No.2953 「トムとジェリー」が飽きない理由


「定番」と呼ばれるものは
いつだってシンプルで、それでいて息が長い。

最近、子どもたちが「トムとジェリー」に
やたらとハマっているんだけど、それを見ていると
シンプルであることのパワーを実感する。

トム&ジェリーって、
ストーリー的にはめちゃくちゃ単純。

トムとジェリーが
ひたすら追いかけっこを繰り広げる。
ただそれだけのアニメだ。

それだけなのに、子どもたちはもちろん、
僕たち大人が何度見ても飽きない。
ジェリーの頭脳プレーによって
トムがやられる展開は容易に想像できるのにね。

なぜこんなに飽きないのか、
作品を違う視点で眺めていたら、
なんとなく理由がわかった。

きっと、追いかけっこの舞台が
常に「日常」だからだな。

日常が舞台というのは、
ドラえもんやサザエさん、ちびまるこちゃん…etc.、
どのロングセラーにも共通することだ。

日常を舞台にして
それを非日常的に楽しく描いてあるからこそ、
いつまでも飽きずに楽しめるんだろうね。

じゃあ、
その日常ってどこにあるのかって?
そこそこ!
あなたの近く!今でしょー!


あとは、
過ごし方に“ひと工夫”を加えるだけ。

たとえば、
いつもより少しだけステップで歩いてみる。

洗濯物を手が届く順じゃなく
色順に取り込んでみる。

電車の中で、芸能人のそっくりさんを
3人以上さがす。などなど。

それだけで、今日はきっと楽しくなる。
ほんとに、たった、それだけでね。

今は昼飯中。
いつもとは違う喫茶店に来てみたら、
マスターのおばあちゃんが
めちゃ面白い人だった。

今日はいい日だ。