2012年第5回キャッチコピーコンテスト「家」


今週末はまた雨か。
くそー、梅雨、どっか行け!

憂さ晴らしも込めて、
「2012年第5回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!

今回は、当たり前のような存在だからこそ
普段はなかなか気づかないモノにスポットを当ててみました。

良い作品が多くて悩みました。
久しぶりに1位も2作品。ありがとうございます。

それではいきましょう!
Oh!Yeah! 「家」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  かぞくの充電器



       −受賞者−MYCAL小久保さん(18pt.)




  あなたの根場所。



       −受賞者−うりたろうさん(40pt.)



(上コメント)
「充電器」というワードを持ってきたあたりが
上手だなぁと思いました。
「家」って、家族それぞれが疲れを癒す場所でもありますが、
「癒し」以外でそれを表現するのって
なかなか難しいんですよね。
この作品は、充電という行為で表現したあたりがナイス。
電力やらスマホやら言っている、
今の時代にマッチした作品だと思います。

(下コメント)
そう、「家」ってつまり
自分の「根」なんですよね。
「家」があることによって自分に基点が生まれるというか、
ものすごい安定感をくれる存在だと思います。
そのあたりを短く言ってしまったこの作品、お上手です。



★★ お気に入り第2位 ★★



  ローンでドーン。



       −受賞者−うりたろうさん(47pt.)




  1日3食・風呂・トイレ付き。



       −受賞者−K.S兄さん(40pt.)


(上コメント)
いやぁ、この言葉の勢い、大切ですね。
説明の必要がないでしょう。
「家」を買おうか迷っている人も、
この音に乗せて言葉を発すれば気が楽になって
すぐに購入してしまいそう。

(下コメント)
これも上手だなぁと思いました。
ホテルなんかではよくこんなデータを見かけますが、
「家」を宿泊施設と考えたら。
この上なくサービスが整った場所じゃないですか。
改めて、「家」の良さを実感させられたキャッチでした。



★★ お気に入り第3位 ★★



  ひとり暮らしのときは部屋、家族ができたら家。



       −受賞者−K.S兄さん(45pt.)




  「ただいま。」と「おかえりなさい。」を「ありがとう。」



       −受賞者−テントショップボーイさん(32pt.)




  デートコース上級編。



       −受賞者−うりたろうさん(52pt.)


(上コメント)
僕も一人暮らしをしていましたが、
たしかに当時は「“部屋”に来る?」と言ってました。
もちろん、一人暮らしでも家を買っている人は
そうではないんでしょうけど、
ちょっとした気づきを与えてくれた作品でした。

(中コメント)
やさしいキャッチですね。
こんな言葉を言えるのも、
「家」という存在があるからこそ。
ホント、ありがとうを言いたい気分です。

(下コメント)
今回唯一のラブ路線、
ある意味で際立っていました。
どちらかの「家」に行くなんて、
たしかに上級者コースですよね〜。
そこに親までいたら、最上級者コースです。



★★ お気に入り第4位 ★★



  最後はあたしのところに帰ってくるんでしょ



       −受賞者−D.Mさん(13pt.)




  無からほこりを生み出す箱。



       −受賞者−うりたろうさん(55pt.)




  子供の頃は、かえる場所
  大人になると、かえすもの



       −受賞者−たみきちさん(15pt.)



(上コメント)
年上の彼女を思わせるこの言い方が、
なんともいいですね。
まぁ、なんだかんだ言って
最後はたしかに帰るわけですよ。
あなたの包容力には勝てません。

(中コメント)
ここに「いいね!」ボタンがあったら、
主婦層は皆さん押してしまうんじゃないでしょうか。
「家」って、なぜあんなに
勝手にほこりが次々と生まれるんでしょう?
ほこりが出ない家が開発されたら、少々高くても売れると思います。

(下コメント)
「家」に帰る子どもと、
「家」のローンを返す大人。
同じ場所に暮らしている人間同士なのに、
こうも違うとは。面白い対比ですね。



★★ お気に入り第5位 ★★



  ホームが一番アゥェーでした。



       −受賞者−ミスター尻ASSさん(13pt.)




  泣きたくなったら帰る場所



       −受賞者−レッドキャベツさん(8pt.)




  わたくし立博物館



       −受賞者−時速150kmさん(17pt.)



(上コメント)
わかる気がします。
「家」の中の自分が、
一番下っ端扱いされているような…。

(中コメント)
子どもの時、ケンカしたら
みんな泣いて「家」に帰りました。
裏返せば、「家」って泣いても許される場所だったんでしょうね。

(下コメント)
友だちの家に行くと、これを実感します。
「家」って、その人にまつわるアイテムが満載で、
まさに博物館ですよね。おもしろい言葉使いです。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  独身でもマイホームはあるんじゃい!



       −受賞者−T.Kさん(26pt.)



(コメント)
おっしゃるとおり!
「家」は家族がいる人だけのものじゃありませんからね。
心からの叫び、たしかに承りました!
だからと言って、僕には何もできませんが。



◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
さて、今回の「家」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  ・ヒトの巣

  ・公の中の私空間

  ・器物を破損しても怒られません。
   裸で歩いても捕まりません。

  ・俺’s 基地

  ・つまり、外出中以外はココにいます。

  ・The 固定資産税

  ・建て! 建つんだ、城ぉ!


1つめは、宇宙視点で見たら
人間が生息している巣のようなものだな、と。

2つめは、結局プライベート空間を確保するために
あるものなんだな、と。

3つめは、ある意味無法地帯であることを。

4つめは、男の心理で言うとこういうことだよと。

5つめは、つまり人間の行動は
外出中か「家」にいるかの2パターンだなと。

6つめは、僕にとっての「家」って
税金のイメージしかないので。

7つめは、なかなか大きな家が建てられない
サラリーマンの心の叫びを、あしたのジョー風に。


ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」ですが、
1つめの「巣」の視点に近かったこの作品にあげちゃいます。


  スに戻ろう。


       −受賞者−うりたろうさん(56pt.)



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・三ツ星ホテルのさらに上。

・子どもを、いっしょに育ててくれました。

・家族を守り、家族に愛され、家族と一緒に年をとる。

・弁慶多発

・通販生活のためにはあった方が便利。

・家族といれたら、そこが家。

・家族の時空

・iHome



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・守れますか?

・Naghome

・「ほっ」とスポット

・職場よりも疲れる場所

・建ててからが大事です

・家族が戻ってくる場所

・関西地方はソース臭い

・広い家より、大きい家より、居心地のよい家。

・城の様な邸宅からダンボールまで

・買う時は金より勢いである。

・思い出詰め込む宝箱

・灯りの数だけ幸せがある

・おいしいニオイのするところ。

・足音にも個性があることを知りました。

・いちばん、おもいでにのこる場所。

・おかえりー。

・どんな回復系よりも効く。オルニチンよりオウチニン。

・家と塀→YEAH!HEY!

・10年前、家長がK リーグのベンチを暖める選手に
 成り下がるなんて、思いもよらなかった。

・こんな「新築一戸建て」はイヤだ!
 ・玄関を開けると解放的な吹き抜け空間が広がるワンルーム。
 ・高性能太陽光発電ソーラーパネル製造ライン付き。
 ・駅ナカ。

          (他、21作品)


たくさんのご応募をありがとうございました!
またやります。お楽しみに!




◎「崖の上のポニョ」「火曜サスペンス劇場」並みのスリルが
 あなたの日常に!
 話題の潮力発電システムも完備の未来タウン、
 「マリーナ de 東尋坊」絶賛分譲中。

         (sunny-yellow住まいるマガジン6月号)