No.276 不思議な友達


怒ったり優しかったり、
表情はあるのに顔はない。

得体のしれないその姿を目の前にして、
「オマエは何者だ」と僕はそいつを問い詰めた。

ザ- ザ-

相変わらず、単調なノイズで返事をしやがる。
理解不能。

「あんなヤツ知るもんか」、
アクセルを踏みながら そう言い放ったのも束の間、
気がつけば また僕はそいつの前でたたずんでいる。

何なんだ、このパワ-は…

その瞬間、
太陽の光がそいつにエメラルドの輝きを与えた。
美しい。

男のようで、女のようで、
捕らえどころのない変なヤツ。
人はそいつを「海」と呼ぶ。