No.2569 朝のループ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

朝の公園。
犬を連れた女性が散歩していた。

「ちゅん、ちゅん」と
スズメが鳴いているのが可愛かったらしく、
女性は足を止め、
木の切り株の上にお菓子を並べた。

すると、数匹のスズメが切り株の上に集まってきて、
ちゅん、ちゅん、パクパク。
その様子を見て、女性は幸せそうに笑っていた。


ところが、
どこからともなく鳩が飛んできて、
そこからドラマは始まった。


突然飛んできた鳩を見たスズメが
切り株の上から逃げて、
一瞬にしてお菓子は鳩のものに。

それを見た女性は、
怒って鳩を追い払う。

少し離れた場所に逃げる鳩。
その様子が面白くて、
ワンワンと鳩を追いかける犬。

その隙に、
スズメはまた切り株に戻ってきて、
女性はまた笑う。

でも、
鳩もあきらめずまた切り株へ戻ってきて、
女性が怒って、鳩が逃げて、
犬が追いかけて、スズメが戻って、
鳩が帰ってきて。


生き物たちの終わりなきループが、
のどかな公園の中で続いている。

今日も地球がまわっている気がした。