No.2680 『sunny-yellowホームページ』 リニューアル記者会見


◆=========================================◆

『sunny-yellowホームページ』
リニューアル記者会見

◆=========================================◆

司会「皆さん、本日はお忙しい中
   お集まりいただきありがとうございます。
   只今より、『sunny-yellowホームページ』(以下、HP)
   リニューアルにあたっての記者会見を行います。
   Hさん、よろしくお願いします」

H 「よろしくお願いします。」

司会「今回のHPリニューアルは昨年末ギリギリになったため、
   sunny-yellow会員の皆様から事前に質問を募集している
   時間がございませんでした。それゆえ、
   一般記者の方からの質問のみとさせていただきますので、
   悪しからずご了承ください。それでは、質問をどうぞ!」


記者「HPリニューアルおめでとうございます。
   早速ですが、リニューアルしようとお考えになったのは
   いつ頃からだったんですか? また、その動機は?」

H 「思い立ったのは、昨年の春前ぐらいだったと思います。
   たまたま旧HPを見ていた時、
   『そういえばこのHP、な?んとなく作ってから
    そのままテキトーに運用してきたよな~。
    もう少し、今の時代に合った感じに変えてもいいかも』
   と、思ったのがきっかけです」

記者「思い立ったのが春前で、リニューアル公開が12/31。
   約10カ月ほど時間を要していますが、
   予定どおりだったんですか?」

H 「いえ、ここまでかかったのは想定外でした。
   はっきり言えばリニューアルを舐めていましたね。

   そもそも、旧HPの内容を移行するだけでも
   膨大な量の情報があるわけですよ。
   それに加えて、ここ数年サボっていた更新分の追加、
   そして、最新の機能の導入など、
   やることは実はアホほどたくさんあったわけです。

   それでも、なんとか11月末には目途をつけていたのですが、
   12月初旬にまさかのデータクラッシュ…。
   失意のどん底を味わいつつもサーバーを立て直し、
   なんとか復旧作業を続けたわけですが、
   12/30に友人との忘年会を終えた後、
   徹夜で仕上げた時は、死ぬかと思いました」

記者「それは本当にお疲れさまでした。
   今回のリニューアル、
   特にこだわったポイントはどこですか?」

H 「一番こだわったのは『検索性』です。
   旧HP時代から膨大なおはなし&キャッチは掲載していましたが、
   本当に『掲載しているだけ』だったので、
   探している言葉に巡り会うことが難しかったんですね。

   新HPでは、1話1話のおはなしやキャッチコンテストに対して
   発表年数やジャンルなどの情報を埋め込むことで、
   かなり検索しやすくしてみました」

記者「単なる移行ではなく、
   そうした地道な作業を行っていたから
   リニューアルまでの時間がかかったわけですね」

H 「そういうことです。
   家族にはまったく意味が理解されないであろう、
   肩身の狭い地道な作業でした」

記者「なるほど。他にポイントはありますか?」

H 「あとはやはり、『レコメンド機能』でしょうか。
   ほら、Amazonとかで買い物をすると、
   『あなたにおすすめの商品は?』って出てくるでしょ?
   どうにかして、あれをやってみたかったんですよ。
   そのおはなしを読んでいる人にピッタリの
   別のおはなしを、自動的にお薦める機能を」

記者「読者も忘れているおはなしが多いでしょうから、
   この機能はなかなか便利ですね」

H 「例えば、お酒のおはなしを読んだ人には、
   お薦めに『お酒』キャッチの結果発表が表示される。
   これって、なかなかナイスだよなぁと思うんですよ。

   旧HPのように『おはなし』と『キャッチコンテスト』を
   分けて掲載するのではなく、両者を同じデータベース内に
   格納した理由はそこにあります。
   まだまだ精度は粗いですが、
   徐々に改善しながら使いこなしていきたいと思います」

記者「今回のリニューアルでは
   機能面の充実がメインだったようですが、
   デザイン面ではいかがですか?」

H 「デザイン性、と言えるほど
   見栄えにこだわったわけではありませんが、
   sunny-yellowのシンボルカラーである太陽色(オレンジ)をベースに、
   『文字と色だけでどこまで見やすく表現できるか』に
   こだわってみたつもりです。
   そのため、写真は各ページの上部にしか使用していません」

記者「写真と言えば、
   毎回、見る度に違う写真が表示されるのですが?」

H 「ええ、お察しのとおり、
   写真はランダム表示にしています。
   『金魚が出たら吉』『ひまわりが出たら大吉』など、
   色々な楽しみ方をしてもらえたらなぁと思いまして。
   写真のバリエーションについては、これから徐々に追加していく予定です」

記者「よく見ると、おはなしの各ページには
   Facebook、Twitter用のボタンまで設置されてありますが」

H 「よく気づきましたね。
   まぁ、ぶっちゃけて言えば
   『今風っぽく付けてみたかっただけ』なので、
   利用してもらわなくて結構です。
   どうしてもやりたい方は
   SNSでシェアしてもらってもいいですが、
   私の名前は秘密にしておいてくださいね」

記者「今後の更新頻度について、ご予定はありますか?」

H 「いえ、特にありませんが、
   前より更新が簡単になったので
   キャッチコンテストの結果やポイントなどについては
   サボらずタイムリーに更新しようと思います。
   あとは、かいつまんで色々公開しようかと。
   あまり期待せずに、いつもメールで届くおはなしの
   補助的なツールとしてご利用ください」

記者「今後のHPの位置づけについて、
   sunny-yellow代表としては
   どのようにお考えでしょうか?」

H 「sunny-yellowグループの活動は
   今後もメール中心でやっていきたいと思っていますので、
   HPに力を入れていくつもりはありません。
   一応作ってみた
   “なんちゃって”HPだと思ってもらえれば十分です。
   一見、外部向けのような雰囲気で作ってありますが、
   実際は『会員の皆さん向け』のつもりですので」

記者「では、会員の皆さんには、
   どのようにHPを活用してほしいですか?」

H 「簡単に言うと、懐かしい言葉が並んでいる
   『アルバム』のような存在として活用してほしいです。

   HPには、私の言葉だけでなく、
   皆さんが発した言葉もたくさん載っています。
   検索BOXに自分のペンネームを打ち込めば、
   きっと自分自身も忘れていた作品や言葉が出てくることでしょう。
   そうした言葉を眺めながら、ニヤニヤしてもらえたら幸いです」

司会「質問が続いている最中ですが、
   そろそろお時間ですので
   会見を終了させていただきたいと思います。
   追加の質問がある方は、個別にお問い合わせください」

H 「ありがとうございました。
   これからもよろしくお願いします」