No.263  ファンタオレンジ


暑い暑い夏の日。



 「行こうぜ!」



かけ声と同時に、
僕らの野球はひと休み。

プラスチックのバットもゴムのボールもそのままに、
みんなで川のそばにある自動販売機へと走る。

誰よりも速く 誰よりも一生懸命に
50円玉2枚をしっかりと握りしめながら。



 「ハァ…、ハァ…、到着~」



一番はやく自動販売機の前に着いたヤツから
ゆ~っくりと50円玉を2枚入れる。

ウィーン、ガチャーン。
膝のあたりから汗をかいた
ファンタオレンジが飛び出してくる。

帰り道は 忍び足。

走って揺れたら炭酸がブォーって飛び出すから
缶のふたもあけないまま
そーっと そーっと
いつもの日陰まで もう少し。

全員が日陰に到着したら、
みんな「せーのっ」でプシュ-!

シュワシュワ~。
も~うガマンできない。行くぞ!

ゴク、ゴク、ゴク。
ぷは~!



 「うめぇ~!」



そして僕らはまた野球を始めた。
夕陽が沈んでボールが見えなくなるまで、ずっと。