No.2829 中秋の名月は翌日が美しい


昨日は中秋の名月だったこともあり、
多くの人が夜空を見上げていた。

きっと月にしたら、



 「急になんやねんな、君ら〜。
  今夜だけじゃなく、
  いつも照らしてるっちゅーねん」



という気持ちだっただろうね。

人々の注目というのは、
いつの日も気まぐれなものだ。

その人や物に関係なく、
ある日突然スポットライトを当てられては、
すぐにライトを消される。

灯りを消したのはそっちのくせに、
「あ〜、そんなのおったな」
「アイツは消えたな」な〜んて言われる。

実は、一度ライトを浴びてからの方が
人や物って輝くのにね。



きっと、今夜も月は夜空に浮かぶ。
それを眺める人は
昨日よりぐんと少なくなるだろう。

でも、きっと今夜の方が
月は美しく見えるよ。

だって、
ライトが当たっていないから。