No.251  男の魅力は「ルパン」に学べ


ルパンが言った。



 「あ~ばよ、とっつぁ~ん♪」



銭形が続いて



 「待て~ぇ~、ルパ~ン!」



それを見た次元は



 「フッ…。
  ったく、ルパンの奴しょーがねーなー」



そして静かに五右衛門が



 「まぁ、よいではござらぬか。
  奴もああ見えて 銭形がいなくては淋しいのだ。」



そこに不二子が。



 「あ~イヤだイヤだ。
  ホント男って子供なんだから。」




脳天気な「ルパン」に
バカの一つ覚えが滑稽な「銭形」、
結局自分の力を誇示したがる「次元」に
客観的な冷静さを持つ「五右衛門」、
そして、自分以外に興味を持たない「不二子」。

ルパン(赤)、銭形(黄)、次元(黒)、
五右衛門(青)、不二子(ピンク)。
ルパンはある意味、ゴレンジャー。

話を進める上で、
それぞれ欠かせない役割を担ってる。

でも、なんだかんだ言っても
やっぱりルパンを中心にみんな集まっている気がする。

その理由、それは…
他の人の特徴を
ルパンがすべて兼ね備えているからじゃないの?

時にはバカに、時には冷静に、
時には負けずぎらいに、
時には自分の欲望のままに。

なんとなく、表情の多い人ほど
人を集める魅力があるような気がする。