No.2974 「女性専用車両」のリニューアル案


「笑っていいとも」の名物企画で、
100人の中で1人だけYesと答える質問を考える、
というものがあった。

一般的にはありえない内容だけど
1人だけ存在するような、
そんなギリギリのラインを考えるのが醍醐味で、
何度やっていても飽きずに楽しめたものである。

そんなことをふと思い出したのは、
今朝、

あるニュースを見ていた時だった。

先日、女性専用車両に反対する会の男性たちが
女性専用車両に入って抗議を始め、
女性と男性が大ゲンカに発展するという事件があった。

世論もヒートアップしたみたいだけど、
男性として、反対する気持ちは分からないでもない。

女性専用車両はガラガラなのに、
一般車両はすし詰め状態の時とかあるからね。
男女平等という名のもとに、
なんだか男性が虐げられているような感覚も覚える。

ただ、犯罪防止のことを考えれば
やっぱり専用車両って必要は必要なんだろう。

それなら、多くの人が主張しているように
男性専用車両を作るのもたしかに良い案だよね。
一部私鉄が検討を始めているらしいし。
(あまり意味がない気もするけれど…)

理屈っぽい話を抜きにしていいなら、個人的には
男女がどうのこうのとかトイレのような議論はやめて、
もっと面白くすればいいのになぁと思っている。

僕が電鉄会社の社長なら、
特別車両の内容を“日替わり”にする。

今日は「20代のワンピース女性専用車両」、
明日は「60代の白髪男性専用車両」、
あさっては「浴衣が似合う女性専用車両」などなど。

もちろん、あまり極端なターゲットに絞ってしまうと、
専用車両だけがガラガラになり、
他の車両がパンクしてクレームが発生する。

だからこそ、
冒頭に話した「いいとも企画」の出番。
ちょうど乗客数のバランスが良くなるように、
マーケティング視点であれこれ
日替わりターゲット設定を考えるのだ。

四国の方では、
2両しかないうちの1両が専用車両になって
大モメしたらしいけど、本当にバランスが良い設定なら
文句は出ないかもしれない。

もしも、3両あるうちの1両を専用車両にするなら、
どんな日替わりターゲットがいいかなぁ?
33%ぐらいの人が当てはまりそうなこと、ねぇ。

「阪神ファンだけど
 原監督は嫌いになれない人専用車両」
「選挙に一度も行ったことがない20代の人専用車両」
とかかなぁ。

絶妙なラインの設定があれば、
ぜひ電鉄会社に提案してあげてほしい。