2017年第1回キャッチコピーコンテスト「ゲーム」


もう2月になってしまいましたが、
さあ、ぼちぼち今年も開幕です!!
「2017年第1回キャッチコピーコンテスト」!!

1999年の開幕から数えて、
今年で19年目?のシーズン。
去年頑張った人も、そうでない人も、
新しい年なのでポイントはリセット。
みんなゼロからのスタートです。

2017年を騒がせる
ニューヒーローの誕生を楽しみにしています!

それでは早速いきましょう!
今や日本のお宝!「ゲーム」キャッチ!!

 
★★ お気に入り第1位 ★★
 
 
 
  最大の敵はオカン
 
 
 

       -受賞者-MYCAL小久保さん(10pt.)
 
 
(コメント)
この作品、うまいですね~。

どうしても「ゲーム」と言うと
テレビゲームのイメージがあって、 
キャッチを選ぶ側としても
「さあ来い!」という感じでテレビ画面を想像していたのですが、
その背後から声を掛けられた感じのサプライズがありました。

いくら「ゲーム」で強い敵を倒しても、
怒っているお母さんにはかないません。
まさに最大の敵はオカン、ですね。
「ゲーム」という一見機械的にも感じるお題に
ほっとするような体温をプラスしてくれた作品でした。
 
  
 
★★ お気に入り第2位 ★★
 
 

  宿題をやれ、すべてはそれからだ。
 
 
 
 
       -受賞者-うりたろうさん(7pt.)
 
  
 
 
  そろそろ止めや〜と子供に言いいながら
  携帯片手にパズドラするパパの矛盾
 
 
 
 
       -受賞者-スイカさん(7pt.)
 
 
 
  
  全天候型安全大冒険
 
 
 
 
       -受賞者-MYCAL小久保さん(17pt.)

 
 
(1つめコメント)
「ゲーム」について言い当てているわけでも
何でもないんですが、なんでしょう、
この誰もが共感してしまう感じは。
家庭内のギブ&テイク?
きっと、「ゲーム」と宿題ってワンセットなんでしょうね。
宿題の後に何かが始まるドキドキさえ感じて、
ここまでカッコ良く言われたら気持ちいいです。

(2つめコメント)
現代における「ゲーム」の位置づけを
見事に表現している作品。
子どもになんだかんだ言いながら、
実は大人の方がスマホを触ってますもんね~。
僕もたまに子どもたちに言われますよ。
「お父さんもスマホの時間を決めや!」って。
はい、まったく反論できません。。。

(3つめコメント)
雨の日でもできるのが「ゲーム」の醍醐味。
しかも安全に、大冒険ができるとなったら、
そりゃ、どんな子どもでも夢中になりますよね~。
テレビゲームで言うなら、唯一の弱点は電気ぐらい?
   
 
 
 
★★ お気に入り第3位 ★★
 
 
 
  白黒ハッキリツール
 
 
 
 
       -受賞者-ローリングズコーンズさん(5pt.)
 
 
 
 
 
  ゴキゲンドラッグ
 
 
  
 
       -受賞者-ミスター尻ASSさん(5pt.)
 
 
 
 
  協力プレイが夫婦団らんの時
 
 
 
 
       -受賞者-和製家長さん(5pt.)
  
 
 
 
  G じいちゃんまで巻き込んで
  A あそべる
  M みんなの
  E エンターテイメント
  
 
  

       -受賞者-ぽろ。さん(5pt.)
 
 

(1つめコメント)
日常生活って、色んなことが曖昧かつ
ぼんやりとしたまま進んでいきますが、
白黒を決めなければいけないシーンもあります。
そんな時に役立つのが「ゲーム」。
じゃんけんも一種のゲームだと思いますが、
楽しみながら優劣を決められる手段って
よくよく考えたら便利ですよね。
逆に、これがなければ
話し合いか殴り合いでしか解決できないかも。

(2つめコメント)
ホント、スレスレの表現ではありますが、
自らの機嫌を良くするための特効薬みたいなものですもんね。
電車の中、何かにとりつかれたかのように
一生懸命「ゲーム」をしている人って、
たぶん、あれをやることで
精神を安定させているんだろうなって思います。
 
(3つめコメント)
いや、こういう夫婦の姿、ありだと思いますよ。
むしろ、人と人をつなぐのが
「ゲーム」の一つの醍醐味だと思います。
ご夫婦が別室で遠隔ゲーム対戦しないことを祈ります。

(4つめコメント)
うまくまとめましたね~。
でも、ちゃんと特徴が言えています。
上でも言いましたが、「ゲーム」って
たくさんの人と同じ体験をできるから、
つながりやすいですよね。
ボードゲームであろうが、カードゲームであろうが、
テレビゲームであろうが関係なし。
とにかくみんなで楽しめる、それが「ゲーム」です。
 
 
 
 
★★ お気に入り第4位 ★★
  
  
  
  みんなみんなRPGの途中
 

 

       -受賞者-MYCAL小久保さん(20pt.)

  結局、人生が一番難しい
 
 
 

       -受賞者-たみきちさん(4pt.)
 
 

  毎日Bダッシュ
 
 
 

       -受賞者-レッドキャベツさん(3pt.)
  
  
 
(1つめ&2つめコメント)
やっぱり年相応に老けたんでしょうか、
僕も同じようなことを想像してしまいました。
人生というロールプレイングゲーム、
いつまで経ってもゴールが見つからなくて
本当に難しいですよね。。。
早くクリアしたいような、ずっと迷っていたいような。

(3つめコメント)
もう、ほんと、毎日こんな気分で生きてますよ。
なんならたまにAボタンを押して、
ジャンプで障害物もクリアしてるし。
唯一、現実世界では「タイム」ができないのが残念です。
  
 
 
 
★★ お気に入り第5位 ★★
 
 
 
  左手の親指と右手の親指の共演
 
 
 

       -受賞者-シュークリームさん(1pt.)
 
 
 
 
  指先と脳のトレーニング
 
 
 

       -受賞者-S.Mさん(1pt.)
 
 
 
 

  好きこそ物のゲームなれ。
 

 

       -受賞者-時速150kmさん(1pt.) 

  恋愛はゲームだと思っていた頃が懐かしい。By 元・少女 
 
 

       -受賞者-みりんこさん(1pt.)
 
 
 
(1つめ&2つめコメント)
僕もキャッチを考えて気づいたんですが、
ポイントは「指」なんですよね。
どんな「ゲーム」でも、
たいていは指と頭を使うんです。
あ、そう言えば、じゃんけんも指ですね。

(3つめコメント)
そのとおり!
好きなものなら、なんでも
「ゲーム」として楽しめると思います。
野球が好きだった僕は、よく電車に乗りながら
通過する駅の文字を読む「ゲーム」をしていました。

(4つめコメント)
「恋愛なんてゲームよ」と
心から達観できたことはありませんが、
そう思った方が楽になれるかも、
という経験は誰しもあると思います。 
そう言えばもうすぐバレンタインデー。
あれなんてまさに、女子が先攻の「ゲーム」ですね。 
 
 
 
 
◆◆ 特別/なんかええやん大賞 ◆◆
 
 
 
  あいつ、ラスボスの手前の奴っぽくね?
 
 
 
 
       -受賞者-ミスター尻ASSさん(11pt.)
 

  子供の進学で10000ドル払って1回休み
 
 
 
 
       -受賞者-MYCAL小久保さん(26pt.)
  
 
 
(1つめコメント)
持ちあげているようで落としているというか、
相手を侮辱するならこれ以上の言葉はないでしょう。
ラスボスじゃないところがなんとも笑えますね。
類義語としては、
「ジャニーズの試験、書類選考で落ちた奴」とか?
 
(2つめコメント)
これ、人生ゲームの一場面のようですが、
人生って本当にこんなことが起きますからね。
教育資金、怖ぇ~。
やっぱり、人生そのものが「ゲーム」だと思います。
 
  
 
 
◇◆ おまけ/シンクロでうれしいで大賞 ◆◇

今回の「ゲーム」キャッチ、
僕が事前に想像していたのはこんなキャッチでした。
 
 
 ・外は危ないから、おうちでアメリカと戦いなさい。 
 
 
 ・動くな、遊べ。
  
  
 ・殴り合いも、冒険も、
  絶対に負けられない一戦も全部、指先で。
  

 ・娘は怪物をボコボコにした。
  僕は横浜の中華街を買い占めた。
  息子はメッシになりすまして10得点。
  嫁は呪文を唱えて旅に出た。 
 
 
 ・座禅して、指先のみで、修行する。
  
  
 ・人生には、練習が必要だ。
 
 
 ・カルくフィクション
     

 ・いいか息子、
  アイスクライマーで死ぬほど氷の底に落ちたから、
  バンゲリングベイでマイクに向かって
  「あ~」と叫びすぎてオカンに怒られたから、
  ポートピア連続殺人事件でちょっぴり泣いたから、
  今のお父さんがあるんだよ。
 
  
 ・ボスは死にましぇ~ん!
  あなたがぁ~、下手だから~!
  
  
 ・GAM(ガム)+AME(飴)=GAME(ハイチュウ)
  
  
    
1つめは、
自宅に広がる
無限のエンタータインメント空間であることを。

2つめは、
つまり「ゲーム」ってこういうことかな、と。

3つめは、
改めて考えると
色々な体験を指先だけでやってるよな~と。

4つめは、
人をつなぐのが「ゲーム」なら、
人それぞれの趣味に合わせられるのも
「ゲーム」だよな、と。

5つめは、
プレーする姿はまるで
現代風の修行のようなので。

6つめは、
素早く人生の選択を行うための術を
トレーニングしている気がするので。

7つめは、
手軽に架空の体験をできるから。
タランティーノ風に。

8つめは、
我が子に「ゲーム」の重要性を説くなら
こんな感じで語りたい。

9つめは、
ぜひラスボスの武田鉄矢に
こう叫んでほしい。

10こめは、
「ゲーム」がなぜやめられないか、
その理由を数式で証明。
 
 
 
ということで、
今回の「シンクロでうれしいで大賞」ですが、
1つめの戦闘視点に近かったこの作品にあげちゃいます。
 
 

  戦いのルール
 
 

       -受賞者-ローリングズコーンズさん(6pt.)
 
 
 

■■ 次点。おしかったね。 ■■

・小さな画面の大きな世界

・世代のかけはし

・マリオが繋ぐ親子の会話

・人生にリセットボタンがあっても、これほどは押さない。

・人間、ライフは一つ、ステージは無数

・やりすぎるとアホになると思ってたが、
 やりすぎると賢く見える

・敵は課金への誘惑

・人生というとても理不尽なゲーム

・喫茶店のインベーダーから手の中のポケモンまで

・卓上から球場まで

・ここでならモテモテ人生を歩めます 
 

●●その他の作品も一部ご紹介●●

・俺はスーパーカセットビジョン派

・集中力発揮させマシン

・珍しく規則(ルール)が重宝されます

・必至のpatch

・子供の心の支配者

・(喜怒哀)→『楽』

・どこにいってもキングがいる。

・ステージは揺りかごから墓場まで。

・ハマると抜け出せない地獄

・職業疑似体験

・ひきこもりマストアイテム

・画面の中では傷つかないけど、それでいいのかな?

・ストレスをあげよう。

・勝ちは価値。負けるも価値。

・俺たちにコンテニューボタンはない。

・いつでもどこでも、遊びゴゴロがスタートボタン

・かけひき遊び

・目を開けてみる夢

・ポーカー? ブラックジャック?
 NONO アメリカファースト!!

・ゲイ夢

・世界は問題と解決でできている。

・昔は1家に1台。今は1人に1台。

・今や、宿屋の親爺が主役の時代。

・お前の母ちゃんディーグダグ!!

・あなたにとってはただのゲームでも、
 私にとってはときメモだったのよ!!
 
        (他7作品)

たくさんのご応募をありがとうございました!
またやります!
 
 
◎昨今の世界情勢を受けて、
 流行に敏感な中高生の間で
 「トランプゲーム」の意味が変化。

 従来のカード式ゲームではなく、
 「王様ゲーム」とほぼ同義語に。

 すでに都内の居酒屋では
 「トランプだ~れだ?」「お前ブサイク、入店禁止!」
 などの声が響き始めた模様。
 
       (世紀末タイムズ紙)