No.135 雨の降る境目 


今日は「懐かし恥ずかしの作品集」のコーナーです。
確かこれは高3くらいに書いたっけなー。

雨のふるタイミングが誰にも分からないように、
恋の終わるタイミングも、誰にも分からない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「雨の降る境目」

うつむきながら駅を出た
あなたの街の駅では降っていた雨が
ここではもう やんでいる

電車に乗ってて気がつかなかった
いったい 雨の降る境目はどこだったのか
私達の恋の境目は どこだったのか

頬から流れ落ちる ひと滴
ずっと雨が降ってれば
涙だと気づかなかったのに

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆