No.2511 手紙は言葉を残し、言葉は気持ちを残す

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

昨日、
何気なく押し入れを整理していたら、
懐かしい手紙が出てきた。

もらったことは覚えていたけれど、
内容までは忘れていた手紙。
読み直すと、心が一気に昔に戻った。


手紙とメールは、やっぱり違うね。
メールの削除は簡単でも、
手紙を捨てるのには勇気がいる。

だから、こんな風に何年も
捨てきれずにいるのかもしれないけれど。


もちろん、メールだって意図的に消さなければ
手紙と同じようにちゃんと気持ちが残る。

昨日、震災から1年ということもあり、
色々な記事が飛び交っている中にこんなものがあった。

お父さんにメールを書こうとして、途中で息絶えた少女。
携帯電話にその内容が残っていたらしい。
http://livedoor.3.blogimg.jp/amosaic/imgs/c/5/c5671aeb.jpg


手紙やメールを捨てるかどうかはさておき、
まずは言葉にしておくことで、
気持ちを残すことができる確率は高くなる。

古い手紙を握りしめながら、
何度も言葉をかみしめた。


そう言えば、明日が誕生日だったな。

今どこで何をしているかのはわからないけど、
いつかどこかでこの気持ちが届くことを祈って、
ここに言葉を残しておこうと思う。


 「誕生日おめでとう。
  あなたのことだけは、一生忘れません。
  大切な思い出をありがとう。
  今でも毎日感謝しています」