No.333  嘘のサンパチ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

「ウソの3・8(さんぱち)」という言葉がある。
人がウソやデタラメを言うときに、
3と8を多用するというあの説のこと。

例をあげれば、
「おばあちゃん何歳?」「38歳!」や
「オレ有名人に3人ぐらい会ったことあるで」など。

数字ってのは無限にあるように思えて、
実は人が意識しているのは10進法。
1~10までの数字をベ-スに
僕らは数字をとらえてるらしい。
特に1と10に関しては、
疑いようのない特別な「完璧さ」を感じてるんだとか。

3と8は、最下限の1、最上限の10からみて
どちらも2つぐらい離れた距離にある。
人の心理ってのは、実はこんなところにあるんだよね。

2や9は、あまりに完璧に近すぎて気がひける。
5や6は、あまりに完璧から遠すぎておもしろくない。

だから3と8。
いや~、奥深い。

恋人に「今、友達3人と遊んでる」なんて言われたりしたら、
なにとぞご注意を。

「アンタは8月生まれ」と母は言ったが…。
今日でおはなし、333回目。