2014年第8回キャッチコピーコンテスト「テレビ」


10月寸前!間に合った!
「2014年第8回キャッチコピーコンテスト」の結果発表です!!

遅くなりましたが、もうすぐ10月。
下半期がスタートし、色々と変化がある時期ですね。

そういえば、こいつの中身も大きく変わる時期。
さっそくいきましょう!
庶民エンターテインメントの代名詞、
「テレビ」キャッチ!!

★★ お気に入り第1位 ★★

  一人時間のBGM

       -受賞者-S.Mさん(21pt.)

  一人暮らしのBGM

       -受賞者-T.Kさん(36pt.)

(1つめ&2つめコメント)
「テレビ」ってみんなで見て楽しむ
娯楽グッズでもありますが、
一人の時に心の隙間を埋めてくれる
“癒しグッズ”でもありますよね。
ちゃんと観てなくても
とりあえずBGMのようにテレビをずっとつけておくだけで、
不思議と一人の寂しさがまぎれたものです。

この2作品、「テレビ」を言い表すのに、
「一人」というシチュエーションを持ってきた時点で
うまいなぁと思いました。
いい作品がシンクロして、めでたさ2倍!!
おめでとうございます!!

★★ お気に入り第2位 ★★

  茶の間で家族を見ています。

       -受賞者-テントショップボーイさん(63pt.)

  午後7:00
  愛情料理が敗ける時間

       -受賞者-レッドキャベツさん(19pt.)

(1つめコメント)
この作品、最後まで1位と迷ったぐらい
斬新な視点で面白いなぁと思います。
「テレビ」って観るものとばかり思っていましたが、
そう、逆を考えれば、
ずっと家族を見守っている貴重な存在なんですよね。
電源を消している間はあまり多くを語らない彼ですが、
本当は、もっと色んなことを知っているのかも。

(2つめコメント)
これ、僕もたまに料理を作るからよくわかるなぁ。
19:00のゴールデンタイムがやってくると、
みんな「テレビ」が観たいから
興味が料理よりそっちに行っちゃうんですよね。
あの何とも言えない敗北感、
ほとんどの主婦の方は経験しているんじゃないでしょうか?
「テレビ」、おそるべし。

★★ お気に入り第3位 ★★

  昔
     箱
  人人人人

  今
  板人、板人、板人、板人

       -受賞者-MYCAL小久保さん(20pt.)

  志村がいて、志村の後ろにお化けが出て、
  みんなで「後ろー!うしろー!」ゆーて、
  志村が騒いで、お化けひっこんで、
  いかりや出てきて「やかましい!」ゆーて
  志村はたいて、それを繰り返す。これがテレビだ!

       -受賞者-テントショップボーイさん(68pt.)

  金かけたら、壁かけられた

       -受賞者-時速150kmさん(23pt.)

(1つめコメント)
時代の移ろいが一目でわかる作品。
昔は、「箱(ブラウン管型テレビ)」の前に
人だかりができるのが当たり前でしたが、
今は、「板」のような薄いモニターを
それぞれが持って視聴する時代ですよね。
「テレビ」って人のあり方を変えたんだなぁと
改めて実感した作品でした。

(2つめコメント)
海外はどうか知りませんが、
このベタな感じこそが
日本の「テレビ」の醍醐味だと思います。
昔からそうなんですが、
「バカ番組」と呼ばれる番組の方が視聴率が高いもの。
みんな、心の中ではそんなエンタータインメントを
「テレビ」に期待してるんだと思います。

(3つめコメント)
早口言葉の「竹立てかけた~」風に
最近の「テレビ」の哀愁を表現した一本。
「テレビ」といえば、昔は
居間の中心にどーんと陣取っていたものですが、
今は時代も変わりました。
せっかく頑張って高性能になったのに、
まさか壁に追いやられるとは思ってなかったでしょうね~。

★★ お気に入り第4位 ★★

  電波の押し売り。

       -受賞者-うりたろうさん(85pt.)

  もうチョップでは直りません

       -受賞者-D.Mさん(27pt.)

  昔々その昔、冬場のチャンネル回しは地獄だったのです。

       -受賞者-Y.Nさん(41pt.)

(1つめコメント)
そのとおり!
どこの局とは言いませんが、
勝手に電波を流しておいて
観てもいないのに「金払え」はないんじゃない?
今は観たい番組を厳選してお金を払う時代ですよ~。
仕組みの改善を期待します!

(2つめコメント)
懐かしい~。昭和の「テレビ」あるあるですね。
いやでも、当時の「テレビ」は
本当にチョップで直りましたからね。
ザーッという砂嵐が、チョップ1つで虹色の光に変わったり。
映ったり、たまに映らなくなったり、
不安定で機嫌屋さんだったけど、その分、
昭和の「テレビ」には愛嬌がありましたね。

(3つめコメント)
まだ「テレビ」のチャンネル変更が
リモコンでもなくボタンでもなく
「ガチャガチャ式」だった頃って、
なかなかの力が必要でしたよね。
くそ寒い冬場なんかは、本当に手が痛くて。
チャンネル変更が面倒だから、昔の番組は
人気番組がはっきりしてたのかも。

★★ お気に入り第5位 ★★

  双方向って、4色のボタンだけかよ。

       -受賞者-ロベルト・ハッシオさん(10pt.)

  >親の背中

       -受賞者-テントショップボーイさん(69pt.)

(1つめコメント)
そう、そうなんです!
インタラクティブコミュニケーションみたいな
横文字を並べてIT機器を気取っているわりには、
けっこうローテク。
そのうち「テレビ」機器って
モニターの大きなパソコンに代替されそうな気がします。

(2つめコメント)
今の「テレビ」って、たしかに大きいですよね。
ほんと、親の背中より大きいので、
子どもたちが親よりも「テレビ」から学んでしまうんです。
それはそれで悲しいですが、
親より上手に面白くしゃべるんですわ。彼は。

◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆

  街でテレビクルーを見ると
  スターになるきっかけがやってきたと
  今でも本気で思ってる

       -受賞者-和製家長さん(63pt.)

  今夜は鍋料理でみんなをもてなそう。
  …と思ったけど、あれ?  お・な・べ・な・し

  ガチョーン! はい消えた!
  記憶にございません。
  どんだけ~!
  疑惑の総合商社ですよ!
  ダメだこりゃ。
  想定の範囲内です。
  よーし、次いってみよー!

  われわれ、一生懸命探しました、
  そして、、、見つけましたよ。
  アタックチャンス!
  お見事!正解です!

  次こそてっちりで倍返しだ!

  お腹がすいたらスニッカーズ♪
  食べる前に飲む!
  みなさん、お元気ですか~?
  ちょー気持ちいい!
  24時間戦えますか?
  なんも言えねー!
  僕は死にましぇん!

  いつやるの?
  会議室で起きてるんじゃない!
  現場で起こってるんだ!
  今でしょ!!
  …と思ったけど、
  体力の限界!
  アルシンドになっちゃうよ!
  だめよ~、だめだめ~。

  じゃあ、
  地球寄ってく? いいねぇ~。

  …と思ったけど、
  お・な・べ・な・し。

  古畑任三郎でした。

       -受賞者-テントショップボーイさん(75pt.)

(1つめコメント)
この庶民感覚、わかるなぁ。
「テレビ」を観るのには慣れても、
出ることに慣れている人なんてほとんどいませんから、
「テレビ登場」→「全国放送」→「有名人♪」
という方程式がすぐに頭をよぎってしまいますよね。

(2つめコメント)
おそらく昨年のK.S兄さんキャッチに対する
オマージュ、
いや、「テレビ」そのものに対する
オマージュキャッチだと思われますが、長っ!!!
でもよく見たら、
歴代の「テレビ」トレンドが詰まっていて
なかなか楽しめるんですよね~。
何のフレーズだったか、全部言い当てられます?
個人的には「地球寄ってく?」が懐かしくてツボでした。

◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇
 
今回の「テレビ」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。

  ・昨夜、ポテチを食べながら、殺人を見守りました。

  ・世界を個室でモニタリング。

  ・暴漢も、防寒も、傍観中。

  ・つまり、視聴者は傍観者です。

  ・庶民的 リア充監視モニター

  ・夜の家庭教師

  ・それは
   大きなデジタル時計でもあり
   小さな映画館でもある。

  ・誰かの声が、聞きたい時に。

  ・家族揃って観る。それもまた思い出。

  
  ・実はずっと、デジタルサイネージ

  ・■例題■
   1Kのアパートに住んでいる
   2K(ニート系)のヒロシ君は
   3Kの仕事に嫌気がさして
   4Kのテレビを購入しました。
   
   (問1)
    彼が2LDKのマンションに引っ越した場合の
    Kの値を求めなさい。

   (問2)
    テレビのサイズが40型だった場合、
    彼が大統領になる確率を求めなさい。

   (問3)
    「テレビがきれいになればヒロシに彼女ができる」
    という仮説について、「互いに素」という言葉を用いて
    早めに完全否定してあげなさい。

1つめは、
非現実空間がリビングにやって来るギャップを。

2つめは、「テレビ」の本質って
結局はこういうことなんじゃないかなと。

3つめと4つめは、
結局は傍観することを楽しむサービスだよね、
だから楽しいんだよね、ということを。

5つめは、
「金持ちはええな~」「こいつホンマは性格悪いで」などなど
映っているリア充な人の言動に
いちいちツッコミを入れることを楽しむアイテムだな、と。

6つめは、
日中に教わる学校の先生よりも
いろんなことを教えてくれる先生だな、と。

7つめは、
「テレビ」って本当にいろんな役割があることを。

8つめは、
人の心の隙間を埋めるアイテムであることを。

9つめは、
「テレビ」が生み出す団らんの時間って、
とても大切な思い出になってるよな、と。

10こめは、
昭和の時代から
電気を使ったモニターで広告を流してるすごさを。

11こめは、
4Kテレビの4Kの意味を知っている人なんて
ほとんどいないので、テキトーにいじってみたくて。

ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」は、
6つめの「夜」つながりの
この作品にあげちゃいます。

  深夜、スイッチを入れた瞬間の
  ノイズにさえドキドキしたあの頃

       -受賞者-D.Mさん(28pt.)

■■ 次点。おしかったね。 ■■

・テレビの数と反比例する家族の団欒

・女子アナはテレビ局専属ホステスです

・視ないあなたは映像失調

・なんだかんだで団欒作ってます

・インスタント・リアリティ。

・朝→父、昼→母、夜→娘、夜中→息子(たまに父)

・「テレビで言ってた」はもはや疑え!

・お茶の間で歴史に立ち会えます。

・どんな世界も、見せ物になる。

・受信料も薄くなりませんか?

●●その他の作品も一部ご紹介●●

・薄っぺらくなりました。

・薄っぺらいのが増えました。

・ダイエット成功者

・どこまで薄くなったらええの

・なんだか最近、薄っぺらくなってない?

・真夜中にショッピングしませんか。

・流行を、生んでは殺しています。

・情報のフォアグラ仕立て、ジャンク風。

・せめて車ではラジオを。

・食欲 性欲 睡眠欲 テレビ欲

・とりあえずつけてみよ

・テレビとかけまして
 髪の毛と解きます。
 その心は
 大きくなるにつれ
 薄くなるでしょう。

・神器→家具→箱型家電→
 板状マルチメディアインターフェースへと移ろってきました。

・映像の玉手箱

・学生の頃の深夜の友。
 親になると育児のパートナー。
 年老いたら、唯一の話し相手。

・私はラジオ派(BY反骨おばちゃん)

・ビートルズはまず、ブラウン管からやってきた。

・プラズマは、その輝きを瞬く間に失った。

・公共? 報道? 教育?

・休みの日、取り敢えずスイッチを入れて本日のスケジューリング

・過去の戦争「チャンネル争い」

・自分の子供には野球中継に
 チャンネルを奪われる悲しみは
 経験さすまいと誓った幼き日の僕。

・「テレビを見すぎるとあほになる」と言って 
 まったくテレビを見なかった彼女は
 立派な官僚さんになりました。

・び、ビデオデッキがテレビにくっついてやがる!

・3D → 4K → 5F?

・3D、4Kと来れば、次は・・・5キュン?

・4Kの次は3LDK

・まだ、まだだ!
 まだ青汁のCMだと感づかれるな!

・もっと声を出してもアイーンだよ。

・思えば多くの男たちが、私の中を通り過ぎて行ったわ・・・。

             (他21作品)

たくさんのご応募をありがとうございました!!
今年も残すところ3カ月。そろそろスパートですね。
またやります!お楽しみに!

◎某テレビ局、
 視聴率争いでの生き残りをかけて
 来年の夏に「270時間テレビ」の放送を予定。
 10日間以上、司会もランナーも不眠でチャレンジし、
 これまでの10倍の感動を呼ぶ計画だが、あまりの過酷さゆえに
 早くもジャニーズ事務所から辞退の連絡があった模様。
 司会者探しが難航する中、ただ一人、
 明石家さんま氏だけが「オモロいがな!」と意欲を見せている。

           (sunny-yellowテレビガイド10月号)