No.11 一人暮らしの留守番電話

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

「誰かおるの分かっとんねんぞぉ-」と、一発かましてから
いつもどおりの一人の部屋に帰宅。
ふと見ると、留守番電話でランプが点滅している。

再生を押すと、まずは母の声。



 「生きてるんですか、死んでるんですか-?
 たまには電話してくださ-い」



コ-トを脱ぎながら、ちょっと笑う。
と、思ったら



 「お姉ちゃんにかわりま-す」



オイオイ、たらい回しか?



    「お姉ちゃんで-す。
    えっとな-、お姉ちゃんやっと自分の車買って-ん。
    お父さんはブツブツうるさいけどな、関係ないね-ん」



また笑いながら、冷蔵庫のポカリスエットを口につける。



    「お父さんにかわるね」



何?俺の一番苦手な相手。



    「お父さ-ん。お父さん、何照れてるんよ。
    しゃべったらエエやんか」



20秒ほど束の間のやりとり。
そんなもん留守番電話でやるなよ。

親父が出る。



      「もしもし!Sくんかいな?」 



何で他人行儀やねん。



      「元気でやっとるんかいな?」 



アンタには言わんけど頑張ってるっちゅ-ねん。



      「またな!ガチャ。
      プ-ッ、プ-ッ、プ-ッ。
      9月16日午後9時16分、1件です。ピ-ッ」



「ホンマ何やねん、この家族は」
ベランダでタバコを吹かしながらの独り言。
気がついたら、親父と同じタバコを吸っている。

何だかんだ言っても、
親父よ、俺はアンタの息子だ。