉よりも気持ちが伝わる方法もあります。
百の言葉を並べるよりも、
一輪の花の方が愛が伝わりそうですね。
故事をうまく文字ったナイスキャッチでした。

(下コメント)
「花」が持つ力を、一番端的かつ上手に
表現していたのがこの作品でした。
昔、「春キャッチ」で
「モノクロ→パステル」(C)9ちゃんさん
という作品がありましたが、色をうまく使って
明るくさせる「花」のイメージを伝えたところは技ありですね。



★★ お気に入り第3位 ★★



  その場所を特別にする。



       −受賞者−テントショップボーイさん(23pt.)



  ゆりかごから墓場まで



       −受賞者−Y.Nさん(11pt.)



  一番感動した花は、
  先生がくれた通知表に咲いていた。



       −受賞者−時速150kmさん(12pt.)


(上コメント)
ものすごく納得してしまった一本。
「花」って、まさに
「特別な感じ」をプラスする名脇役だと思います。
パーティーも、葬式も、入学式も、卒業式も。
思えば、「花」に助けられている場面って多いですね。

(中コメント)
時間軸という発想は僕にはありませんでしたが、
なるほど、「花」って人の人生に寄り添っている存在ですね。
つい先日、祖母の葬儀があったところなので、
お別れの前に棺に入れた花を思い出して、ぐっと来ました。

(下コメント)
丸よりも二重丸。二重丸よりも花丸。
幼い頃、先生が描いてくれるあのランクアップ記号が
どれだけうれしかったことか。
忘れかけていた「花」の存在を思い出して、
懐かしい気持ちになりました。



★★ お気に入り第4位 ★★



  世界に色がある理由



       −受賞者−テントショップボーイさん(26pt.)




  妻への白旗



       −受賞者−たみきちさん(11pt.)




  記録より記憶に残る贈り物



       −受賞者−時速150kmさん(15pt.)


(上コメント)
ひょっとしたら、
今回で一番カッコいい表現だったかもしれません。
少し表現が遠回しではありますが、
モノトーンの景色に
「花」だけ色をつけたような写真と一緒に
この言葉を使いたいと思いました。

(中コメント)
「花」というテーマを通じて、
日常の生活感を感じられる作品ですね。
妻とケンカした後の最後の切り札として
「花」を使ってしまう気持ち、よくわかりますよ。

(下コメント)
そう、そうなんです。
僕も同じことが頭をよぎっていたんですが、
「花」って1つの贈り物だと思うんですよね。
何の時に「花」をもらったかは忘れていても、
もらったという記憶はちゃんと残っているものです。



★★ お気に入り第5位 ★★



  静かで美しい自己主張



       −受賞者−T.Kさん(19pt.)




  物騒な言葉に花をつけると何故か和む



       −受賞者−Y.Nさん(12pt.)



(上コメント)
「花」って美しいですよね。
見方を変えれば、その美しさを
自己主張しているようにも見えます。
でも、何も語らない。
そんなクールビューティーな「花」の雰囲気を
うまく表現していますね。

(下コメント)
たしかに。
「曇り」も「花曇り」というだけで情緒が出ますし、
「吹雪」も「花吹雪」なら美しい。
「花札」は…、やっぱり物騒でしょうか?
余談ですが、沖縄の与那国島だけで醸造が許可されている
アルコール度数の高い泡盛のことを「花酒」と言います。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  姓は花、名は太郎!悩めるサラリーマンの味方だ!



       −受賞者−ミスター尻ASSさん(6pt.)



(コメント)
不覚にもツボにハマってしまいました。
いくら正義の味方でも、名前によっては
マヌケなキャラになることのお手本ですね。
真剣な決めゼリフなのに、
「花」という言葉があるだけでほっこりしてしまいます。
やっぱり心を和ませる存在なんでしょうね、「花」って。



◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
さて、今回の「花」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  ・地上のsunny

  ・色と香りのプレゼント。

  ・光に照らされた存在を「華」と言い、
   誰かを照らす存在を「花」と言う。
 
  ・チューリップの花言葉「唇でチュー」

  ・ハナ肇は別種です。


1つめは、心を明るくさせる身近な「花」の存在を。
2つめは、やっぱりこういう贈り物かな、と。
3つめは、前から気になっていた2つの文字を
自分なりに定義づけてみたかったので。
4つめは、チューリップの意味がこうだったらいいな、と。
5つめは、昭和ネタで共感カモーン。

ということで、今回の「シンクロでうれしいで大賞」ですが、
今回はシンクロを感じる該当作品がありませんでした。ごめんなさい。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・3D絵画

・鼻と同じ音にしちゃった日本人のバカ。

・被写体率ナンバーワン

・姿で魅了し、香りで落とす

・「子」がつくと、突如お笑い風になる。

・四季折々の絨毯

・束になって、かかってこい!!



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・種から始まり種に終わる

・花に水をあげるように。

・三割打てない冴えない貴方も、たった一輪で素敵な男。

・花が散っても命は続く。

・気がつけばそこにある大切な物

・生存とビジュアル

・美しさには訳がある

・人間やったらモザイクかかる器官ですよ!

・根あってこそです。種あってこそです。

・どちらかと言えば団子派だ。

・咲くと後は散るだけです

・なぜ女性はもらうと嬉しいのだろう?

・幸せバロメーター

・咲いたら摘まれた

・心を映し出す鏡

・愛の代名詞

・俺って良く菊と間違われんだよね。

・花というより鮑

          (他、13作品)


たくさんのご応募をありがとうございました!
まだまだ春は始まったばかりです。
花屋に行くよりも、公園にでかけてみましょう。
それでは、次回をお楽しみに!




☆TOTO、INAX協賛
 「トイレの花子さん the Movie」絶賛公開中!
 主演の花子さん役を務めた山田花子、
 「私の顔を映画館の巨大スクリーンで
  2時間見続けるなんて、ある意味怖い」

       (月刊「sunny-yellowシネマ」4月号より)