No.2957 「母の日」のプレゼントを買いに行こう


「主婦」って、大変な仕事だと思う。

家族の日常を支えているからこそ、
その努力が日常に紛れてしまって目立たない。

昨日も、朝から息子の参観日があったので
それに気づいたのはすでに午後を過ぎた頃だった。

 「あ…、今日、母の日やん!」

僕がそう声をあげた瞬間、
部屋でゴロゴロしていた子どもたちも
「あっ!」と気づいて。

「ちょっと遊んでくるわ~」と言いながら、
急いで3人で車に乗り、
母の日のプレゼントを買いに行くことにした。

ただ、威勢良く家を出たものの、
肝心のプレゼント内容が決まっていない…。
車を走らせながら、
子どもたちとの協議が続いた。

 「なぁ、何を買ったらお母さんは喜ぶと思う?
  お金はお父さんが出すから、
  何を贈るかはオマエらが考えてみ」

母の日で大切なことって、
やっぱり感謝の気持ち。

単にプレゼントを贈るのではなく、
お母さんの苦労や大変さを想像して
改めて感謝することに意味があるので、
子どもたちに考えさせることにした。

 「お母さんって、お前らのために
  いつも何してくれてる?」

   「え~、ごはんとか、そうじとか」

     「おせんたくも!」

 「そうやな。お母さんが家事をしてくれるから
  お前らもお父さんも生活ができるんや。
  家事って結構疲れるねんで」

   「そういえば、いつも
    『かたがいたい』っていってる」

想像が進むごとに、
徐々にお母さんの気持ちや
母の日の意義を理解していく子どもたち。

しばらくして、息子がこう言い出した。

   「そうや! かたがこってるなら
    マッサージクッションをかったらええねん!」

息子いわく、以前義理の妹に
マッサージクッションをプレゼントした時、
嫁が「お母さんもこんなんほしいわ~」と
言っていたそうで。

娘も「それがいい~♪」と賛成したので
近所のデパートで探してみたら、
結構いい値段がして思わず引いた…。

とは言え、お金を理由に
子どもたちのアイデアを却下しては
父の権威にかかわる。

う~ん…、そうだ!

 「なぁ、ヤマダ電機に行かへん?」

   「やまだでんき?」

 「あそこなら、いいヤツ売ってるはずやから」

良い物を売っている、なんて
文字どおり“子どもだまし”の言い訳。

本当の理由は、ヤマダ電機のカードに
貯まっていたポイントを使えば、
多少高い買い物でも大丈夫だからだ。ニヤ。

店に着くと、あったあった、
健康グッズコーナーに
たくさんのマッサージ機器が。

首肩用、腰用、ふくらはぎ用、足裏用など、
いろんな種類があったけれど、
ひとまず王道の「首肩用」を買うことに。

ところが、商品の箱を持って
レジに行こうとしたら、
“クッションの色”について
息子と娘がケンカを始めた。

   「おかあさんは白がすきやねん!」

     「ちがう! ピンクがすきなの!」

   「それは〇〇(←妹の名前)が好きなだけやろ?
    ちゃんとおかあさんのこと考えや!」

     「かんがえてるわ! あほぉ!」

どちらも折れないまま口論が続いた末、
しまいに娘が泣き出したので、仕方なく
息子の「白クッション」案を採用するかわりに
娘にはジュースを買ってやることで一件落着させた。

そんなドタバタもどこへやら、
家に帰る車の中で
子どもたちはやたらとテンションが高かった。

自分たちが選んだプレゼントを
お母さんに渡して驚かせる。

子どもたちにとって、それはきっと
ワクワクするイベントだったんだろう。

 「いいかオマエら、
  晩ごはんが終わるまでしばらく
  プレゼントは隠しておくから
  家に帰ってもニヤニヤするなよ」

と言っておいたものの、
テンションが上がった子どもたちに
そんな演技ができるはずもなく、
到着後、数分後で早くも
ネタばらし(プレゼント贈呈)をすることになった。

大きな箱を渡した瞬間、
子どもたちからの思わぬプレゼントに喜ぶ嫁。

「二人で選んでくれたん? ありがとうね」
と誉められて、ますます上機嫌になる子どもたち。

ヤマダのポイントで買えたので
僕の財布も痛まなかったし、
これが本当の“三方良し”ということで、
その夜は、家の中にいつもより笑い声が響いていた。

危うく忘れるところだったけれど
結果オーライで、めでたしめでたし。