2013年第4回キャッチコピーコンテスト「掃除機」


そろそろ梅雨入り?
入る前に、やる!
「2013年第4回キャッチコピーコンテスト」の発表です!

引っ越し後の作業では大活躍してくれた今回のお題、
日常に近いモノだからこそ難しいですが、
皆さんはどのように料理してくれたんでしょうか?

ゴミもホコリもお任せあれ。
「掃除機」キャッチ!



★★ お気に入り第1位 ★★



  得意種目は、床です。



       −受賞者−K.S兄さん(61pt.)




(コメント)
この視点、なかったですね〜。

今回のような家電のキャッチを考える時は、
ついつい機能面から考えてしまうのですが、
そうすると結構言葉が限られてしまうもの。
今回、「掃除機、むずかしいなぁ…」と
感じた人も多いと思います(僕もそうでしたが…)。

このキャッチは、そういう意味では
何も機能を言っていません。
でも、なんだかキュートですよね。
「コイツ、床が得意なんですよ」って自慢したくなります。
1つお手本を見せられた気がしました。



★★ お気に入り第2位 ★★



  吸ってぇ〜、掃いてぇ〜、吸ってぇ〜、掃いてぇ〜。



       −受賞者−時速150kmさん(9pt.)




  キレイ系の、うるさ系



       −受賞者−うりたろうさん(31pt.)



(上コメント)
コレ、僕も同じことを考えていて
ある意味ではシンクロ大賞なのですが、
やっぱり笑えるので選びました。
「掃除機」が一人言でこんなことを言いながら
頑張っていたら、かわいいです。

(下コメント)
たしかに。
ジャンル的にはキレイ系なんですが、
音は本当にデカイですから。
「いびきが大きい美人」のような感じですね。
それはそれで、愛すべき存在です。



★★ お気に入り第3位 ★★



  超呼吸。



       −受賞者−orange pekoriさん(13pt.)




  家事場のパパ力



       −受賞者−時速150kmさん(14pt.)



(上コメント)
「呼吸」という言葉を持ってきたあたりが好きです。
「掃除機」って、呼吸する家電ですよね。
しかも、“超”がつくぐらいのパワーで。
ウルトラ深呼吸マシンとも言えるのかもしれません。

(下コメント)
火事場ではまったく役に立ちませんが、
家事を任されたパパにとって、
「掃除機」は何よりも心強い味方です。
お父さん的には好感度が高い言葉ですね。



★★ お気に入り第4位 ★★



  掃音問題



       −受賞者−うりたろうさん(34pt.)




  中身の汚いそーじき者



       −受賞者−テントショップボーイさん(42pt.)




  汚れなき低姿勢。



       −受賞者−K.S兄さん(64pt.)



(上コメント)
あのうるさい音、たしかに問題ですよ。
夜中に動かせない時点で、
ある意味、近所迷惑にもつながる騒音問題です。

(中コメント)
正直者でないところがミソですね。
「掃除機」、実は腹黒いですよ〜。
まぁ、パックを詰め替えれば改心しますが。

(下コメント)
たしかに、いつもかなりの低姿勢です。
上から見下ろされたことはありませんね。
高低の視点はなかったので新鮮でした。



★★ お気に入り第5位 ★★



  ヒトクルミエハル



       −受賞者−Y.Nさん(19pt.)




  わりいな、みんなのゴミを、ちょっとだけオラに分けてくれ!



       −受賞者−ミスター尻ASSさん(17pt.)




  手で拾った方が早いときがあります



       −受賞者−D.Mさん(5pt.)



(上コメント)
自宅に友人を招く時、
まっさきに手に取るのが「掃除機」でしょう。
少しでもきれいな部屋にして、
見栄を張るためのグッズ。なるほど。

(中コメント)
こう言って働いていたらキュートですね。
「ハウルの動く城」に出てくる
カルシファーの声で叫んでほしいです。

(下コメント)
これは、あるあるネタですね。
「掃除機」を手に取ると、
ついついテンションが上がって
なんでも吸いたくなるのですが、
意外と手で拾った方が早い時があります。
というより、手で拾うようなゴミは吸えないので、
吸おうとして、管が詰まることもしばしば。




◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆



  「大損」、吸引力の無いただ一つの掃除機です。



       −受賞者−テントショップボーイさん(48pt.)



(コメント)
吸引力がなければ、そりゃ大損でしょう。
本家のダイソンではなく、
中国製のパクリものを想像してしまったのは
僕だけでしょうか?




◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
今回の「掃除機」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。


  ・わが家のゴミ収集車

  ・新製品でも吸式です

  ・吸ぅ〜引ぃ〜ん

  ・空気アンチ清浄機

  ・ホウキの放棄型。

  ・象型ロボット

  ・実は、ブラックホールの入り口です。

  ・今度のルンバは、煙草を吸います。



1つめは、でっかい作業車が
家の中にもあるようなワクワク感を。

2つめは、
「吸う家電」であることを。

3つめは、
吸う家電であることを効果音風に。

4つめは、
あの排気、なんとかならんかな…と。

5つめは、
ホウキを買わないならコレだよね、と。

6つめは、
ドラえもん的な愛着がわくように。

7つめは、
「だったらいいな」ということを。

8つめは、
掃除機に人格を与えてみました。



ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」は、
4つめの空気清浄機の視点に近かった
この作品にあげちゃいます。



  アロマ加湿機能追加



       −受賞者−レッドキャベツさん(2pt.)




■■ 次点。おしかったね。 ■■

・片付けからやってほしい。

・毎日、床を這い回ってくれて、ありがとう。

・床舐めずり

・ハイハイからひとり歩きへ。

・くびれ形成機

・家政婦のルンバ。

・吸えない掃除機はただの乗り物だ




●●その他の作品も一部ご紹介●●

・風に流そう

・ついていきます。コードの限り。

・外車は高いよ

・ルンバ以外はかなり人力

・無理するとうなされます

・ヨゴレ必殺仕事人

・コードを巻き取る快感が俺を掃除へと駆り立てる!

・家電のうるさ方

・最近のはかしこすぎて、泣ける。

・たまには俺を吸え!
   ↑
  過去のキャッチへのオマージュ(笑)

・ぶつかり稽古

・大昔からあったら
 「おしん」や「シンデレラ」はなかった。

・もはや汚れポイントまで
 勝手に探してしまうマルサな野郎である

・いたちごっこ

・剛力掃除機

・吸い込むときのジャリジャリっていう音が、快感。

・床を這いずり回る”アレ”が、
 後のターミネーターであることを、
 当時の人類は知る由もなかった。

・ルンバに勝つためランバダだ

・吸引力は菜々緒以上

          (他14作品)


たくさんのご応募をありがとうございました!
次あたり、そろそろ夏ネタでしょうか?
まずは梅雨を乗り切りましょう! では!




◎日本家電学会、世界市場における
 日本製「掃除機」のイメージアップのために、
 Perfumeを真似たアイドルユニット
 「Vacuum(バキューム)」を結成。

 「ソウちゃん・ジーちゃん・キーちゃん」
 という安易なネーミング、
 尻の部分にホースをつけただけという
 小1発想レベルのコスチュームなどに世界が落胆し、
 午後から株価暴落。日経平均300円。

       (sunny-yellow共同通信5/28配信ニュース)