No.414 親父の味噌汁

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

ゴ-ルデンウィ-ク中、実家に帰った。
ついこの間帰ったばかりなのに、
やっぱりどこか懐かしかった。

毎晩深夜までツレと遊んで、
4時に寝て12時頃に起きる生活。

その日も昼頃目を覚まして、1階の食卓に行くと、
親父がテレビをつけたまま
新聞を読んでくつろいでいた。



 「おぅ、起きたか。いつも遅いのぉ。」



   「うん。」



10年前から少しも変わらない、
父と息子の不器用な会話。

テ-ブルの上にあった、
オカンが用意した昼飯のハンバ-グを食べ始める。

と、いきなり親父が立ち上がって、
“じゃがいも”の皮をむき始めた。



 「味噌汁ぐらい食っていけ。」



親父は慣れない手で、
じゃがいもと玉ねぎをむいて味噌汁を作りだした。

コンロから漂ってくる、ほのかなガスの臭い。
ひたすら“おたま”で鍋の中をかきまぜる親父。

何も気づかぬふりをして、
わざと飯を食うスピ-ドを落とす僕。



 「ほら、食っていけ。」



親父の自称十八番、
“じゃがいもの味噌汁”が完成した。

乱切りもはなはだしい、ゴツゴツのじゃがいも。
皮も沢山ついたまま…。

決してうまいとは言えなかったが、
僕はゆっくりとその味噌汁をたいらげた。

あたかも味噌汁が無かったら
ハンバ-グが食えなかったかのように、
交互に箸をつけながら。

時に、「幸せってなんだろう」と思うことがある。

それは意外と、カッコ悪くて、コテコテで、
とても不器用なものではないだろうか。