No.101 素直になれない父と子


休みの間に 一日だけ実家に帰った。
毎度のごとく 俺が帰ると家が騒然とする。

「夜10時に帰る」といって、
ちょうどその時間に家に着く。

   ピンポ~ン。

まず出迎えるのは、やっぱりオカン。

靴を脱ぐと 階段をかけ降りる音とともに
半狂乱な姉キの声がする。

 「おっ、かっ、えっ、り-!」

とりあえず食卓のイスに腰を下ろす。
な~んにも変わってない いつもの実家。
電子レンジだけ変わったかな。

姉キが2階に親父を呼びに上がる。

 「お父さ-ん!お父さんて。
  も-、S史が帰ってくるまで起きとけって
  言うたんお父さんやろ-!」

親父は起きてるくせに 2階からなかなか下りてこない。

しぶしぶ親父が下りてくる。

   「ワシ、そんなん言うてへん」

 「言うたから 私もお母さんも起きてるんやろ-!
  も-、エエ加減素直になったら-。
  何歳まで息子と会うのに照れてるんよ。」

親父と姉キの言いあい。

オカンは笑って飯をよそう。
俺は黙って味噌汁をすする。
うまい。

来た。親父だ。

   「S史くん、元気かいな。」

     「うん。」

   「そうか、ワシはもう寝るわ」

親父は姿を消した。

その後深夜まで
オカンと姉キからの質問ぜめ。
無事帰ってきた宇宙飛行士の記者会見みたいに。

我が家の夏の夜は
そんなドタバタの中ふけていった。