No.297  丸い地球のエンドレス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

「風が吹けば、桶屋が儲かる」って
すごい話だと思う。

え-と、たしか
風が吹いたらホコリが舞って、
ホコリが舞ったら失明する人が増えて、
失明する人が増えたら
三味線を弾く人が増えるから三味線が売れて、
三味線が売れたら
それに用いる猫の皮がたくさん必要になるから
猫が少なくなって、
猫が少なくなったら食べられる心配のなくなった
ネズミが増えて、
ネズミが増えたら
桶をかじられる数が異常に増えて、
かじられた桶が増えたら
桶を買いに来る人が増えて、
桶を買いに来る人が増えたら、桶屋が儲かる、という話。

もしこれで、
「桶屋が儲かったら風が吹く」という繋がりができれば、
その現象はエンドレス。

日常にありません?
世の中がつながっていることを感じる瞬間や、
地球が丸い理由を感じる瞬間。

簡単な話をすれば、
あなたが笑うと それを見た人が笑顔になる。
笑顔になった人を見たら、また自分も微笑んでしまう。

短いけど、これも立派なエンドレス。