No.99 北海道へ行ってきました


いやー、お久しぶりです!
長い間お休みしてごめんなさい。
夏の衝動が止まらなかったもんで。

相変わらず、夏いっすねー。
みなさん、この夏はどうお過ごしですか?
僕はとりあえず
夏の盆休みを利用して、北海道に行ってきました。

旅行記が書けそうなくらい色々あったんだけど、
今回の旅行で体験した出来事を3つほど。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●青空を映す直径3kmの鏡●

今回の旅で8つほどの湖を見た。
その中でも格別に美しかったのが
世界屈指の透明度を誇る「摩周湖」。

そのあまりの透明度ゆえに、空が水面に映って
でっかい鏡を見ているようだった。


●旭川のがんこ親父●

「旭川って言や、ラーメンでしょ」という訳で
旭川でおいしそうなラーメン屋を探した。
数々ある店の中で、たまたま選んだのが
行列の出来てた「ラーメン青葉」。

びっくりしたのが、そこの親父。
頼む前から俺の注文が決められていた。
後の客も同様。



 「兄ちゃんは味噌、姉ちゃんは醤油な!
  それやんと意味がないのよ」



そうして次々と親父は 客の注文を決めていく。

そこまで言うだけあって、ラーメンは死ぬほどウマかった。
スープだけで一つの料理として成り立つくらい。

ああいう店に行列ができるのは、
ある種 みんなマゾ的なものを求めているのもあるんだろうな。

何でも自分色にできる世の中で
人の色で注文が決められてしまう〜ってのに新鮮さを感じて。
まあ とにかく味は感動的だった。



●太陽を味方につけた町●

国道を右に曲がると、目の前が一瞬 太陽の色になった。
北竜町という小さな町にあるそこは、
別名「ひまわりの里」。

一面に広がる約50万本のひまわりが
太陽の光を全身で受け止め、
その光景は まるで地上の太陽のよう。

「サンフラワー」
誰が名づけたか分からないその名前を
僕は思わず そっとつぶやいてしまった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆