2012年第6回キャッチコピーコンテスト「オリンピック」


とにかく暑いぞ!
「2012年第6回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!

きたー、夏ですね。
いい感じの暑さになってきました。

海の向こうではもっと「熱い」祭典が始まっています。
さぁ、ロンドンに向けて叫びましょう!
みんなが注目! 「オリンピック」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  天下一運動会



       −受賞者−うりたろうさん(66pt.)


(コメント)
いやぁ〜、バッチリ言い切りましたね。
後味さっぱり、余計な説明のいらない文句なしのキャッチです。
「オリンピック」って、日本人的感覚では
どうしても海外のモノのようなイメージがあるのですが、
あえて漢字で、しかもドラゴンボール風に言ってしまうと、
なんだかとても親近感がわきます。
この6文字があるだけで、「オリンピック」の見方が変わりそうな作品ですね。
どこかのテレビ局に販売したいぐらいのナイスキャッチでした。


★★ お気に入り第2位 ★★



  夏も冬も、人は世界一を決めたがる。



       −受賞者−K.S兄さん(52pt.)




  選手は記録と戦っている。私は眠気と戦っている。



       −受賞者−うりたろうさん(73pt.)


(上コメント)
これも面白い。人間の特性から
「オリンピック」をうまく表現していますね。
忘れていましたが、冬もありますからね。
「僕ら人間って、どんだけ世界一を決めたいねん!」と
ツッコんでしまいました。

(下コメント)
結局、大半の人はテレビで観戦すると思いますが、
その時に実感するのが、まさにこのキャッチ。
「俺も眠気ぐらいには勝とう」と
妙な使命感にかられて観戦してしまいます。
寝不足でも心は熱く、
これも一つの「オリンピック」の醍醐味ですね。



★★ お気に入り第3位 ★★



  もはやコカ・コーラのための大会である。



       −受賞者−テントショップボーイさん(37pt.)




  200年に50度、開催されます。



       −受賞者−K.S兄さん(57pt.)



(上コメント)
おぉ!同感!
コカ・コーラのプロモーションが上手なせいもありますが、
「オリンピック」と言えばコカ・コーラ社のイメージがあります。
CMばかり観ていると、コカ・コーラ祭りと勘違いしてしまうぐらい。

(下コメント)
数字のマジックですね。
4年に1度と言われると久しぶりな感じもしますが、
こういう風に言われると
「けっこーしょっちゅうやってるのね」と思ってしまいます。
200年に50度の祭典、どうぞお楽しみください。



★★ お気に入り第4位 ★★



  ガンバレ! 年下たち!



       −受賞者−テントショップボーイさん(40pt.)




  一生懸けた一瞬の夏



       −受賞者−ミスター尻ASSさん(16pt.)




  鍛錬発表会。



       −受賞者−K.S兄さん(60pt.)



(上コメント)
コレ、感じてますよ。リアルに。
出場している選手って「スゴイなぁ」と思うわけですが、
よく考えればみんな年下なんですよね。
なでしこJAPANの澤でさえ年下と聞いて、
軽くショックを受けたぐらいです。

(中コメント)
「オリンピック」って、選手は皆、
人生をかけて大会に挑んできます。
でも、勝負は一瞬。たったひと夏。
例えは悪いですが、セミの生涯に近いせつなさを感じますね。
観る側も、決して見逃してはいけない気がします。

(下コメント)
「発表会」というワードが
「オリンピック」っぽくていいですね。
参加することに意義がある、と言われますが、
この大会って、つまりは
「個々の頑張りを発表する会」じゃないかと思うわけです。
勝ち負けよりも、世界に成長を見せる場というか。
だから清々しい感動があるんだろうなぁと思います。



★★ お気に入り第5位 ★★



  オスプレイも尖閣もちょっと忘れてガチ勝負。



       −受賞者−Y.Nさん(17pt.)




  日本人が金を取る→次からルール改定。



       −受賞者−T.Kさん(28pt.)




  すみません、参加賞ってどこでもらえるんですか?



       −受賞者−テントショップボーイさん(17pt.)


(上コメント)
世界では、今日も色んな問題や紛争が発生していて、
でも、そんなことなんて関係なく、
様々な国が一堂に会して汗を流す。
いいですよね。国同士のゴタゴタも、
ミサイルじゃなくスポーツで決着をつければいいのに。

(中コメント)
あるあるですね。
僕らが日本人だからそう感じるのでしょうが、
なんだか常にルール面ではアウェイな感じがします。
柔道の判定が問題になっていましたが、
次の大会からまたルール変更、かなぁ…。

(下コメント)
盲点でしたが、メダル以外の参加賞は
一体どこでもらえるんでしょう?
でも、絶対あるはず。興味津々。



◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  何も浮かばねぇ…!!



       −受賞者−K.S兄さん(66pt.)



  五輪で胸いっぱい
  七輪で腹いっぱい


       −受賞者−和製家長さん(14pt.)




  女子一輪車サッカー日本代表「彼岸花JAPAN」、
  初戦の相手はヨーロッパチャンピオン
  「ラ・フランスフランス」に決まりました。
  その後も「バナーナフィリピン」と
  「バナーヌエクアドル」の強豪国同士の勝者と当たる死のグループ。
  一方、前回王者「大熊猫的中国」は
  アフリカの古豪「パピルスエジプト」と1回戦を戦います。


       −受賞者−テントショップボーイさん(47pt.)




  学校関係のみなさまへ
  やっぱり、順位は決めるべきだと思います。
  国歌斉唱、ありだと思います。
  根性、気合、なんか関係あると思います。

  そして、お父さんお母さんへ
  四年に一度の夢、たっぷり見させてあげましょう。

  がんばれ、ニッポン!
  がんばる人は、ステキです。


       −受賞者−時速150kmさん(23pt.)



(1つめコメント)
「オリンピック」キャッチを考えている時の心の叫びを、
北島康介の名言風に表現した作品。
皆さんの苦悩が伝わって笑いました。

(2つめコメント)
大阪だけなのかな?
「七輪」という焼肉チェーン店があって、
これがまたうまいんですよ。
それだけの理由ですが、なんかイイので選びました。

(3つめコメント)
いつからでしょうね。
「○○JAPAN」というフレーズが必須になったのは。
今は「なでしこJAPAN」がメジャーですが、
他の国でもフレーズがあるなら、
こんな面白い解説が実現するんだと思います。
個人的には、バナナ対決に注目したい。

(4つめコメント)
うん、順位は決めるべきだと思いますよ。
手をつないで徒競走なんてやめましょう。
美しい競争の見本が、「オリンピック」にはあるはずなので。
教育委員会の皆さん、ぜひご検討を!



◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
さて、今回の「オリンピック」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  ・「金とか銀とか、銅でもいいっす」。

  ・世界の視聴率、90%、

  ・いきなり全世界デビュー。

  ・絶対に負けられない試合が、真夜中にある…。

  ・4年に1度のほこたて対決!
   「聖火リレー vs バケツリレー」

  ・地球がまるごと観客席だ。

  ・「ラジオ体操」で金メダル

  ・その時、僕は通天閣の上で
   記念メダルを手にしていた。

  ・第30次 世界対戦

  ・金 銀銅(キム ギョンヨル)



1つめは、メダルになんてこだわっていない
強がりを見せつつも、せめて銅メダルは
持って帰りたいという選手の本音を。

2つめと3つめは、
よく考えればものすごい視聴率&注目率だよな、と。

4つめは、テレビで観客する身としての葛藤。

5つめは、一度見てみたい
点火と消火のガチンコ対決を。

6つめは、地球上いろんなところの人が
この大会に注目しているので。

7つめは、こんな種目があってほしいな、と。

8つめは、所詮、庶民はこんなレベル。

9つめは、ロンドンオリンピックを
歴史の教科書風に言うなら。

10こめは、特に意味なし〜。


ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」ですが、
今回は該当作品なしです。ごめんちゃい。



■■ 次点。おしかったね。 ■■

・高校の同級生は三大会連続銀メダルでした。
 数学オリンピックだけど。

・視る方にとっても集大成。

・地球大運動会

・「北京オリンピックから麻雀が正式種目に!」は、やはりデマでした。

・輪をもって尊しとなす

・マイナー競技の祭典



●●その他の作品も一部ご紹介●●

・お茶の間の祭典。

・四年に一度だけ世界が一つになる祭典

・真夏の夜に視る、真昼の夢。

・参加することすら壁が高い今、
 参加しようとすることに意義がある。

・TVチャンネル争奪戦 休戦期間

・みんなが陸上競技をちゃんと見る大会。

・スポーツで世界は平和にならない事の証明

・世界中の【最高】が今集まる!

・世界で一番キミは「谷」。

・古代ではフルチンピックです。

・選手村に行ってみたい

・キン!ギン!ドウ!変身!!
 ♪ キギド キギド キギド〜

・みんなすっぴん

・超人×鳥人×挑人

・世界最強の大人の事情。五輪真弓を持ってしてもぶち破れず。

・ニッポン!と叫ぶ 唯一の舞台

・金メダルには副賞としてフィッシュアンドチップス一年分。

・時差計算の特訓期間

・キャットファイトを陸上の正式種目に。

・4年前の自分って何してたっけ?
 4年後の自分って何してんだろ?
 と、自分の立ち位置を見直す期間。

・例えるなら、KARA

・ある意味、ゴールドエロメダリスト

          (他、24作品)


たくさんのご応募をありがとうございました!


◎ロンドンオリンピック5日目。
 今大会からの新種目「誠実アンサー」の予選が遂に開始。

 「あなたが落としたのは、金のメダルですか?」
 という審判の問いに、
 「いえ、私が落としたのは銀のメダルです」
 と答えた日本代表の田中誠司選手、銅メダルに。
 
 不可思議な判定に、日本選手団、
 「この競技は何が正解なんだ!?」と猛抗議。

          (sunny-yellow五輪通信 7/31配信分より)