No.319  無数のアルコールランプ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

今回のキャッチコピ-コンテストのお題「お酒」。
結果は明日発表しますが、
そもそも酒ってなんなんでしょう。

今日は
僕の夢に出てきた旧約聖書に書いてあった
酒のおはなしを。

—————————————————–

「水分補給ばかりじゃ、人間もつまらないだろう」。
そう言って、神は空から一滴のしずくをたらした。

水分80%の人間のカラダに、
まだ見ぬ不純物がまぎれこんだその瞬間、
人間の感覚が一つ増えたという。

数年後、
人間はその不純物を研究し続けた結果、
自らの手でそれを生みだすことに成功した。

アルコ-ル。
そう名づけられた可燃性の不純物は、
今もなお
世界中の人々の心に火をつけ続けている。

そんな下界の様子を見て、
神がこう言ったとか、言わなかったとか。
「おう、まるで無数のランプが灯っているような美しさだ」。

—————————————————–

きっと今夜もあなたのそばで、
小さなアルコ-ルランプが灯っています。