No.3000 祝!今日のおはなし3000回記念 記者会見


☆★☆  めちゃ祝!今日のおはなし3000回記念 記者会見  ☆★☆

司会者
「えー、皆様、ワールドカップで忙しい中、
 お集まりいただきありがとうございます。
 只今より、sunny-yellowグループ主催
 『今日のおはなし』3000回記念記者会見を始めます」

 

H
「よろしくお願いしまーす」

 

司会者
「本日は多数の皆様にご出席いただいてる関係で、
 もしかしたらすべてのご質問には
 答えられないかもしれませんが、
 なるべく多くの質問にお答えしていきたいと思います。
 それでは、sunny-yellow会員の皆さん、
 マシンガンようにご質問をどーぞ!」

 

ローリングズコーンズさん
「遂に3000回達成!遂にここ迄来ましたね。
 まずはおめでとうございます」

 

H
「ありがとうございます」

 

テントショップボーイさん
「おはなし3000回記念記者会見!?
 、、、いつやるのか?」

 

H
「今でしょ!! 今からでしょ~!!」

 

ミスター尻ASSさん
「この喜びを、いったい
 ダレノガレに最初に伝えたいですか?」

 

H
「えーっと、できれば
 ダレノガレ明美さん以外の人に
 最初に伝えたいです」

 

スイカさん
「3000回!おめでとうございます!
 はじめた頃より、一番変わったな~と
 思うことはなんですか?」

 

H
「そうですね。一番変わったのは
 書くスタンスでしょうか。
 最初の頃は『何かを書いてやろう』という
 企みのような気持ちがありましたが、
 今は本当に無心というか、自分の心に
 『今日何書きたい?』と
 尋ねるように書いています。
 書き終えてみて、初めて
 自分の心境を知ることも多いです」

 

時速150kmさん
「3000回記念、おめでとうございます!
 小学校の卒業文集に書かれたとおり
 実現されましたね。心の中のリトルHは
 なんとおっしゃいましたか?」

 

H
「心の中のリトルHに聞いたら、
 『目の前にこんなに素敵なことがあるのに、
 お前はそれを表現せずにいるのか?』と言われました。
 ビッグマウスだと言われようがいいんです。
 僕は言葉で、sunny-yellowグループを通じて
 世界を明るく変えてみせます。きっ、キマったぁ~♪」

 

D.Mさん
「ズバリここまで続けられた要因は何でしょう?」

レッドキャベツさん
「3000回も続けられた一番の理由は?」

 

H
「その答えはシンプルですが、
 おはなしを読んだり、
 キャッチコンテストに参加してくださる
 会員の皆さんがいたからです。
 時々皆さんからもらう言葉や感想に、
 けっこー励まされてきましたからね。
 『こんなくだらない話でも、
 楽しんでくれる人がいるんだなぁ』と。

 続けてこられた理由があるとすれば、
 お世辞抜きに、
 会員の皆さんの存在以外思いつきません」

 

ローリングズコーンズ
「この偉業達成で、タケモトピアノのCMが決まられたと
 伺いましたが、出演に対する意気込みを聞かせて下さい」

 

H
「『子どもが泣き止む』という伝説を持つCMを任されたわけですから、
 ある意味で、父親日本代表に選ばれたも同然です。
 ピアノの鍵盤の上で華麗に踊ることができるように、
 全身タイツが似合うボディに磨きをかけたいと思います」

 

Y.Nさん
「すみません。お名前教えて下さい」

 

H
「H、です。
 えっ!? ここまで誰か知らずに
 会見に参加してたんですか??」

 

Y.Nさん
「毎日あの素敵な文章書けるのは
 やはり合法ハーブのおかげでしょうか?」

 

H
「ええ、もちろんです。
 正確に言うと、毎日合法ハーブティーを飲んで
 リラックスして書いているおかげです」

 

ロベルト・ハッシオさん
「お休み以外の最短記述時間は
 どのくらいでしょうか。?」

 

H
「僕が記憶している限りですが、
 数年前に一度、おやすむ気分でテキトーに書き始めたら
 予想以上に筆がノッてしまって
 2分程度で書き上げたことがありました」

 

orange pekoriさん
「これまで一番印象に残っている
 おはなしはどれですか?」

 

H
「そうですね~。おはなしって言わば
 自分の子どものようなものなので、
 3000人の子どもの中から一番かわいい子を選ぶのは
 本当に難しいんですが、あえて1つ選ぶなら、
 僕が自分の人生、sunny-yellowでやりたいことを
 表現した『Vol.989 ことば』でしょうか。
 http://sunnyyellow.ciao.jp/oHanasHi/821
 今でもたまに読み返しています」

 

みりんこさん
「やめたくなったことはありますか?」

 

H
「ありますよ。昔も一度
 会見の場でお話ししたかもしれませんが、
 キャッチコンテストの参加率が下がってきた時は
 いつも遊んでいた友だちが
 み~んな大人になってしまったみたいに寂しくなって、
 やめたくなったこともありました。
 ただ、多くの人に支えられて
 続けてきて本当に良かったなぁと思っています」

 

たみきちさん
「続けることの難しさを1番感じるのは
 どんなときですか?」

 

H
「難しさというのはあまりないですが、
 やはり、大人になるとどんどん
 自分の自由時間が少なくなってくるので、
 そのあたりは自分でも戦っている気がします。
 僕も人間なので、ぶっちゃけ
 書けるような状況じゃない日もありますからね。

 それでも、忙しさを言い訳にするのって
 一番カッコ悪いことだと思っているので、
 たとえ短い“おやすむ”でも何か書いていければと思います。
 同じように、会員の皆さんもおはなしを読みながら、
 いつまでも心の余裕を持ち続けてくれたらうれしいです」

 

K.S兄
「3000回もほぼ毎日いろんなことを
 『表現』して『伝えて』いるわけですが、
 そのことが日常や仕事のシーンで
 どんなふうに役に立っていますか?」

 

H
「頭の回転が速くなったり、感受性がより高まったり、
 書くスピードが上がったり、
 直接的なメリットはけっこー色々とありますが、
 中でも一番役立っているなぁと感じるのは、
 精神面でしょうか。

 書き続けることで、昔よりも自分の人生を俯瞰的、
 ドラマ的に捉えられるようになった感覚があって、
 苦難や逆境も楽しめるメンタルが養われた気がします。

 まさに、この間のおはなしでも紹介した
 チャップリンの言葉、
 『人生は、クローズアップで見れば悲劇、
 ロングショットで見れば喜劇』を胸に
 喜劇の毎日を体現している感じです」

 

うりたろうさん
「某県議のように号泣しながら
 達成の喜びを語っていただけますか?」

 

H
「それでは、うりたろう記者の質問にお答えいたします。

 わっ…私は、、sunny-イえローぉっぉおおお!!
 ウッハっフッハぁーン!!だからぁぁぁ、なぁんでぇ、
 ヒョッホぉっぉぉぉぉぉぉお~!!!ウッヒョーイ!!
 みな3のッハァーーーー!!!オカゲェェェと、
 もぉ!! アレですわァ~、ヒっク!ウァっはぁーん!!!
 ア゛ーーーーーあ゛ッア゛ーー!!!!りがtoHぅ!!」

 

K.S兄さん
「何故にあんなに城崎温泉に足を運んでいたのか、
 やっぱりあらためてお伺いしたいです」

 

H
「それでは、K.S兄記者の質問にもお答えいたします。

 ですからァァ、
 でぇん車にィィィィィィ乗るッホーーーでぇ、
 城ぉ崎にハァァァフゥーーーン、なんですゥわ!!
 なんで、こんなにック、一っ、生っ、懸ん、命ぃっ、
 答えてるのにぃぃ!なのやぁぁ!?ホぅぅン!!!

 …興奮のあまり、感情的になりましたことをお詫び申し上げます。
 お詫びに、今年の夏は
 架空じゃなく本当に城崎温泉に旅行に行きたいと思います」

 

ミスター尻ASSさん
「いいともに勝った。そうお思いですか?」

 

H
「バイキングにはすでに勝ったと思いますが、
 いいともに追いつくのは時間がかかりそうですね。
 個人的にベンチマークしてるのは、『世界の車窓から』です。
 あの番組、9500回を突破していますからね。ホントすごいです。
 追いつこうと思ってもどんどん列車に乗って
 逃げてしまうんですが、
 背中を追って頑張っていきたいと思います」

 

Y.Nさん
「本当に3000回も行ったんですか?
 コピペじゃないかという専門家の意見も
 ありますがどーなんですか?」

 

H
「間違いありません。
 実験には3000回成功していますし、
 ちゃんと自宅にノートもあります。
 字が汚くて見せられないだけです」

 

K.S兄さん
「STAP細胞は、ありますか?」

 

H
「STAP細胞はわかりませんが、
 sunny-yellow細胞は、ありまぁす!!」

 

和製家長さん
「小保方さんをユニットリーダーとして
 招聘するという話を聞いてますが。」

 

H
「ええ、すでに水面下では交渉に入っています。
 どう見ても文系のsunny-yellowグループに
 リケジョの星が加われば、
 鬼に金棒、ジャイアンにうまい棒です」

 

D.Mさん
「あえて3000回に意味を持たせるとしたら
 何でしょう??」

 

H
「うーん、そうですね。あくまで通過点に過ぎませんが、
 燦然と降り注ぐ太陽をイメージしたsunny-yellowとしては
 3000はとても縁起がいい数字ですし、
 その昔、『3000回行ったらオモロいなぁ』と
 冗談で言っていた数字を現実に達成したことは、
 なかなかファンタスティックだと思っています」

 

みりんこさん
「いつもパソコンでかいているの?それとも携帯?」

 

H
「両方です。
 パソコン:スマホ=7:3ぐらいでしょうか。
 最近は、新天地での執筆も楽勝になってきました」

 

K.S兄さん
「この3000回を迎える直前に転職されて
 さまざまな変化があったと思いますが、
 一番戸惑ったことは何ですか?」

 

H
「やはり、最初に戸惑ったのは
 おはなしを書く場所やタイミングです。
 さすがに新天地の職場ですぐに
 堂々と書くわけにもいきませんからね。
 しかも、長年使い慣れたMacからWinに変わりましたし。

 あと、これはうれしい戸惑いでもありますが、
 予想以上に早く家に帰れるようになったので、
 まだ日が暮れていないうちに帰宅することに
 罪悪感のようなものを感じて最初はドキドキしました」

 

テントショップボーイさん
「今年は、田中将大、本田圭佑といった
 超大物日本人アスリートの移籍が相次ぎました。
 そこを意識してのタイミングで
 転職を決められたそうですが、
 新しい職場での手応えは、
 『マー君』『本田』『板東英二』で言うと、
 どのレベルでしょう?」

 

H
「新しい職場において、
 ここまで残した実績はマー君レベルですが、
 確立したキャラは坂東英二レベルだと思います」

 

レッドキャベツさん
「いま一番なにが欲しい?」

 

H
「沖縄行きの専用ジェット機がほしいです」

 

コルシカ
「休日、Hお父さんは何時に起きていますか?
 (家事育児はどんなことしていますか?)」

 

H
「最近、早寝早起きの癖がついたので、
 休日でも8時ぐらいまでには起きています。
 休日の家事育児は、子どもの遊び相手や風呂入れ、
 そのほか、爪切り、耳掃除、布団の用意などが主な任務です。
 寝かしつけも僕の役目ですが、
 いつも逆に寝かしつけられてしまうので、
 休日の夜のテレビはほとんど見ていません」

 

レッドキャベツさん
「Hは今18歳。3回目のデートで
 彼女のジーンズのファスナーが
 半分あいてるのを見たらどうする?
 いまの歳で上の状況だったらどうする?」

 

H
「18歳でも今の年齢でも、
 彼女のジーンズのファスナーが空いていたら、
 自分も同じだけ開けます。
 相手が倒れた時、手を差し伸べるのが恋、
 一緒に倒れるのが愛、でしょう」

 

和製家長さん
「榮倉奈々以上の女優を落とす
 必殺キャッチコピーをこっそり教えてください」

 

H
「榮倉奈々さん、sunny-yellow的には
 年末のクリスマス映画公開が待ち遠しいですね。
 さて、落とすキャッチですか?
 これから花火大会の季節ですし、それはカンタンです。
 『キレイだね。バカ、違うよ、
 花火じゃない。オマエのことだよ』
 これで決まりでしょ♪」

 

D.Mさん
「小久保ジャパンに一言」

ローリングズコーンズさん
「今のサッカー日本代表に一言お願いします」

和製家長さん
「奥様の母校が夏の高校野球の地区予選で
 シードされているのをご存知でしたか?」

Y.Nさん
「何汁ドピュっとするんですか?」

和製家長さん
「松たか子とMay Jと
 どちらが紅白に出るべきでしょうか?」

 

司会者
「えー皆さん、
 本日は一応3000回記念の記者会見ですので、
 そのあたりはまた本人から
 個別にお答えさせていただきます。
 この場ではなるべくsunny-yellowに関係のある
 ご質問をお願いしまっす!」

 

和製家長さん
「sunny-yellowの上場の予定はありますか?」

 

H
「株式上場の予定はありませんが、
 いつも気分上々でやっていきたいと考えています」

 

うりたろうさん
「マクドナルドのスマイルのような
 サービスを導入される予定はありますか?」

 

H
「ええ、というか、すでに始めています。
 sunny-yellowグループの取り組み自体が
 マクドナルドのスマイルのようなものなので。
 これからも無料で、笑顔を配る取り組みを続けていきたいです」

 

Y.N
「ゆるキャラを作ると聞きましたが、
 どんなゆるキャラにするナッシー?」

 

H
「よくご存じで。
 実は、sunnyの国からやってきた妖精、
 “サニッシー(仮称)”のキャラ開発を進めていましたが、
 sunny-yellowグループ初代キャラクターの
 長尾漢字さんから猛烈な反対があり、断念しました。
 しばらくは、長尾漢字さんを起用していきます。
 http://sunnyyellow.ciao.jp/oHanasHi/2516
                                

 

D.Mさん
「普段は憎まれ口なのに
 おはなしではなぜあんなに素直なんですか?(笑)」

 

H
「付き合いの長いD.Mさんならわかると思いますが、
 本当はピュアな人間だからこその照れ隠しですね。
 余談ですが、『千と千尋の照れ隠し』という映画があれば、
 絶対に不評だったと思います」

 

レッドキャベツさん
「Hキャッチを一本。
 今日のおはなし読者メンバー
 それぞれのキャッチを一本ずつ」

 

H
「僕のキャッチコピーは、
 昔皆さんから募集したHキャッチを
 超えることはできないでしょう。
 http://sunnyyellow.ciao.jp/oHanasHi/1329

 メンバー一人ひとりのキャッチはおもしろそうですね。
 でも、ここで全員分書いていたら時間が足りないので、
 とりあえずレッドキャベツさんのキャッチだけ。

     『母ってね、背伸びをした少女なの』

 こんな感じでしょうか?」

 

スイカ
「Hさん作のポエムをもっと
 お話に登場させてほしいんですが。いかがですか?」

 

H
「ポエムの定義にもよると思うのですが、
 毎日のおはなしって、言わば
 詩のようなものでもあると思っています。
 俗にいう詩を書く時と、おはなしを書く時の気持ちは
 ほとんど自分の中では同じです。
 でも、ご要望とあれば、
 ポエムっぽいおはなしも書いていきますね」

 

たみきちさん
「お話の数だけ奥さんに愛の言葉を捧げるという
 当初の目標は達成できていますか?」

 

H
「毎日愛の言葉を捧げてはいませんが、
 ほぼ毎日送る“帰るメール”だけは
 いまだに笑いを追求しながら継続しています。
 http://sunnyyellow.ciao.jp/oHanasHi/817

 メールがLINEに変わったぐらいで、
 送る内容によって嫁に採点されるという
 システムは変わっていません」

 

みりんこさん
「奥様には、内緒ときいた記憶があるのですが、
 今もそうなんですか?」

 

H
「ええ、今もまだ内緒です。
 以前お話ししたとおり、おはなしは
 遺言の続きを書いているようなものですので、
 生きているうちに嫁に遺言を見せることはないでしょう。
 もしも僕が死んだら、誰か見せてやってください」

 

レッドキャベツさん
「10年後なにしてる?」

 

H
「あいかわらず、
 誰かや何かを愛してると思います」

 

うりたろうさん
「千年後くらいに『今日のおはなし』を
 古典として学ぶかも知れない
 未来の受験生に一言お願いします」

 

H
「『古典から何かを学ぶより、
  自分で書いて、自分の歴史を創りなよ』と
 アドバイスしたいですね。
 人の成功から学ぶよりも、
 自分の失敗から学んだ方がいいと思います」

 

レッドキャベツさん
「次の1000回でやってみたいことは?」

 

H
「イチロー選手のようなことを言いますが、
 日々書いている時は、
 特に回数って気にしていないんですよ。
 振り返ってみて初めて
 『あ、けっこー続いてたな』という感じなので。

 やってみたいことはたくさんありますが、
 ○○回に向けて!とか力まずに、
 鼻くそをほじりながら、のほほんとやっていきたいと思います」

 

ローリングズコーンズ
「このまま4000回に向けて
 書き続けるには何が必要となるでしょうか?」

 

H
「いや、ですから、
 4000回とかは気にしていなくて、」

 

テントショップボーイさん
「このペースでいくと、
 おはなし10000回を迎えるのは
 75才前後となる見通しです。
 具体的に何回くらいまでいけそうですか?」

Y.Nさん
「4000回を目指すと言うことですが、
 あなたはこの国を戦争ができる国にするおつもりか!」

 

H
「えーっと、だから、
 回数とか続けるとかは意識していなくてですね…」

 

D.Mさん
「どこまで続けたいですか?
 いや、そう言わずに言っちゃってください。
 えっ、死ぬまで?素晴らしい!
 皆さん、Hさんは死ぬまでおはなしを
 続けるということです。
 皆さん、Hさんに盛大な拍手を!」

 

H
「もう、それでいいっす!
 死ぬまでやってやります!!」

 

D.Mさん
「おはなしは既に私たちの歴史にもなっていますが、
 その点について何か?」

 

H
「もし、おはなしが皆さんの歴史にも
 なっているのであれば、
 それは本当に光栄なことです。
 最初から読んでいる方は、
 少なくとも当時より15年歳とったはずです。
 そして、15年の間に
 僕も皆さんも色々と変わったと思います。

 これを機に、僕が書いた3000回の
 バックナンバーを読み返してもらうのもうれしいですが、
 ぜひ、過去にご自身が書かれたキャッチコピー作品や
 対談内容を読み返してみてください。
 sunny-yellowグループが、皆さんの言葉で
 できていることがわかると思いますので。
 これからも、みんなの言葉で楽しくやっていければ幸いです」

 

司会者
「盛り上がっている最中に恐縮ですが、
 そろそろお時間も参りましたので
 これにて会見を終了とさせていただきます。
 まだ質問し足りない方は、ぜひ個別にどうぞ。
 本日はどーもありがとうございました」

 

H
「ありがとうございました。
 これからもぜひ、楽しくお付き合いください!」

 

            Special THanks