No.3120 受験を通して学んだこと


受験キャッチをやってみたことで、
いろんな思い出がよみがえってきた。

楽しい学生生活のことは覚えていたんだけど、
それまであった地道な期間のこと、
すっかり忘れてしまっていた。

応募作品の中でも
「親」と絡めたものが多かったけど、
うん、たしかに受験って
自分の戦いのようで
親の支えなしには語れなかったように思う。

それだけじゃない。
近所のおばさんや親戚のおじさん、
飼っていた犬、JRの人まで、
みんなに支えられていたなぁと今になって思う。

もしかしたら、
初めての戦いとして感じていた受験は、
初めて人のありがたみを感じる機会だったのかもね。

もしも今、僕が何かの試験を受けるなら、
きっと嫁や子どもは応援してくれるだろう。
仲のいいツレも
「がんばれ」ぐらいは言ってくれるかもしれない。

きっと、自分が何もしていなければ、
周りも支えてなんてくれないんだろうな。

「そこに挑戦があるから、声援が生まれる」。

受験を通して学んだことは、
数学でも日本史でもなく
そんな人生の法則だったような気がする。