No.3694 通勤電車のサラリーマン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

 
 「通勤電車のサラリーマン」
 
 
 憧れて、生きて。
 それでもまた、何かに憧れて。

 終わりなきものは目の前ではなく、
 この胸の中にある。

 それはまるで
 着心地の悪いセーターのように、
 温かくも身に合わぬ体裁は
 いつも手足に纏わりついていて。

 全部ほどいてしまえば
 裸になってしまうから、
 ただ周りだけを気にして
 落ち着いて生きているふりをする。

 カイシャ、シゴト、ネムイ、イソガシイ。
 みんながみんな、同じ言葉を連呼して。

 ガキの頃、
 あんなに憧れていた電車に乗って、
 疲れた君はどこへ行く?

 いつかやってくる一発逆転を
 いつまでも信じ続けながら、走れよ走れ。

 南の島の夢を見つつも、
 とりあえず、月末のサラリーをめざして。