No.2698 「三段論法」か「三段オチ」か


幼稚園にも「卒園文集」なるものがあるらしく、
息子が汚い字で何やら紙に書いていた。

寝静まってからその紙を見ると、
こんなことが書いてあった。



 【幼稚園で面白かったことは?】


  (      リレー      )




 【大きくなったら何になりたい?】


  (  ボルトのようになりたい  )




ボルトと言っても工具ではなく、
もちろん、あの短距離選手のウサイン・ボルトである。

「へぇ〜、初めて聞いたぜ」と思いながら
ニヤニヤして読み続けていると、
その隣に「憧れる有名人は?」という質問が。

当然、ボルトかスポーツ選手だと思って読んでみると、



 【憧れる有名人は?】


  (    にのみや かずなり   )



なんで嵐やね〜ん!
ほんで、なんで
ジャニーズのフルネームまで知ってるね〜ん!

少しズッこけた…。
おい息子、せめて
サッカー選手の名前ぐらい書けよ。

というか、話の展開おかしいやろ。

走るのが好きです
 →ボルトになりたい
  →ジャニーズに憧れます、って…。

動物が好きです
 →ムツゴロウさんになりたい
  →希少動物を乱獲する仕事がしたいです

と言ってるようなもんやろ?


「三段論法」をきちんと教えるべきか、
それとも、無意識のうちにできている
「三段オチ」の能力を伸ばしてやるべきか。

うーん、実に悩むところだ。