No.2912 サッカー少年になっていたかも(幼少期の日記より)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

野球部出身だけど、サッカーも好き。

もしも子どもの頃、
もっと早くサッカーに出会っていれば
人生変わってたかなぁ〜。

と、考えていたら、
自分とサッカーとの出会いがいつだったかを
振り返りたくなった。


こういう時に便利なのが、
子どもの頃に書いていた「日記」だ。

オカンの強烈な勧めもあり、
4〜5歳の頃から毎日日記を書いていた。
今でも変わらず毎日おはなしを書けるのは、
当時培ったポテンシャルのおかげなのかもしれない。

さて、
そんな日記をペラペラとめくっていたら、
あったあった、サッカーにまつわる内容が。
(以下、全文当時のママ)


================================

 しょうわ57ねん 3がつ4にち


 おとついのことです
 ようちえんで さっかーをしたんだ

 きくぐみのりすぐるーぷと
 うさぎぐるーぷがあかぼうしです

 うさぎぐるーぷが ぼくのぐるーぷです

 しろぼうしが もるもっとぐるーぷと
 らいおんぐるーぷです

 でも しろちーむは
 はんそくをつかってばっかり

 そりゃかてるはずですね
 しろちーむははんそくですね

================================

自分の幼少期には、
サッカーというスポーツなんてまだ
存在していないようなイメージがあったけど、
ちゃんと幼稚園で経験していたんだね。
ちょっと意外。

当時、
「きくぐみ」の「りすぐるーぷ」だった僕が
サッカーを楽しんだのかどうか、
この日記の内容からはよくわからない。

ただ、どうやら負けたことは悔しかったみたいだし、
「はんそく」が分かるということはルールも知っていたはずだから、
それなりに興味を持ってプレーしていたんだろう。


白チームは
「はんそくをつかってばっかり」だったようだけど、
ずっとボールを手で持ってラグビー戦法で勝ったんだろうか?

もしもこの時、白チームが反則をすることなく、
りすグループの僕がゴールでも決めていたら、
日記の内容は「ごーーーる!」に変わっていたかも。

そして、そのまま僕は調子に乗って
大空 翼をめざすサッカー少年になっていたかもしれない。

たった1日の経験が、その後
何十年の道まで変えてしまうんだから、
人生って不思議なものだ。

2月19日。
今日という1日が、
これからの人生を変える可能性もある。

ジジイになったら、この話を書いた
今日を振り返ってみようと思う。