No.392  伝言ゲーム


〜伝言ゲーム〜

美佳「剛クンに『頼まれてた仕事できた』って伝えておいて。
    私 体調悪いから、先に帰るわ。」

男「はいはい。了〜解。」

(数時間後)

剛「あれ、美佳は?」

男「帰ったよ。あ〜、そうそう、伝言頼まれてた。
  『できた』ってよ。」

剛「!? できた?」

男「なんか体調悪そうやったで。」

剛「…、うそ…、マジで…」

(数時間後)

剛「オカン、前に紹介した娘おるやんか。」

母「あぁ、美佳ちゃんか?
  あんたあの娘と別れたんとちゃうの?」

剛「そうそう。その娘な…、
  もしかしたら、できたかもしれへん…。」

母「ホンマかいな?大丈夫なん?」

剛「ケータイつながらへんから分からへん。
   どうしよ…。」

(数時間後)

父「ただいま〜」

母「ああお父さん、お帰りなさい。
   ちょっと聞いて。剛の前の彼女がな、
   脳腫瘍できたらしいねん。」

父「ホンマかいな!
   そりゃ、早くお見舞い行ってあげんとアカンがな。
   あれは、脳にイチジクみたいなヤツができるらしいぞ。」

プルルル…

父「お母さん、電話やで〜。もぅ、ワシ出るわ。
   ハイもしもし…、ああ美佳ちゃん。
   久しぶりやね〜。大丈夫なん、体の方は?」

美佳「え、なんでご存じなんですか?
    ちょっと熱が出るくらいで、なんとか大丈夫です。」

父「ホンマか、まだ初期症状やな。
   これからイチジクができると思うけど、
   頑張ってな。辛いとは思うけど。
   ほな、剛にかわるね。」

美佳「は、はぁ…」

剛「もしもし、美佳?」

美佳「よく分からんけど、
    お父さんって、イチジク栽培してるの?」

剛「え?いや、たぶんしてないと思うけど。
   それより…、大丈夫か?」

美佳「え、うん、大丈夫やけど。
    なんでそんなに暗い声なん?」

剛「結婚しよう。」

美佳「え?」

剛「幸せにする。」

美佳「はぁ、はい。」

この世は、
間違いだらけの伝言ゲームの繰り返し。