No.335  16歳のクリスマスストーリー


12月がやってきた。
師も走るほど忙しい、この月が。

クリスマスやら忘年会やらカウントダウンやら、
とにかくこの月は忙しい。

毎年12月になると、
高校に内緒でバイトを始めた時の失敗を思いだす。
前にも話したことあるかもしれないけど。

当時の彼女にクリスマスプレゼントを買うために、
僕は12月からビフテキ屋でバイトを始めた。

学校が終わって部活で練習をして、
部活が終わったらバイトして、
とにかく金をためるために
とてつもなく忙しかったのを覚えている。

忘れもしない、12月23日。

いつもどおり11時ぐらいに
バイトの先輩と一緒に帰ろうとしてた時に、



   「イブの日学校昼までやろ。シフト入ってくれへんか?」



とチ-フに言われた。



 「え…?」



よくよく考えれば当たり前のことで、
入ったばかりのペ-ペ-が、
一番忙しい日に休めるはずなどなかった。

でもそれまでの僕の頭の中には、
イブの日 彼女と幸せに過ごしている
淡いイメ-ジしかなかった。



12月24日。

終業式が終わると、
僕は彼女のところに行って(同じクラスだったのね)事情を話した。

彼女は怒って、プレゼント用に買っていた
緑のマフラ-を僕に投げつけて走り去った。

…。
午後のバイトはブル-一色だった。

いつもどおりワインボトルを磨いても
グラスを並べても気持ちがのらない。

頭の中は、彼女のことで一杯だった。



15:00。
夜の準備のために、一度店を閉める時間がきた。

店先の札を「CLOSED」にした後、
みんなで店のソファに座ってコ-ヒ-タイム。
僕は終始下を向いたままだった。

そんな時、
山田さんという先輩が「おい!」と僕を呼んだ。
顔を上げると、
チ-フも先輩も、みんな僕の方を向いて笑ってた。



   「行ってこい。ただし、夕方には戻れよ(笑)」



チ-フが僕にそう言った。



       「よっしゃ-行け~!」



先輩が僕の着ていた制服を脱がし始めた。



 「はい!」



僕はどうしようもない笑顔で
店を飛びだした。



30分後。
僕は彼女と一緒に、
彼女の家の近くの公園にいた。
彼女はまだ少しふくれていた。

何度も謝って、1時間。
やっと彼女が笑ってくれた。



時計を見ると、16:30。
夕方までは時間がなかった。



 「ごめん! 夜にまたここで会ってくれる?
  絶対戻ってくるから!」



僕はまた急いで自転車に乗った。
彼女は笑って手をふった。



店についたのは開店の5分前。
みんなに歓声で迎えられた。



   「よっしゃ-、働こか-!」



チ-フが叫んだ。

夜のバイトは快調だった。
店にやってくるカップルに
はりきって白ワインをつぎまくった。



22:30。閉店。

僕は急いで着替えをすまして、公園に向かった。
チ-フがくれたシャンパンを片手に、
緑のマフラ-を首にまいて。



23:00。夜の公園。

二人でベンチに座りながら、
ポケットから取りだしたロウソクに火をつけた。



  「きれ~い!」



橙色の光に揺れる彼女の顔。
シャンパンをあける栓抜きは忘れたけれど、
僕達は幸せだった。

今でもロウソクを見るだびに、
ビフテキ屋のみんなの顔、彼女の顔を思いだす。

12月。

みなさん、
今世紀最後の素敵な思い出を作りましょうね。